Webマーケティングの3つの仕事内容と4つの職種を現役が解説【最大の魅力は収入!?】
The following two tabs change content below.

たかや@初任給セレブ

生活費10万円でジム・プール付きコンドミニアムに住んでる@台北 広島大学経済学部→三菱系金融機関→SEO対策ツール開発会社/法人10社でメディアディレクター&WEBマーケター&ライター クライアントワークで日本円大卒初任給(月20万円)を稼ぎ海外生活がモットー/元Airbnb宿泊&書道体験ホスト プロフィール記事・動画はこちらから!
佐藤さん
Webマーケティングの仕事内容ってどんなの?
山田さん
Webマーケティングの仕事内容の魅力って何?

今回はこういった疑問に、現役のフリーランスでWebマーケターである僕が

  • Webマーケティングの仕事の流れ
  • Webマーケターの職種
  • Webマーケティングの仕事内容の魅力

    について解説していきます。この記事を読み終わる頃には、あなたがWebマーケティングの仕事に対する興味関心が明確になるので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

    (※この記事は5分程度で読める内容となっています)

    Webマーケティングに仕事の流れを知ろう

    まずはWebマーケティングの仕事内容の流れを把握することが大事です。どうしても手法などに捉われてしまいがちですが、Webマーケティングの仕事の根本を知っておくことは、キャリアの選択肢を広げる意味で非常に重要です。

    ぜひきちんと抑えるようにしましょう。

    ❶Webマーケティング施策の検討

    まず最初に行うのがWebマーケティング施策の検討です。Webマーケティングには様々な種類があり最適な施策が異なります。なのでどの手法を選ぶかが重要になります。

    ではそのWebマーケティング施策を決める要因はなにがあるのでしょうか?大きくは4つです。

    詳しく解説していきます。

    プロダクトやサービスをもとに決める

    1つ目にプロダクトやサービスで決めることができます。Webマーケティングで広めたいものが最も効率的に認知を集め売上やブランディングにつながるものを選びます。

    たとえば…
    • 美容/コスメ:Instagram・YouTube
    • プログラミング学習:オウンドメディア
    • 教育/セミナー事業:Facebook

    などです。プロダクトやサービスによって魅力的にみせられる媒体が変わってくるので、自分たちが広めたいものはどれが1番効果的なのかを、見極める力が必要です。

    現状のフェーズをもとに決める

    Webマーケティングの特徴は高速でPDCAを回すことができます。マーケティングの代表であるテレビCMと違い、PC1台あればものの数時間で施策を実行することができます。

    そしてWebマーケティングはフェーズに合わせて様々な手法があります。

    Webマーケティングのフェーズや施策の種類

    上の図がWebマーケティングの流れです。なので今の自分たちがどのフェーズにいるかで施策を決めることができます。

    たとえば…
    • 認知を集めたいからWeb広告なのか
    • CVRの改善をしたいから、Web接客ツールやEFOなのか
    • CPAの改善をしたいから、LINE@やメルマガ運用なのか

    これを決定し、また運用するのもWebマーケティングの仕事内容の1つです。

    リーチしたい属性によって決める

    先ほどは自分たちのプロダクトに合わせて最適なWebマーケティング施策を選ぶという話をしましたが、リーチしたい属性によって決めるという方法もあります。

    これは現時点である程度自分たちのプロダクトにあったWebマーケティング施策が成功し、その媒体に合った顧客からの認知や売上が上がっている段階で、さらに広めたいときに使われます。

    先ほどの美容/コスメの例をあげると

    Instagramのボリュームユーザーの20〜30代中盤の女性像には十分リーチできた。しかし今後は男性美容も進めていきたいので、男性ユーザーが多いTwitterも注力していこう。

    パイを大きくしていく際に、別媒体を活用する、そしてそれがどれくらい効果があるのかを予測するという仕事になります。

    現状の課題をもとに決める

    先ほどのWebマーケティングの流れの図のなかに合った施策を改善していくといのもWebマーケティングの仕事内容の1つです。

    Webマーケティングは全体最適化がとても重要です。

    たとえば…
    • PVがどれだけあってもCTAが悪いと赤字運用
    • CVRがどれだけよくてもPVがないと低売上

    なので、フェーズに合わせて改善していくのですが、1周したら全体最適をするように改善していきます。どの点が弱いかや課題があるかを見極めるのは、Webマーケティングの重要な仕事です。

    ❷予算内でのWebマーケティング施策の配分決定

    行うべき施策が決まったら、それの予算配分を行います。Webマーケティングは全体最適と言ったように、単一施策に予算をつぎ込むことはありません。基本的には複数の施策を掛け合わせします。なので予算配分は重要です。

