The following two tabs change content below.

たかや@初任給セレブ

生活費10万円でジム・プール付きコンドミニアムに住んでる@台北 広島大学経済学部→三菱系金融機関→SEO対策ツール開発会社/法人10社でメディアディレクター&WEBマーケター&ライター クライアントワークで日本円大卒初任給(月20万円)を稼ぎ海外生活がモットー/元Airbnb宿泊&書道体験ホスト プロフィール記事・動画はこちらから!
佐藤さん
WebディレクターとWebマーケターの仕事の違いってなに?それぞれの面白さは?
山田さん
ぶっちゃけどっちを選ぶかで年収って変わる?

こういった疑問に、Webディレクターとマーケターを兼務している僕がそれぞれの職種や収入の違いなどを解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、自分にとってどちらが最適な職種か判断できるような内容になっています。ぜひ参考にしてみれください。

(5分程度で読める内容となっています)

WebディレクターとWebマーケターの仕事の違い

未経験からWeb業界に転職をしようと求人を探していると、「Webディレクター」と「Webマーケター」の両方を見かけることが多いでしょう。初めて見る人にとっては、この2つの違いがよくわからないとなりませんか?

まずはこの2つの職種の違いを把握するようにしましょう。

Webディレクターはサイト制作やサイト運営全体のマネジメントをする

Webディレクターは、その名の通りディレクションを行うのが仕事です。実際に自分自身で手を動かすというよりは、制作者のために情報や環境を整えたり、予算やスケジュールを管理するといったことがメインになります。

人材マネジメント

Webディレクターはクリエイターや制作者の採用や配置、それから部門責任者の要望や意向をクリエイターに正しくわかりやすく伝えるといった中間管理職的な立場で仕事をします。

実際に制作をしてくれる人が優秀であれば施策が上手くいくのと同時に、自分自身の仕事の負担も軽減されます。なぜなら意図を素早く汲み取り形にできれば、コミュニケーションコストが少なくて済むからです。

人材の採用・配置からマネジメントまで行うWebディレクターは、誰に仕事を依頼するかで成果が大きく変わってきます。

スケジュール管理

スケジュール管理もWebディレクターの仕事です。Webディレクターはさまざまなひとと関わってプロジェクトを進めていきます。

  • ライター
  • イラストレーター
  • デザイナー/コーダー
  • エンジニア

 

などです。そしてそれぞれの仕事の進捗状況を管理し、遅れが出ないように調整や準備をするのです。

誰がどれくらいのスピードで仕事を進められるのかや、どこまでに中間報告や共有をしてもらって、制作物の微調整をするか、などのスケジュールを握っています。

多くの人に仕事を振り回収するための役割を担っています。

予算管理

さまざまな人に仕事を依頼するので、もちろん報酬が発生します。しかし1つのサービスやサイトに掛けられる予算には限りがあります。なので、どの施策・制作にいくらお金を使い全体でいくら掛かるのかを管理するのもWebディレクターの仕事です。

しかも単月単位ではなく数ヶ月単位で予算配分を決めハンドリングする必要があります。たとえば

  1. ある施策は予算は大きく取られるが大きな効果を期待できる
  2. しかしその施策をやると月間予算の半分以上を使うことになる
  3. であるならば前月の予算を少し余らせて、その施策に充てよう

 

といった期や数ヶ月単位での予算配分を決定し管理するのも仕事です。

Webマーケターはサイトやサービスへの集客施策を企画・実行・分析する

一方でWebマーケターは、サイトやサービスの集客状況の分析を行い、改善や推進のための企画、はたまた実行までを行います。

しかし実行部分がバナー・記事・動画の制作となった場合は、専門のクリエイターが作ることが多いので、どういったものを作ればいいかという企画を立てる部分までがほとんどになるでしょう。

実績数値の分析と改善施策の企画・提案

Webマーケターはさまざまな集客施策をあらゆるデータを組み合わせて分析していきます。それをもとに最適な集客施策を導き出し、既存の施策の改善を行なっていきます。

データ分析といっても非常に幅広いです。なぜなら集客媒体や方法が多種多様だからです。

  • オウンドメディア
  • 動画/SNS
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • 他メディアへの寄稿

 

などなどです。さまざまな施策を同時並行に進めていくので、その中から改善することで得られる効果の見込みの高いものを見つけ、改善施策を作るまでを担当します。

集客施策の予算配分の企画・提案

集客改善施策を作ると同時に、その施策の予算配分を作るのもWebマーケターの仕事です。

それぞれの施策にどれくらいの予算を掛ければ、最大効率化できるかは実際に分析をしたWebマーケターにしかわかりません。なので、必要な施策を決める段階である程度必要な予算を作っていきます。

しかしそれを実際に決済するのはディレクターや責任者になります。

Webディレクター・Webマーケターそれぞれの仕事の楽しさは?

