The following two tabs change content below.

たかや@メディアディレクター

Airbnbの書道体験のホスト/フリーのメディアディレクター/男性美容、トレーニング、Lab-Tech、金融・資産運用、ライフスタイルメディアなど法人5社と契約。 コンテンツマーケティング全工程を担当。専門は調査・構成作り・編集・SEO対策・GA分析。 今後はフリーランスエンジニアへとキャリアチェンジを計画中。 35歳で完全自由を手に入れる。 プロフィール記事・動画はこちらから!

 

たかや
どうも、元トップカウチサーファーの、たかや(@tabigrapher)です。

旅行の新しいスタイルとして“生活に溶け込む”という形が最近の流行であります。

旅の形が変わっていくに伴い様々なサービスが生まれてきています。そんな中で最も生活に溶け込むスタイルを実現できるのは『カウチサーフィン(couchsurfing)』です。

 カウチサーフィンとは

現地の人が自宅の空き部屋やベッドなどを貸し出し、宿泊先のホストとなり観光客をゲストとして受け入れるマッチングアプリになります。

そこにはお金のやりとりがありません。ホストもボランティアになるので「自宅のソファーなら貸しますよ」といったかなりフランクなものです。

 

ボクはカウチサーフィンを1年半以上使用した経験から、

  • カウチサーフィンを使う8つのメリット
  • 正しく上手に使う方法
  • ホストを探す際の注意点
  • ボクのカウチサーフィン体験談

 

をご紹介していきます!

  • カウチサーフィンって聞いたことあるけど、なに?
  • カウチサーフィンってほんとうに安全なアプリなの?
  • 今までと違う、刺激的で面白い旅を経験したい!

 

という方、必見です!

概要をサクッと見る!

カウチサーフィンの概要

カウチサーフィンとは、インターネット上の無料国際ホスピタリティー・コミュニティーであり、現在世界で最も大きなホスピタリティー・エクスチェンジ・ネットワークである。

現在会員数は世界200カ国で130万人程。日本では5000人程しか利用者がおらず、そのほとんどが東京で在日外国人ホストである。

カウチサーフィンとAirbnbの違いは?

ここでよくある質問で

カウチサーフィンとAirbnbの違いは?

というものがあります。

一番の違いは対価が発生するかどうかというところですが、それと同等に違うのが、

  • Airbnbは部屋を選んで泊まる』
  • カウチサーフィンは人を選んで泊まる』

 

ということです。

例えばAirbnbとカウチサーフィンで東京で宿泊先を検索してみると

Airbnbではトップに部屋の写真がメインで出ます。

カウチサーフィンでは、ホストの写真がメインで出ます。

生活に溶け込むというスタイルでは同じですが、切り口や目的が違うと考えてください。そしてAirbnbを始めたいと思っている人はまずはカウチサーフィンを試して、適性があるかどうか試すことが重要です。

【関連記事】:Airbnbを始めたい人には、まずカウチサーフィンをおススメする5つの理由

カウチサーフィンを利用する8つのメリット

カウチサーフィンをオススメする理由①:タダで宿泊できる

カウチサーフィンは宿泊に対価が発生しない。ホストはボランティアでゲストの宿泊を許可する。ゲストとホストのマッチングサイトなので圧倒的にゲストの利用者が多い。

宿泊者の決定はホストに選択肢があるので、宿泊希望を出しても宿泊できない可能性もある。

そういった面で営業活動をする必要があるが、無料で宿泊するメリットが大きい。あえて掛かるとすれば、ホストへのお土産代くらいである。

実際にボクがインドネシア・マレーシア・タイに持って行ったお土産は

  • 書道セット
  • ポストカード
  • キットカット(抹茶・日本酒・わさび など)

 

最低限のマナーなので忘れないようにしましょう!