    予算配分を間違えると、施策がまったく効果を出さないということはよくあります。Webマーケティングの仕事の肝は限られた予算を使って、最大成果を得ることです。

    なので予算をどう使うかを決定するのは、とても責任のある仕事です。

    ❸実際に運用し、得られたデータを分析・改善

    そして施策の中で得られたデータを分析して改善するために、再度施策の決定と予算の組み直しをし、さらにWebマーケティング効果を上げていきます。

    Webマーケティングを担当する職種

    ではどういった仕事がフリーランスのWebマーケターにあるのでしょうか?大きく分けると4つになるでしょう。

    • メディア関連
    • 広告運用関連
    • SNS運用関連
    • CRM関連

    詳しく解説していきます。

    メディア関連の仕事

    企業がWebマーケティングで使うメディアは殆どがオウンドメディアになります。オウンドメディアとは、固定読者/ファンや検索ユーザーに最適な情報を提供した上で、自社製品の販売や認知につなげる手法になります。

    この手法を取り入れるメリットは、ユーザーをたくさん抱えるプラットフォームを活用できる点です。

    • 自然検索流入であれば、Google
    • SNS流入であれば、Twitter,Instagram など

    数千万人のユーザーを抱えているプラットフォームで自社の宣伝ができるので、上手くWebマーケティングができれば、認知と売上を劇的に伸ばすことができます。

    なので多くの企業でオウンドメディアの運営を行っているのです。

    メディア関連の仕事で必要なスキル

    大きくは5つになります。

    • マーケ戦略立案スキル
    • 執筆/編集スキル
    • デザインスキル
    • SEO対策スキル
    • データ分析スキル
    • (ディレクションスキル)

      オウンドメディア運営はコンテンツマーケティングという手法になります。その手法の入口から出口までをこなせるようになるのが重要です。

      フリーランスとして仕事を受けるのであれば、全てをやるということはあまりありません。一部分を担当することがほとんどです。なのでどこでも対応できるようにしましょう。

      SNS運用関連の仕事

      自然検索流入を見込めるプラットフォームであるGoogleと並び大きな成果を見込めるのが、SNS運用です。

      SNSの特徴はバズと呼ばれる現象が起きる(起こす)ことで、一気に知名度を上げることができます。瞬間最大風速はGoogleでの自然検索より圧倒的に上であり、徐々に成果が出るSEOと違い、たった数日で有名になることができます。

      とは言っても、なかなかそんなことが起きる可能性は高くないのでこちらも地道な運用が求められます。

      SNS運用の仕事で必要なスキル

      大きくは3つになります。

      • データ分析スキル
      • クリエイティブスキル
      • タグ選定スキル

        SNSは更新頻度が高い媒体になりますので、データ分析を高速で回す必要があります。どんな投稿がどの層に受け、どの時間帯がもっとも反応がいいか?を瞬時に見分ける必要があります。なので非常にスピーディーにPDCAを回すスキルが必須になります。

        また画像加工や図解などがSNS投稿では注目を集めることが多いので、IllustratorやPhotoshopを使えるのも重要です。

        そしてSNSではタグ検索で情報を集めている人も多いので、今どんな投稿が話題なのか?それはどんなタグで検索されているのか?を洗い出して、自分たちの投稿に活かすことが大切になります。

        広告運用関連の仕事

        Webマーケティングとして1番主流で、ほとんどの企業が取り入れているのがWeb広告です。

        広告であればお金さえ払えば多くの人に見てもらえる場所を確保することができるので、早く認知と売上を上げたい企業には最適な施策です。なのでどこの企業も力を入れており、その分仕事もたくさんあります。

        広告運用関連の仕事に必要なスキル

        広告は様々な場所に出稿することが可能です。例を挙げると

        • リスティング広告
        • SNS広告
        • ディスプレイ広告
        • 他メディアへのバナー広告

          などです。そして必要なスキルは

          • 分析スキル/改善スキル
          • アカウント整理スキル
          • クリエイティブ制作スキル

          といったものになります。アカウントには色々な出稿条件を作っていくので管理する力が求められます。

          CRM関連の仕事

          CRMとはの略で顧客管理システムと訳されます。1度自社に対して何らかのアクションをした人のデータを貯めることで、再訪や再購買などを促したりすることでファン化や定期顧客にすることが重要です。

          Webマーケティングというと「新規の顧客を獲得するのに広く情報を届ける」という印象がありますが、実際にそればかりだと運用コストもかかる上に、実績予測が立ちづらくなってしまいます。

          なので1度アクションしてくれた人を逃さないための施策も、重要なWebマーケティングとなります。

          CRM関連の仕事に必要なスキル

          CRMに関しては必要な集客スキルが明確です。

          • メルマガ配信
          • LINE@運用
          • MAツールの活用

            となります。いわゆるリターゲティングに関する内容です。アクションを起こしてくれた人と近い距離でコミュニケーションを取ることになるので、親しみやすさや細かいニーズの把握と対応が重要となります。

            Webマーケティングの仕事内容の魅力は?

