The following two tabs change content below.

たかや@初任給セレブ

生活費10万円でジム・プール付きコンドミニアムに住んでる@台北 広島大学経済学部→三菱系金融機関→SEO対策ツール開発会社/法人10社でメディアディレクター&WEBマーケター&ライター クライアントワークで日本円大卒初任給(月20万円)を稼ぎ海外生活がモットー/元Airbnb宿泊&書道体験ホスト プロフィール記事・動画はこちらから!
佐藤さん
Webマーケティングの勉強法ってどんなのがあるの?
山田さん
きちんと身に付くための勉強法を知りたい

今回はこういった疑問に対して、現役のフリーランスのWebマーケターが「未経験からWebマーケターとして就職できる勉強方法」を解説していきます。

簡単に自己紹介をすると、財閥系金融機関から未経験でSEO対策・コンテンツマーケティング会社に就職をし、現在はフリーランスのWebマーケター・ディレクターをしています。

そしてフリーになってから1年で月商200万を達成しました。

ある程度自分の戦略や行動に自信が持てるようになりましたので、今までの過程で得たものを発信していきます。

この記事を読み終わる頃には、今からどういう風に勉強すれば良いかが明確になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

(※この記事は5分程度で読める内容となっています)

Webマーケティングの勉強法は様々ある

未経験からWebマーケティングを勉強するには、4つの方法に絞られるでしょう。

  • 機能会社に就職する
  • 自分でサービスやメディアを立ち上げる
  • Webマーケティング専門メディアを読むこむ
  • オンライン教材を活用する

それぞれにメリットがありますので詳しく解説していきます。

機能会社に就職する

未経験からすぐに実戦経験を積みたい方には機能会社に就職するのがオススメです。機能会社とはある特定業務を専門に行なっている会社です。わかりやすい例をあげると

  • 税金周りの処理をしてくれる、税理士事務所/会計事務所
  • HPやデザインを作ってくれる、制作会社
  • 新たな販路を開拓してくれる、営業代行会社

こういう会社はWebマーケティングでもたくさんあります。またWebマーケターという職が比較的新しく伸びている業界なので、会社は増えているのに常に人が足りていない状態です。なので未経験でも比較的就職するのは簡単です。

では次に機能会社に就職するメリットを紹介していきます。

メリット①:給料をもらいながら勉強ができる

未経験から勉強も実戦経験の環境も用意できているのに、お金がもらえるのが最大のメリットです。それはもちろん仕事だからです。

もしスクールに通ったりや講座を受けたりすれば、少なからず費用がかかります。しかしそれで実務経験が付くわけではありません。

Webマーケティングスキルをもっとも早くつける方法は実務経験を積むことです。しかし実務経験を積むには膨大の量のデータと仕事の数が必要になります。それが機能会社に入ることで、すぐにその環境を手に入れることができるのです。

メリット②:様々なマーケティング手法や業界での経験が積める

機能会社もたくさんあります。例えばこちらを見てください。

こちらはWeb/IT系専門の転職エージェントの「マイナビクリエイターです。こちらには約300件近い求人があるのですが、ほとんどが機能会社になります。

そして画像を見て分かるように様々なWebマーケティング職があります。これだけでもWeb広告・SEO・SNS・CRM(顧客管理)です。Webマーケティングの機能会社も、色々な手法を扱っている会社や特定の手法を専門に扱っている会社もあります。選ぶ会社によって、あなたは特定のWebマーケティング手法のプロにも多数扱えるゼネラリストにもなれます。

また機能会社はたくさんの会社と取引があるので、様々な業界や会社と仕事ができるので自分の得意な手法と業界を見つけることができます。

Webマーケティングの勉強をしたい未経験こそ、機能会社に就職するのがおススメです。

Webマーケティング機能会社に就職したい人におススメのエージェント

もしWebマーケティング業務が未経験であるならば、使うべきサイトは業界特化型の転職エージェントです。おすすめなのは以下の3つです。

    リクナビやDodaといった大手の転職サービスもありますが、これらは総合転職支援サービスになります。なのでWeb業界以外の求人も多く、担当者も業界知見が疎い傾向があります。

