【発注者も使う】Webライターが使うべきサイトを初心者・中級者別に紹介|提案方法も併せて解説
The following two tabs change content below.

たかや@初任給セレブ

生活費10万円でジム・プール付きコンドミニアムに住んでる@台北 広島大学経済学部→三菱系金融機関→SEO対策ツール開発会社/法人10社でメディアディレクター&WEBマーケター&ライター クライアントワークで日本円大卒初任給(月20万円)を稼ぎ海外生活がモットー/元Airbnb宿泊&書道体験ホスト プロフィール記事・動画はこちらから!
佐藤さん
Webライターとして仕事を取りたいんだけど、どのサイトを使ったらいい?
山田さん
クラウドソーシングサイトから脱却したいんだけど、どこからの仕事は単価が良い?

今回はこういった疑問に、法人のWebメディアのマーケター兼ディレクターである僕が、普段仕事獲得にしようしているサイト、そして提案方法を解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、どのサイトを使っていこうかが明確になるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

(※この記事は5分程度で読める内容となっています)

Webライターの仕事を獲得するためのおすすめサイト

Webライターとして仕事を取るためのサイトはいくつかある。そしてそれぞれ特徴を持っている。使うサイトによって報酬や仕事の取りやすさが変わってくる。なのでそれぞれの特徴を抑え、自分にとってどれが最適かを見極めるようにしよう。今回は

  • Webライター初心者向け
  • Webライター中級者以上向け

のサイトをいくつか紹介するので、ぜひ気に入ったものがあれば登録して案件を探してみよう。

初心者向けサイト:Webライター成り立てはクラウドソーシングを活用

Webライターとして駆け出しや実績がまだない方にとって、クラウドソーシングサイトを利用することがもっとも仕事を取るのに適しています。理由としては

  • 案件数が多い
  • 低単価の仕事は初心者でも受注しやすい
  • 仕事内容をクライアントと詰めることがない

といった理由です。クラウドソーシングサイトは、そこだけで同じような仕事を一括で探すことができます。

基本的にはメディアが自分たちでライター募集をしていることが多いですが、自分に合った媒体を個別で探すのは非常に骨が折れます。Webライターになりたての人が大事なことは、まずは案件をこなし経験値と実績を積むことです。なので案件探しに時間を探すのは非常にもったいないです。

まずは案件を簡単に探せるクラウドソーシングサイトで、早く1つ目の仕事をするようにしましょう。ここでは初心者におすすめのクラウドソーシングを紹介します。

クラウドワークス

もっとも有名なサイトの1つに挙げられるのが、クラウドワークスです。クラウドワークスの特徴は大きく2つです。

  • ライティング案件の数が膨大(約3,000件)
  • 制作記事のジャンルで選べる

    後ほどあげるもうひとつ大手のランサーズのライティング案件の数は700ほどです。約4倍近くの案件がクラウドワークスには存在します。

    逆にそれだけ多いと案件を探したり選んだりするのが大変だと感じる人もいるとでしょう。しかし、クラウドワークスの大きな特徴として、制作記事のジャンルを選ぶことができます。

    この機能を使うことで、自分の好きなジャンルの制作案件をすぐに絞ることができます。

    ライターとして続けられるかどうかは、記事を書くことが楽しいかどうかによります。最初だから実績を作るために何でもやってしまおうと言う人がいますが、それは間違いです。

    もし長期的に活動をしたいのであれば、最初に楽しいという感覚を覚えるのが大切です。なので自分の好きなジャンルを最初に選ぶことは非常に重要です。

    クラウドワークスでは、膨大な案件から自分の好きな仕事を探すのに適しています。

    ランサーズ

    クラウドソーシングサイトの2大巨頭の1つであるのが、ランサーズです。こちらもWebライターおなじみのサイトですよね。ランサーズの特徴は2つです。

    • 報酬を設定した検索機能の充実
    • 業務内容で設定した検索機能の充実

     