改めて見ると、両者の仕事は大きく違います。そうなると自分はどっちがいいだろうと悩むでしょう。

ここでは現在WebディレクターとWebマーケターの両方を担当している僕が、それぞれの仕事の楽しさを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

Webディレクターの仕事の楽しさ

Webディレクターの仕事の楽しさは以下の3つです。

  • さまざまな人と関わりながら仕事ができる
  • 権限を持って仕事ができる
  • サイトやサービスの成長を感じられる

 

それぞれ詳しく解説していきます。

1.さまざまな人と関わりながら仕事ができる

Webディレクターは仕事でたくさんの人と関わります。

  • ライター
  • イラストレーター
  • デザイナー/コーダー
  • エンジニア

 

といった方たちとサービスやサイトを大きくするために試行錯誤を繰り返します。それぞれのプロフェッショナルが集まるので、色々な角度からアイディアや企画がでます。

そういった人たちと仕事をすることができるので、さまざまな情報や手法が入ってくるので非常に勉強にもなります。

2.権限を持って仕事ができる

Webディレクターは人を動かしたり予算を決めたりすることができるので、かなり権限を持って仕事ができます。

自分のやりたいこと・試してみたいことを実現するために人・モノ・金をマネジメントすることができます。なかなか管理職でもない人が権限を持って仕事ができる職種は多くありません。

そういった意味でも、早いうちから権限を持って自分で先導できるのがWebディレクターの魅力です。

3.サイトやサービスの成長を感じられる

サイトやサービスの成長を一番感じられるのは、Webディレクターでしょう。Webディレクターは言ってしまえば、サービスやサイトの責任者です。もちろん部門長や決済者はいますが、伸ばすために一番動くのはWebディレクターです。

色々な人と関わり、予算やスケジュールを管理し、改善施策も打っていくと、常にPDCAを回すことになるので、サービスやサイトの成長とともに自分自身のスキルや実践の積み増しもできるでしょう。

Webマーケターの仕事の楽しさ

反対にWebマーケターの仕事の楽しさは以下の3つです。

  • 数字として実績が見える
  • さまざまな施策を試せる
  • 実績がでると年収が高くなりやすい

 

それぞれ詳しく解説していきます。

1.数字として実績が見える

Webマーケターの1番のやりがいは数字として実績を表すことができることでしょう。PVやUUやCV数といった様々な指標があります。そしてフェーズによって目指すべき数字が変わってきます。

  1. まずは認知を増やすためにPVを増やそう
  2. SEO効果を高めるために、遷移率や滞在時間を上げよう
  3. 売上につながるCV数を上げるようにしよう
  4. 費用対効果を上げるためにCVRを改善しよう

 

といった感じで、達成されれば新しい目標や改善と常に明確なゴールを設定できます。

そして達成することで会社の利益に直結するので、数字を追うのが楽しくなります。

2.さまざまな施策を試せる

Webマーケティングにはさまざまな施策があります。

  • オウンドメディア
  • 動画/SNS
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • 他メディアへの寄稿

 

などさまざまです。しかし業界やターゲット層によっては効果のない施策や媒体、はたまた特定のチャネルの特定の施策だけものすごく効果が出る、みたいなことがよくあります。

しかしそれは実際にやってみないことにはわかりません。それを1つずつ試し検証していき、自分たちの成功パターンを作り出していくことができます。

3.実績がでると年収が高くなりやすい

Webマーケターは実績を示しやすいです。あるサービスやサイトのグロースに大きく貢献したとき、それを数字で表すことができます。

  • 100,000PVのメディアを6ヶ月で500,000PVまで上げた
  • サイトからの問い合わせを半年で3倍にした
  • CVRを3ヶ月で10%改善した

 

など。この実績はすべてWebマーケターにつきます。なので優秀なWebマーケターは数字で明確に利益貢献してくれるとわかるので、年収が上がりやすくなります。

WebディレクターとWebマーケターの年収の違いは?