    一方で上記3つで紹介した、「マイナビクリエイターマスメディアン」シンアド」は、Web業界に特化した転職サービスなので、担当者の業界・職種知見が豊富なので、ご自身にあった仕事を紹介してくれます。

    さらに未経験の人にとっては業種業界の理解が乏しいので不利になりがちです。しかし業界専門エージェントの面接対策などで傾向を掴めば、希望の会社の希望職種に就ける可能性も高くなります。

    正社員で絶対に就職した人は、ぜひ登録して担当者に相談してみましょう。

    自分のサービスやメディアを使って独学で勉強する

    もうひとつの勉強方法は自分で独学で行う方法です。Webマーケティングの経験自体は会社に入らなくてもできます。なので転職をせずとも、空いた時間に経験を積むことができます。

    では自分でメディアやサービスを使って勉強するメリットを紹介していきます。

    メリット①:自分の裁量でPDCAをガンガン回せる

    会社に入れば環境やお金などのリソースはたくさんもらえます。しかし裁量権をもらえることは未経験者にはなかなかありません。

    特に機能会社に入るとそうなります。あくまでクライアントの予算や意向によるので、これが最適な集客施策だ!と説明しても採用されないことが多々あります。また他社に仕事を依頼されるなどもあります。

    しかし自分が運営者やオーナーとなれば、自身の裁量でPDCAを回せます。なので自分が極めたいスキルに注力することもできますし、予算配分も可能です。

    メリット②:会社員以上に稼げる可能性がある

    そして自分自身で運営することは、会社員以上に稼げる可能性も十分にあります。

    例えばアフィリエイトで月50〜100万稼いでいる人もいます。そうなればWebマーケティングの経験を積みながら、会社員以上に稼ぎ金銭的にも時間的にも余裕を得られるでしょう。

    Webマーケティング専門メディアを読み込む

    Webマーケティングを勉強中の人は、以下のサイトをよく見るようにしましょう。

    これらのサイトはWebマーケティングの基本的な手法だけに止まらず、企業担当者のインタビューや成功事例の共有などWebマーケティングに関するあらゆる情報を発信しています。

    Webマーケティングは答えのない世界です。同業他社の事例を真似しても失敗したとしても、他業界のまったく検討していなかった戦略がハマったりなど、何があるかわからない仕事です。

    そのなかで大事になるのが、豊富な知識量と柔軟な発想になります。それを下支えするのには良質なインプットが重要です。

    そのために上記のサイトは最適ですので、定期的に見るようにしましょう。

    オンライン教材を活用する

    Webマーケティングのオンライン教材は少ないですがあります。オンライン教材のメリットは「基本を順序良く抜け漏れなく学べる」ということです。

    先ほどのサイトは基礎的な内容やインタビューが混じっているので、学習効率が少し下がります。なのでどちらかと言うとある程度基礎を理解し、更に色々吸収して試したいという中級者向けになります。

    もしまったくこれからという方は、オンライン教材で学んだ方が基礎をすぐに抑えることができるでしょう。

    おススメのオンライン教材は以下の4つです。

    ぜひ自身あった方で勉強して見ましょう。

    グロービス学び放題

    GLOBISは実戦的な経営大学院としてすばらしい実績を誇っています。一般の受講生だけでなく企業研修など、幅広く評価を得ています。その教育機関が提供しているのが「グロービス学び放題」です。

    これは月額980円で、GLOBISが提供する動画コンテンツを見放題で勉強することができるのです。提供されている動画コンテンツはマーケティングは72本あります。

    こちらが一例です。体系的なマーケティングを順序よく学ぶことができ、それがたった980円なので(しかも他の学習コンテンツも含む)、ぜひ利用して見てください。

    Tech Academy

    プログラミング教材を提供しているTech Academyですが、実はWebマーケティングの教材も提供しています。Tech Academyを提供する(株)キラメックスは、最初はSEOや広告運用の企業研修を主事業としといてようです。