    この点はクラウドワークスより優れています。実際の検索画面はこちらです。

      見てわかるように、報酬と業務内容で案件を絞ることができます。しかもかなり細かく設定ができます。

      個人的に文字単価で絞ることができるのは良いですね。Webライターの報酬は文字単価に直結すると言っても過言ではないですね。たとえ5,000字頑張って書いたとしても、文字単価0.5円だと2,500円にしかなりません。仮に3倍の1.5円なら7,500円になります。

      発注者も文字単価で報酬を決めることが多いので、ここで検索できるのは案件選定で非常に役立つでしょう。

      サグーワークス

      サグーワークスは前者2社と違い、ライティング業務に特化したクラウドソーシングサイトです。このサイトの特徴は2つ。

      • コンペ形式でなく、案件を始めることができる
      • プラチナライターとして高単価専門ライターになることも可能

      タスクにはいくつかの種類があるが、 まずはじめてみることができるのが大きな特徴です。実際に一番上の買取に関するコラムをクリックすると案件情報が紹介されます。

      画像引用元:サグワークスの案件詳細ページ

      案件の詳細情報の上に、指定事項やルールなどが書かれており、それに従って書くことで案件をこなすことができます。これは他のクラウドソーシングサイトにはないことです。

      一般的なクラウドソーシングは、案件に対して複数人が応募をしコンペで勝った人に仕事が依頼されます。なので仕事を取るためにたくさんの人と勝負して勝たなければいけません。つまり負けるとずっと提案をし続ける必要があるのです。

      しかしサグーワークスでは、まず仕事をすることから始めることができます。提案をする必要もなく、すぐに稼ぐことができ実績を作ることができるのです。そして画像でわかるようにすでに大量に発注されているので、簡単に1つの案件から仕事をたくさん取り、こなすことができるのでライティングに集中することができます。

      またプラチナライターというテストがあり、合格すると高単価の案件が紹介されるようになります。最低文字単価1円ですが、クラウドソーシングでのライターの文字単価は1円を切ることが平気であります。1円の壁を越えることができれば、一気に上がっていくので効率よく自分の収入をあげることができます。

      中級者以上向けサイト:Web系ベンチャーの求人サイトで案件探し

      ある程度Webライターとしての経験や実績が積めたら、今度はWeb系ベンチャー企業の求人サイトで案件を探すようにしましょう。

      乗り換える理由は単純で、単価が大きく跳ね上がるからです。クラウドソーシングはもともと単純作業などの隙間時間の副業は発注するサイトとして始まりました。なので、発注者が『クラウドソーシング=安い』というイメージを持っており、なかなか単価が上がりません。また仕事を取りたい人もたくさんいるので値段交渉をしても、ならこの値段でやってくれる人にお願いします。ということになってしまいます。

      しかし求人サイトを使うことでこの問題は解決されます。求人サイトの特徴は

      • 正社員や業務委託契約が前提にあるので、予算をしっかり持っている
      • 他の人と競合することが少ない
      • 継続案件になりやすい

        ので、Webライターとして高い位置で収入が安定しやすくなります。経験を積んだらぜひ利用するサイトを変えるようにしましょう。

        ここでは実際にオウンドメディアディレクターとして仕事を受注したサイトを紹介していきます。

        CARRY ME

        CARRY MEはフリーランスや業務委託での仕事を斡旋するエージェントです。フリーランスのエージェントといえばプログラマーやエンジニアが多いですが、ここの特徴はWebマーケティングやコンサルタントや経理といった、いわゆる非技術職でも仕事をしっかり紹介してくれるとこです。

        こちらのサイトはエージェントが間に入って面談をし報酬や業務内容を擦り合わせていきます。そして面談後の交渉や契約書の作成もエージェントがやってくれるので、仕事を取るまでに自分の事務作業がありません。なので非常に楽です。しかしエージェントが入るので