カウチサーフィンをオススメする理由②:生活に溶け込む旅行ができる

カウチサーフィンはホストの

  • 空き部屋
  • 共用部のソファー
  • シェアルーム

 

の中から借りることになります。こちらは自分で選択して使うことができます。

そして宿泊料を払わないので、すべてがホストと同居するスタイルになります。ここがAirbnbとの大きな違いです。(Airbnbはホストが同居しない場合も多いです)

そしてほとんどのホストが自分のプロフィール画像に自分の写真や旅行や交流風景の写真を使います。なので、直前まで部屋の様子が分からないことが多いです。

しかし、これが正に生活に溶け込むというスタイルです。Airbnbより気取っていないのが特徴です。

ボクが東南アジアで泊まったのは
  • インドネシア:ザ・一般住宅といった場所。2階には水栓便器は無く、井戸の汲み水をシャワーとしていた。
  • マレーシア:男性とシェアベッドしました。一生涯で最初で最後の経験です
  • タイ:高級住宅の個室でめちゃくちゃ綺麗でした。屋上にプールがある場所でした

カウチサーフィンをオススメする理由③:英語がタダで勉強できる

生活に英語を組み込んだ生活を送ることで、英語を勉強ではなくコミュニケーションツールとして認識することができます。

実はここの考え方を変えることが英語の上達に一番重要なことです。英語を使わないといけない環境に置くことが一番早く上達する近道になります。

また常に英語を話す環境に置くことで常に自分の英語を試行錯誤することができます。

たかや
これ伝わらないな。言い換え方を調べてみよう

と自動的にPDCAを回すサイクルを作ることができます。そして、インプットした先のアウトプット先も自動的に用意されているので、インプット内容の消化不良になることがありません。

また自分の好きなことを英語で説明する機会も増えます。

  • 観光地
  • 映画
  • 文化

 

など。

好きなことを英語で説明することは目的が明確化しているので、モチベーションは高く維持できます。

英語を勉強することが目的化しないことが、カウチサーフィンの最大の強みです。

因みに、ボクは3ヶ月で、自分の伝えたいことや相手の言っていることなどが分かるようになり、海外に住むこともできるなと実感しています。

▼ビジネスマンの9割が英語を話せない理由▼

カウチサーフィンをオススメする理由④:イベントを作成して自分のサービスを試せる

カウチサーフィンは国際交流を目的としたマッチングプラットフォーム。ゲストもホストも交流を楽しみに使っている。

そんな中で重要になってくるのは、思い出の共有です。「この人とこういった時間を過ごして楽しかった。」という思い出を作ってあげるのが大事です。

思い出を作る際に使えるのが、自分のサービスの提供やイベント作成です。ボクの場合は書道の体験でしたが、他にも

  • 茶道や華道を始めとした日本文化
  • マッサージやエステといったボディケア
  • 農業体験や料理といった食

 

など人それぞれです。

こういった経験は今後、自分の好きなことを外国人向けにサービスとして提供するのによい経験となります。

  • どのように英語で説明すれば良いか?
  • どのくらいの価格帯で提供すれば良いか?
  • 外国人はどこまで深くまで知りたいか?

 

などマーケティング調査となります。

また慣れておくことで、サービス化しても焦ることもなく満足度の高い体験を提供できるので、高評価にもつながりやすいです。

カウチサーフィンで自分の体験を提供するための試行錯誤の場としましょう。

▼Airbnbの体験ホストの完全攻略方法を伝授▼

イベント作成手順

トップページの一番上の右のほうにイベントページに飛ぶボタンがあります。

カウチサーフィンをオススメする理由⑤:お土産をたくさん貰える

間違いなくお土産は貰えます。

全世界中から面白いお土産をたくさんもらえます。ゲストは無料で宿泊することができるので、そのお返しにお土産をくれます。

自分では買わないような変わったものから、なかなか行けない国のものを貰えたりするのでめちゃくちゃうれしいです。

また同じ国の人を泊めるとお土産が被ることもあるので、それで話が盛り上がったりします。またお土産を通してゲストの国のことも詳しく聞けて知ることができるので面白いです!

オランダからの定番のお土産。CSでもAirbnbでも同じものを貰った!

カウチサーフィンをオススメする理由⑥:ご飯をおごって貰える

これもカウチサーフィンならでは。

理由はお土産のときと同じ。無料で泊まらせてくれたお礼にご飯おごるよ!は当り前。これは、自分がゲスト側として利用したときも同じなのでご注意ください。

ボクの場合は家の近くにラーメン屋や回転ずしがあったので、よくそちらに連れていきました。

ご飯はおごってもらい、日本の料理を連れていくことはゲストにとっても貴重な体験なので、積極的にご飯は一緒に行きましょう。滞在中1回は行けるといいですね。

カウチサーフィンをオススメする理由⑦:様々なイベントで地元民や観光客とつながれる

カウチサーフィンでは、各所で様々なイベントがあります。

  • 飲み会などのナイトパーティー
  • 民族料理体験
  • 観光名所を周るツアー

 