    それがプログラミング教材事業に切り替えるときに、その名残としてWebマーケティングもオンライン教材にした経緯があります。もともと企業の研修で使われていた内容なので、きっちりとした教材なことは間違いないでしょう。

    Tech Academyの教材の特徴にセットコースがあり、Webマーケティング+αのスキルセットを獲得することができます。

    画像引用元:Tech Academy Webマーケティングコース

    Webマーケティングにおいて複数スキルを持つ重要性は何度も述べていますが、なかなか機会がないと勉強できません。しかし最初からセットとして勉強できれば、シナジー効果の高いスキルを獲得することができます。

    そうすることで、未経験であってもすぐに即戦力になれ転職活動では年収を高く設定しても有利に進めることができるでしょう。

    毎日無料で体験会を実施しているので、ぜひ参加して見ましょう。

    独学でWebマーケティングをする方法

    Webマーケティングスキルを最短で身に付けるためには、自分でやってみるのが一番早いです。そして自分で始めること自体のハードルは決して高くありません。

    自宅にインターネットがつながるPCや最悪スマホだけで完結します。そのステップを紹介は以下になります。


    ぜひ挑戦して見てください。

    ❶売る商品を決める

    まずは売る商品を決めてください。この売る商品自体は、アフィリエイトで他者の製品やサービスを売るでもいいですし、自分で開発したサービスやアプリでも何でも大丈夫です。

    これが決まらないことは商品を市場に流せないので、実戦経験が積めません。まずはここを決めましょう。

    何も決まっていないならアフィリエイトが一番早い

    もし自分の商品もないし作る予定もないというのであれば、アフィリエイトが一番良いでしょう。アフィリエイトであれば

    • 企業が作ってくれた商品を
    • 自分が在庫を抱えることなく
    • 初期投資が2〜3万円程度で

      始めることができます。自分の好きなジャンルなどを選ぶことで楽しくサイト運営ができ、また様々なWebマーケティングスキルがつくので、非常に有利に転職活動ができます。

      以下のアフィリエイトサイトが案件も多く人気で多くの人が最初に使うサービスとなっているので、ぜひ登録してやってみましょう。

      ❷ターゲットを設定する

      売る商品が決まったら次はターゲットを選定しましょう。ターゲットと商品をリンクさせなければ、たとえどんな素晴らしいものでも売れません。

      たとえばプログラミングスクールを紹介するとします。これの対象となる多くの人が、

      • 20代前半〜30代前半男女
      • 文系卒(もしくわ手に職ない系)
      • 学習意欲が高い、キャリアへの危機感がある
      • 自己投資にお金を出せる

      となるでしょう。こういった商材を40台中盤の主婦には売れないでしょう。自分が扱う商材、それに関連する情報が誰が興味を持っているかをしっかりと考えるようにしましょう。

      (※切り口を変えるというのも考えてみましょう。たとえば子供向けプログラミングスクールであれば40代主婦がターゲットになるでしょう。)

      ❸集客媒体とマーケティング手法を決める

      売る商品とターゲットが決まったら、どう拡散して売るかを決めましょう。つまりマーケティング手法を決めましょう。

      今回はWebマーケティングになるので、ネット上が市場になります。主に以下のような手法になるでしょう。

      • オウンドメディアに自然検索流入
      • LPや記事をリスティング・ディスプレイ広告で出稿
      • SNSアカウントや広告を運用

      どの手法がペルソナにあっているかは使う媒体によって変わります。また運用予算もそれぞれ異なります。オウンドメディアやSNSであれば自分自身で運用すれば費用は0円ですが、広告を出稿すれば運用コストが掛かります。