        • 若干スピード感が遅い
        • 契約期間中はクライアントが手数料を払っているので割高になり切られる

          最近はものすごく登録者が多くなっており案件が紹介されないことも多いです。僕も最初に仕事をとったのが2018年の2月で、そのときは登録者も少なかったのでバンバン紹介され2社ほどで仕事をしましたが、最近はまったくです。

          また仲介手数料はフリーランス側からでなく、クライアントが払っています。自分が欲しい額に上乗せした金額を払っているので少し割高になり、経費圧迫で契約を切られる可能性はあります。そしてCARRY MEを外しての個別契約はできません。

          CARRY MEを使うポイントは向こうの予算より少し低い額で契約をし、継続案件にしましょう。

          Wantedly

          Wantedlyは、さまざまな雇用形態で検索もできるので最初からフリーランスや業務委託で契約をしたい企業とダイレクトにつながることができるので、よりスムーズの話は進むでしょう。

          リモートワークなどで検索することもできるので、よりフリーランス的な働き方を探すのには最適です。

          Crowd Tech

          Crowd Techもサービスの概要としてはCARRY MEに似ています。いわゆる案件紹介エージェントになります。

          CARRY ME同様に案件単価はかなり高いですが、専門はエンジニアやプログラマー周りになるのでWebライター向けの案件は少ないです。

          Webライターからの認知度が高くないので、競合をせずに仕事を獲得しやすいという点のメリットは大きいです。案件数は少ないのでたまに確認して良いものは応募するというのが良いでしょう。

          Webライター中級者以上向けサイトの攻略ポイント

          僕自身今紹介したサイトからいくつも仕事を取ってきましたし、ディレクターという立ち位置から採用を行ってきたりもしました。

          その経験から、受注側・発注側両方の目線でサイト攻略のポイントを紹介していきます。

          ポイント1.実績があることを見せる(職務経歴書やポートフォリオの提示)

          何より大事なのは自分の実績を見せること、そしてプロフィールを充実させることです。企業とダイレクトにつながることから、スカウトがかなり来ます。

          僕の場合は前職がSEO対策のツール開発やコンサルタント業をしている会社に所属していたので、職務経歴書や履歴書を登録しておくとかなりスカウトが来ます。その中でフリーランスや業務委託契約で仕事ができるとこと話を進めていきます。

          採用系のサイトは即戦力を求めているので実績が重要になります。そこをしっかりと証明ができれば、スカウトだけ十分仕事を得ることができます。

          提案段階で構成案などを出す

          では実際にクライアントとつながったりエージェントからの紹介があった場合、どのようにすれば受注率が上がるでしょう。それは提案段階で記事の構成案を見せることです。

          Webライティングで1番重要なのは文章の上手さではなく構成の作り方です。特に法人メディアはほとんどがSEOで集客することを目的としています。その上で重要なのは構成作りで、それを見るだけでその人の実力がわかります。

          それを持っていて先方が納得をすればすぐに仕事として依頼されます。ポイントは

          • 一度持ち帰らせない
          • まずは試しにやらせてみる

            という状況を作ることです。そのために構成案を出しましょう。

            ライター+αの仕事ができることをアピールする

            中級者以上のサイトになると単純に記事が書ける、というだけで仕事を取るのは難しくなる。クラウドソーシングサイトなどは完全に業務を切り分けているので記事制作だけ済みます。

            しかし中級者以上のサイトは、もともと正社員や業務委託契約での採用を前提としているので、業務範囲が少し広いです。たとえば

            • ライター+SNS運用
            • 新規記事制作+リライト
            • ライター+サイト分析

              など、制作+運用となることが多いです。これはかなりよく運用が入ることで案件が継続化し、収入が一定期間担保されます。しかしそれはできるかどうかにかかっています。

              中級者になればライティングの経験は十分詰めているはずなので、付帯業務や横の領域も担当できるようにしましょう。

              Webライターで収入をあげるには使うサイトを考えよう

              Webライター初心者と中級者では使うサイトは異なります。クラウドソーシングではなかなか収入が上がらなくなったという人は、記事内で紹介したサイトをぜひ活用してみてください。