など様々あります。

ほとんどが有料になりますが、みんなでワイワイ散歩するツアーなどはお金が掛かりません。

こういったイベントを使うのは、地元民や観光客などです。自分の行きたいイベントをチェックすると、だれが主催者でだれが参加するなどが分かります。

面白そうなイベントだったり、面白そうな人がいる場合は参加してみると、たくさんの外国人の接点を持つことができます。

もし、自分の家に宿泊させることができない場合でも、イベントや体験に参加することで外国人の方とつながることができます。

カウチサーフィンをオススメする理由⑧:旅行者同士のつながりもできる

カウチサーフィンはでは、検索方法が4つあります。

  1. ホスト
  2. トラベラー
  3. メンバー
  4. イベント

 

です。

そしてボクはトラベラーを使うこともおススメします。トラベラー検索をすることで同じ時期に同じ場所を観光している人を探すことができます。これは1人旅行者には最高です。

1人旅行は最初は楽しいのですが、途中から寂しくなります。そんな際にトラベラー検索をして、同じようなトラベラーを検索するのです。トラベラー検索をすることで、訪れた国でその国の人以外との交流を持つことができます。

ボクはバルセロナに旅行している際に、このトラベラー検索をして韓国系アメリカ人女性と、パリではポルトガル人女性と一緒に観光しました。

カウチサーフィンの登録方法

他のアプリと同様にFacebookでアカウント作成で登録することができます。

またメールアドレスも登録することで、ホストやゲストからのメッセージも通知してくれます。

カウチサーフィンの使い方

滞在先でホストを探す場合

条件の絞り方
  • どこに泊まる?(地名まで絞りましょう。国名、例えばフランスとかで調べると行きたい場所と全然違うところも出てきてしまいます)
  • 部屋のタイプ?(プライベート、共用部、シェアルーム)
  • 期間を絞る?(いつからいつまで)
  • 何人で泊まる?
  • 認証を持ってる人のところに泊まる?
  • 評価を持ってる人のところに泊まる?
  • 性別は?(男性、女性、その他)
  • 何語を話せる?
  • ホストの年齢はいくつ?(18-24、25-34、35-44、45-54、55-)

検索条件はこれだけ決めることができるので、自分が譲れないところだけは設定して検索しましょう。

あとはそれに合致したホストが出ますので、メッセージと日付を伝えましょう!

日付を入れて送ることで相手のカウチサーフィンのアカウント上でスケジュール管理してくれるので、ダブルブッキングがなくなります。

ホストとしてゲストを迎え入れる

実は、カウチサーフィンではホストとしてゲストを迎え入れる方法が2つあります。

ゲストからメッセージを受ける

ゲストからメッセージを貰い、自分のスケジュールやゲストの様子を見て良ければ、受け入れ可能を伝えましょう。

ホストからゲストへ受け入れ可能のメッセージを送る

これはあまり使われない機能ですが、ホストからゲストへ申請することも可能です。

使い方はホストを検索したときと同じです。トラベラー検索を利用し、自分の住んでいる地域に設定し、ホスト検索と同様に条件を入れると、それに合ったトラベラーが出てきます。

そして宿泊許可を提示して相手が受け入れれば、ゲストとして受け入れをすることができます。

カウチサーフィンの宿泊・ゲストの受け入れまでの流れ

メッセージのやり取りですべて決まります。

宿泊する場合は相手のゲストによります。丁寧に地図を送ってくれる人もいれば、ざっくりとしか伝えないホストもいます。なので、渡航前に「何時にどこで集合するか?」を決めておきましょう。

海外で慣れないことも多く、通信環境次第でホストと連絡が取れなくなると、宿泊できないという事態にも陥ってしまうので、事前に詳しい住所を送ってもらいましょう。

つまりこれは、逆に自分がホストになったときもそうです。知らない国では不安なことも多いので、初日の受け入れまでは丁寧に対応しましょう!

カウチサーフィンでよくある質問に答える

トラブルや危険な目に合ったことはないんですか?