      それはご自身が選ぶ手法と予算に合わせて決めましょう。

      ❹月間の予算や時間などのリソースを決める

      マーケティング手法まで決まったら、次にどれだけのリソースを割くかを決めましょう。大きく決めるべきは2つです。

      • どれくらいの時間を月間かけるか
      • どれくらいの金額を月間使うか

      今回はWebマーケティングスキルをつけるというのが目的です。リソースをかければかけるほど、スキルは付き成果物もでき実績もつきます。

      いつまでに転職したいかに合わせて、かけるべきリソースの量を調整しましょう。

      ❺実際に運用し分析してみる

      最後に運用実績を分析し課題の改善施策まで計画をしてみましょう。

      この分析をする際に重要なのがKPIとどれくらいの乖離があるかを認識し、その穴を埋めるために必要なことを洗い出すことです。

      そして実際にその施策がうまくいったかどうかも併せて、どんどんPDCAを回していきましょう。

      Webマーケティングを勉強する際に注意する点

      ではここから、Webマーケティングを勉強したい人が注意することを解説していきます。

      • まずは1つマスターしたい手法を決める
      • 1つのスキルを軸に横・縦展開する
      • KPI・KGIをきちんと設定する

        これを知らないとまったく実務で使えないものになってしまうので注意しましょう。

        まずは1つマスターしたい手法を決める

        Webマーケティング手法というのは多種多様です。以下がWebマーケティング施策の工程になります。

        Webマーケティングのフェーズや施策の種類

        たくさんの種類があるので、色々手を付けてしまいそうですが、まずは1つ自分の確固たるスキルを獲得しましょう。

        先ほど紹介した求人でも分かるように、専門会社や専門職を募集しているケースが多く、業界的にはプロフォッショナルを求める傾向にあります。

        なのでまずは自分が極めるべきスキルを決めて、そこに集中して勉強を取り組みましょう。

        1つのスキルを軸に横・縦展開する

        そして1つのスキルである程度結果を出せる段階になったら、次はスキルの展開させましょう。

        僕を例に挙げると、SEOディレクターをしているのであればスキルの広げ方は

        • 施策の前後工程のSEOエンジニアやSXO
        • Webマーケティングの多角化の広告やSNS運用

        Web広告を専門にしている会社であれば、その中には運用担当やクリエイティブ制作など施策工程のすべてを網羅している場合がほとんどです。しかし冒頭で申したように、人手は足りていません。なので1人で複数できることが求められるようになります。

        そういう人材は貴重で収入も高く提示されることが多いので、1つ自分のスキルが決まったら関連領域に展開するようにしましょう。

        KPI・KGIをきちんと設定する

        そしてもし独学で勉強をしていても必ずKPIとKGIは設定してください。

        KPI:key performance indicator》企業などの組織において、個人や部門の業績評価を定量的に評価するための指標。達成すべき目標に対し、どれだけの進捗がみられたかを明確にできる指標が選択される

        KGI:key goal indicator》企業などの組織において、個人や部門が達成すべき最終的な成果を定量的に表した指標

        引用元:コトバンク

        Webマーケティングは目標に対してデータを解析し試行錯誤を繰り返して達成に向けて施策を打つ仕事です。なのでそのための行動を取れるかどうかで、独学の勉強で得られる成果がまったく異なります。

        必ずKPI/KGIを設定して取り組むようにしましょう。

        Webマーケティングの勉強法は自分で決めよう!

        これまで読んだら分かるように、Webマーケティングの勉強法はいくつもあることがわかります。

        整理すると
        • 機能会社に入る
        • 自分でサービスやメディアを立ち上げる
        • Webマーケティングサイトを読む
        • オンライン教材を活用する

        の4つになります。それぞれ長所・短所があり、それはあなた自身の現在の状況や勉強に掛けられるリソースに寄ります。ですが実戦をしなければダメだということに変わりはありません。

        ぜひ最適な勉強法を見つけて初めてみてください。

        おすすめの記事