              そして付帯業務を加えることで、ただ書く人からWebマーケティング(コンテンツマーケティング)を担う1人と認識されるようにしましょう。そうなると収入が高い位置で安定します。

              Webライターの収入をあげる方法やWebマーケターへの転身方法も記事にしているので、ぜひ参考にしてみてください。

               

              当メディアが目指すもの

              当メディアのコンセプトは

              Web/ITスキルを手に入れ、リモートで物価の安い国でセミリタイアをして緩く生きよう

              という価値観のもと運営しています。こういうとフリーランスが真っ先に思い浮かびますが、そうでもありません。様々な社会情勢から今後は会社員であっても、時間や場所を選ばずに働ける可能性が高くなります。そうなると会社員としての安定給料を得ながら、フリーランスの柔軟な働き方といういいとこ取りができるようになります。

              しかしそれができるのもWEB/ITスキルがあり、仕事がしっかりできる人だけです。なのでまずその職種に就くことがスタートになります。

              なのでそのための自己投資が必要です。特にWeb業界は人に仕事が付いてきますので、スキルと人脈はマストです。それを得るために一番早いのが、その業界に転職し修行をすることです。

              実際に僕も金融機関からSEO会社に入り勉強をした後、フリーランスとして独立しました。おかげで初月から会社員の給料を超え、2年目以降からは月収100万円を切ったことがありません(現在4年目)

              すぐに独立したい気持ちはわかりますが、それをした過去の人を見ればわかるように全然食べていけません。急がば回れとはまさにこのことです。

              将来的な独立・フリーランスを目指しているのであれば、Web業界に転職し2〜3年修行すれば、その後5〜6年は仕事に困りません。なので未経験の人はいい会社に転職しましょう。

              そんな方に未経験でも転職支援をしてくれるおススメのWeb/IT専門の転職エージェントを紹介します。各社特色があるので、ぜひそれぞれ登録してキャリア面談をしてみてください。

              きっと良い出会いに恵まれますよ。

              マイナビクリエイター
               
              人材紹介最大手のWEB業界専門エージェント

              マイナビクリエイターはご存知株式会社マイナビが運営する求人情報サイトです。

              マイナビクリエイターの特徴は…
              • キャリアアドバイザー情報が載っているので、自分が相談したい人を指名できる
              • ポートフォリオや履歴書は作成サービスを利用できる
              • マイナビの取引先紹介も可能

               

              公式HPにはキャリアアドバイザーの顔写真・名前・自己紹介が掲載されています。それを見れば自分が希望しているキャリアにはどのアドバイザーが最適化を事前に把握することができるので、面談セッティング時に指名することが可能です。

              またマイナビがこれまで取引してきた信頼と実績のある会社への紹介が可能なのもマイナビクリエイターの特徴です。取引実績があれば、個別の企業の採用に対して具体的なアドバイスができます。そうすることでより自分のキャリアの明確化と入りたい企業の対策ができます。ぜひ活用してみましょう。

              シンアド
               
              経営層/決裁者クラスの担当からの求人依頼を扱うエージェント

              シンアドは株式会社ホールハートが運営する転職サイトです。

              シンアドの特徴は…
              • 完全Webマーケティング専門のエージェント
              • 経営層/決裁者クラスの担当からの求人依頼を扱っている

              シンアドは上記2つと違うのがWebマーケティングのみしか扱っていないということです。なぜそれができるのかというと、ポイントの2つ目に挙げた管理職上位の担当者とのつながりから来る求人ばかりを扱っているからです。

              権限が強い社員に紹介するからには、半端な応募者を紹介するわけにもいかないので紹介できないとい場合もあるそうです。しかし闇雲に紹介しない分、紹介先からもらえる仲介手数料が少なくなってしまうので、より年収が高い求人を紹介することに徹底しています。実際にシンアドで転職をした人の多くが前職より年収が上がっているようです。