転職サイトDODAを参考にしてみると、Webプロデューサー/ディレクターの平均年収は452万円となっています。

 

 

一方でWebマーケターや近い領域のデータアナリスト/サイエンティストの平均年収は490〜507万円となっています。

平均年収自体にそこまで大きな差はないですが、経験を積んだ30代以降から100万円以上の差が付いてきます。やはりWebマーケターの方が専門性が高く経験も必要とされるので、年収が高くなります。

お金が大事という人にとってはWebマーケターがおすすめでしょう。

Webディレクター・Webマーケターどちらがおすすめ?

色々な角度からWebディレクターとWebマーケターを比べてきましたが、あなたにとって果たしてどちらが魅力的に感じたでしょうか?

ここで最後に決め手となるポイントを再度お伝えします。

  • 多方面の人と関わり全体運営を得意とする人は、Webディレクター
  • 様々な施策を組み合わせ数字を追うのが得意な人は、Webマーケター

 

という観点で選ぶと良いでしょう。

両方をやっている僕から言えるのはどちらの仕事も楽しいです。色々な人の力を借りながらサービスやサイトを大きくしていくということに関しては、両方とも同じです。違うのは自分に専門性があるのか、それとも周りに専門家をたくさん置くのかという点です。

それぞれに最適なスキルやキャリアがあると思うので、ぜひ深く検討してみてください。もし自分で判断ができないのであれば、転職相談をしてみることやベンチャー企業に訪問するなどしてみるのも良いでしょう。

現役の人に聞くことで、ネットでは得られない情報を手に入れられます。そこで得た価値観がキャリアチェンジの大きな鍵になります。

以下のサイトは実際に僕が転職やフリーランスとして仕事を取るのに活用したサイトになるので、ぜひ参考にしてみてください。

Green

Greenの求人検索TOP画面

Web/IT系ベンチャー企業の求人が企業名公開で多数紹介されているサイトです。こちらはエージェントと違いダイレクトに企業担当者とのやりとりができるので、仕事の内容や会社の雰囲気を直に聞き感じることができます。

実際に僕もこちらのサイトから多数のスカウトをいただき、実際に訪問した結果仕事をもらえたりなどしています。

Webディレクター・マーケターの未経験可の求人も多いので、ぜひ気になる企業に連絡をしてみましょう。

転職エージェント系

もし業務未経験でありながらも絶対に転職をしたいなら、使うべきサイトは業界特化型の転職エージェントです。おすすめなのは以下の3つです。

 

リクナビやDodaといった大手の転職サービスもありますが、これらは総合転職支援サービスになります。なのでWeb業界以外の求人も多く、担当者も業界知見が疎い傾向があります。

一方で上記3つで紹介した、「マイナビクリエイター」「マスメディアン」「シンアド」は、Web業界に特化した転職サービスなので、担当者の業界・職種知見が豊富なので、ご自身にあった仕事を紹介してくれます。

さらに未経験の人にとっては業種業界の理解が乏しいので不利になりがちです。しかし業界専門エージェントの面接対策などで傾向を掴めば、希望の会社の希望職種に就ける可能性も高くなります。

正社員で絶対に就職した人は、ぜひ登録して担当者に相談してみましょう。

余談:フリーランスを目指すなら、Webマーケターがおすすめ

最終的にフリーランスを目指したいのであれば、Webマーケターがおすすめです。

  • 実績が付きやすく仕事が簡単に見つかる
  • フリーランスになった後でも年収が上がりやすい
  • Webディレクターも兼務できる

 

会社で経験をすれば有る程度の実績がつきます。それを元にフリーランスで営業すれば割と簡単に仕事が見つかります。

またフリーランスで仕事を受けた後も、成果が出れば収入は上がりやすいです。その人がいることで売上が伸びるのですから当然ですよね。

そしてWebマーケターはWebディレクターも兼務できます。実際に僕も兼務しています。Webディレクターのほとんどがマーケスキルを持っているはずです。

なのでWebマーケターでキャリアを積んでいた方が、得することは多いはずです。どちらも面白そうでいいなと思っているのであるなら、Webマーケターとしてキャリアを作っていくと良いでしょう。

おすすめの記事