ボクはゲストとして3回、外国で滞在し、ホストとして20回以上40人以上の外国人ゲストを受け入れてきました。その中でトラブルや危険な目にあったことは一度もありませんでした。

こういったCtoCサービスは個人の口コミが一番の武器になります。一発でも悪いことをして悪評価が付けばサービスの利用ができなくなります。しかもAirbnbと違い、対価を受け取らないのでほんとうに信頼がおけて、安全な人しか利用することができません。

そういった意味では安全は担保されていますが、それでも海外では事件に巻き込まれるたという事例もあったりします。なのでカウチサーフィンでホストを選ぶときは注意して泊まるようにしましょう。

チェックポイントやおススメする宿泊ポイント

  • すでに評価が5件以上付いているところにとまる
  • *承認付きホストを選ぶ*
  • ホストのプロフィール写真で顔が分かり、尚且つ複数枚ある(偽装してないか判断するため)
  • 2人以上で泊まる(ボクのところに泊まったゲストもほとんどが2人以上でした)
  • 女性は女性を選ぶ
  • 女性から複数の評価を受けているホストを選ぶ(女性の方が被害には会いやすいので)

 

 *補足説明*

カウチサーフィンではホストの身分を保証するための、認証を買うことができます。認証を得るには日本円で6,600円掛かるの、それを払ってでもゲストと交流したいという人を、ホストに選ぶようにしましょう。

宿泊のリクエストはどのくらい送らないといけない?

かなり送ることを覚悟してください。ボクが今まで泊めてきたゲストは大体15~20通送ると言っていました。ホストはボランティアでゲストを泊めます。なので宿泊の決定権はホスト側にあります。

また、無料で泊まることができるので、圧倒的にゲスト側に利用者が多いので、早い段階から宿泊リクエストを送るようにしないといけません。実際にボクはバルセロナとパリに旅行に行く際に、カウチサーフィンでホストを探したのですが結局見つからずAirbnbを利用しました。

カウチサーフィンホストが見つからないという可能性も考慮してください。

ボクのカウチサーフィンの体験談をシェア

ゲスト編:タイで泊めてくれたゲストを、ボクが東京で再び泊めた

初めてカウチサーフィンを使ったのが、東南アジアをバックパックで旅をしたときである。

最終国のタイで泊めてもらったホストのケビンはお医者さんで、自宅も非常にきれいで最高の環境であった。彼と彼の友人と一緒に観光したり、書道を体験させたり、ほんとうに仲の良い友達になった。

その1年10ヶ月後、ケビンが日本に来た。ボクは今年からAirbnbのゲストハウスを開始していたので、今度はケビンをうちに招待した。

住んでいる赤羽の周りを案内して飲みに行ったりなど、彼にタイでしてもらったことをボクが東京ですることができた。

カウチサーフィンはお金が介在しないので、ゲストはホストにおもてなしをしようとするし、ホストは楽しませてくれようとする。ボクはAirbnbで200人以上の人を招いてきたが、カウチサーフィンで知り合った人との思い出の方が強く残っている。

ホスト編:ゲストとの観光・飲み・遊びを満喫する日々

東南アジアでバックパックをした後に、この活動が楽しすぎて東京でホスト活動を始める。

週に1回(2~3日)の受入れを実施し多くの方と出会うことができた。一緒に観光や飲みや遊びに行くなど、楽しい時間を過ごした。

この活動が好きすぎて、自分の生活・仕事の中心にしたいと感じAirbnbでゲストハウス運営を開始した。

 

Airbnb・カウチサーフィン両方を使ってみて感じたことは、カウチサーフィンの方が面白い人に出会える傾向にある。とにかく世界一周旅行者が多いのがカウチサーフィン。お金を掛けたくないという人が多く、Airbnbにはいない層の人に出会える。人の面白さを感じれるのがカウチサーフィン。

カウチサーフィンは新しい旅のスタイルを実現する

いかがでしたでしょうか?

カウチサーフィンを利用すれば、無料で宿泊もでき生活に溶け込むことができます。

是非利用して面白い旅体験を作っていきましょう!

▼無料でカウチサーフィンを利用して、無料でホストの家に泊まろう!

あなたにあった英語の学習方法が見つかる記事はこちら!

留学なしで英語が話せるようになったボクがおススメする、日常に英会話を入れる方法3選

【無料レッスン体験】日本で40年続く『シェーン英会話』の高い評判は本物か試してきた

【無料レッスン体験】フィリピンの語学学校、スタートアップイングリッシュを受けてきた

【無料レッスン体験】TOKKUN ENGLISHの高い評判の理由は、応用言語学を基にした学習方法にあった

【無料レッスン体験】イングリッシュビレッジの口コミ評価が高い理由は、圧倒的な安さでネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスン

おすすめの記事