              またそういった担当者とつながれる秘訣は、キャリアコンサルタントが元業界人というのも大きいです。Web業界は横のつながりが非常に強いので、他ではない求人を持って来れます。

              また元業界人なので、内部のことを包み隠さず教えてくれるので、自分の希望をきちんと話せば、最適なキャリア形成を支援してくれます。

              是非活用してみましょう。

              マスメディアン
               
              教育/研修の実施で未経験からWeb業界への転職を支援

              マスメディアンは紙媒体からWebコンテンツまで幅広いメディア・広告を手がけている株式会社宣伝会議が運営している、Webマーケティング/クリエイティブ制作の求人案件を紹介しているサイトです。

              マスメディアンの特徴は…
              • 老舗ならではの業界のコネクションを多数持っている
              • よりWebマーケティング/ディレクター領域に特化し業界No.1の情報量
              • 未経験でも受けられる教育/研修がある

              宣伝会議自体は2019年で創業65年になる業界の老舗企業で、メディアや広告業でクライアントを支援してきました。その信頼にから宣伝会議での求人掲載をしている企業も多数で、業界1位と言われています。

              また宣伝会議はほぼ毎日勉強講座や研修を実施しています。(詳細ページ:https://www.sendenkaigi.com/class/)

              なので未経験であってもしっかりと基礎を叩き込むことができます。そして勉強会に参加しながら自分のキャリアを明確にしていき、それをそのままアドバイザーに伝え転職活動を行うことができるので、非常にスムーズに進めることができます。

              ぜひ活用してみましょう。

              Webist
               
              働き方の多様性を意識した案件を豊富に扱う

              WebistはWeb/ゲーム/出版とあらゆるクリエイティブ分野の事業を手掛けるクリーク・アンド・リバー社が運営する求人情報サイトです。

              Websitの特徴は…
              • クリエイター案件が豊富
              • 働き方の多様性を意識した案件が多い
              • 経営層/決裁者クラスの担当からの求人依頼を扱っている

              もともとクリーク・アンド・リバー社代表の井川氏はフリーランスの映像ディレクターでした。ある仕事でアメリカのクリエイターとの合作を作る際に、アメリカではフリーランスの所属するユニオンやエージェントがあるのを知り、日本のフリーランスクリエイターとの差に愕然としたそうです。

              それをきっかけに、同様の組織を作るためにクリーク・アンド・リバーを創業したという経緯があります。なので、会社自体が柔軟な働き方の気質もあり、またそういった案件を紹介をしてくれます。

              クリーク・アンド・リバーが提供する案件は他のサイトとは違い、かなりクリエイティブ要素の強い案件が豊富です。他にはないような、映像/ゲーム/アミューズメント/アニメなどがあります。かなりクリエイターよりのサイトになります。

              なかなか自分に合ったサイトが見つからないというクリエイターの方は、ぜひ登録して案件を探してみてください。

              レバテックキャリア
              Good Agent Award2017で特別賞受賞の転職エージェント

              レバテックキャリアは株式会社レバレージーズが運営する転職サイトです。

              レバテックキャリアの特徴は…
              • Good Agent Award2017で特別賞をもらう実績がある
              • WEB/IT業界すべてを網羅した求人数
              • 日曜以外のすべての時間で対応している

              レバテックキャリアは2017年に転職エージェントを有識者が評価するGood Agent Awardで特別賞を受賞しています。この賞には「求職者・企業への踏み込み度」「協働性」「新規性」の3つの観点で評価されます。日本には現在18,000社を超える転職エージェントがありますので、その中から賞を受賞するのは非常に大変です。なので特別賞を受賞したレバテックキャリアは非常に求職者に寄り添う転職エージェントだということがわかります。

              またレバテックキャリアはWEB業界だけでなくIT業界、特にエンジニア転職にも力を入れています。インターネット関連で転職を探している人で仕事が見つからない人はいないでしょう。

              おすすめの記事