            ここまでWebマーケティング(マーケター)の仕事内容を説明してきましたが、では仕事の魅力はなんでしょうか?現役でフリーランスのWebマーケターをしている僕が感じる魅力を3つ挙げると

            詳しく解説していきます。

            自分の打った施策が売上や認知度向上に直結する

            Webマーケティングの仕事の結果は明確な数字として結果が帰ってきます。それはPV数であったり売上額であったりなどです。そして目指すべき数字はフェーズによって変わります。それを試すためにあらゆる施策を考えて打つことができます。

            Webマーケティング施策は多種多様でまったく施策の回しかたや見れる反応や届く属性が変わります。なので色々なことを試したいという興味関心が強い人にとっては、とても面白い仕事内容になります。

            正解のない中、様々な施策を検討し実行する

            そしてWebマーケティングの仕事はまったく正解のない世界です。エンジニアであれば決まったサービスを動かせるようシステムを作る、デザイナーであれば決まったデザインをコーディングする、などゴールを明確にした上で逆算して仕事を進めていきます。

            一方でWebマーケティングはゴールもなければ最適な施策が何かも、仕事がひと段落してやり終えた後でもわかりません。もっとこうすれば良かったのではという反省点はありますが、果たしてそれが明確に正解であるかもわかりません。

            なので仕事に対して明確な正解はなく、むしろ自分のやることを正解にするように動いていきます。そのために様々な手法を使うことができるので、非常に主体的に仕事に取り組むことができます。

            成果が上がると収入が上がりやすい

            Webマーケティングは年収の上がりやすい仕事の1つです。理由は自分が成果を出せば会社やクライアントの売上が青天井に伸びる可能性があるからです。

            あなたに払っている報酬や給料以上稼いでくれたら、赤字にはならないのです。これがWebマーケティングの仕事の特徴です。売上や利益を作り続けることができるので、優秀なWebマーケターを多少高く雇っても、それ以上に効果が出れば全然問題ないのです。

            ここで僕の収入を紹介します。現在フリーランスのWebマーケターとして10社との取引があり、月収は150万円前後です。実際会社員のWebマーケターでこれくらい稼ぐのはほぼ無理でしょう。フリーランスならではでしょう。

            参考記事としてWebマーケターの年収に関する記事を紹介しておきますので、ぜひ読んでみてください。

            Webマーケターの仕事内容は面白すぎる

            個人的な見解ではありますが、Webマーケターの仕事は面白すぎると感じています。

            整理すると
            • 色々な施策を裁量を持って試せる
            • 数字としての成果が目に見える
            • 収入が上がりやすい

            この点で僕は面白さを感じています。もしWeb業界やWebマーケター未経験であっても、この職種の需要は伸びており人手不足なので、もし記事を読んで興味を持った方は、【高い再現性を紹介】Webマーケターになるには何をするべきか?|現役フリーランスが解説という記事で、実体験をもとにした内容で金融機関職員→SEO対策会社→フリーランスへの転身方法を紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

             

            当メディアが目指すもの

            当メディアのコンセプトは

            Web/ITスキルを手に入れ、リモートで物価の安い国でセミリタイアをして緩く生きよう

            という価値観のもと運営しています。こういうとフリーランスが真っ先に思い浮かびますが、そうでもありません。様々な社会情勢から今後は会社員であっても、時間や場所を選ばずに働ける可能性が高くなります。そうなると会社員としての安定給料を得ながら、フリーランスの柔軟な働き方といういいとこ取りができるようになります。

            しかしそれができるのもWEB/ITスキルがあり、仕事がしっかりできる人だけです。なのでまずその職種に就くことがスタートになります。

            なのでそのための自己投資が必要です。特にWeb業界は人に仕事が付いてきますので、スキルと人脈はマストです。それを得るために一番早いのが、その業界に転職し修行をすることです。

            実際に僕も金融機関からSEO会社に入り勉強をした後、フリーランスとして独立しました。おかげで初月から会社員の給料を超え、2年目以降からは月収100万円を切ったことがありません(現在4年目)

            すぐに独立したい気持ちはわかりますが、それをした過去の人を見ればわかるように全然食べていけません。急がば回れとはまさにこのことです。

            将来的な独立・フリーランスを目指しているのであれば、Web業界に転職し2〜3年修行すれば、その後5〜6年は仕事に困りません。なので未経験の人はいい会社に転職しましょう。

            そんな方に未経験でも転職支援をしてくれるおススメのWeb/IT専門の転職エージェントを紹介します。各社特色があるので、ぜひそれぞれ登録してキャリア面談をしてみてください。

            きっと良い出会いに恵まれますよ。

            マイナビクリエイター
             
            人材紹介最大手のWEB業界専門エージェント

            マイナビクリエイターはご存知株式会社マイナビが運営する求人情報サイトです。

            マイナビクリエイターの特徴は…
            • キャリアアドバイザー情報が載っているので、自分が相談したい人を指名できる
            • ポートフォリオや履歴書は作成サービスを利用できる
            • マイナビの取引先紹介も可能

             

            公式HPにはキャリアアドバイザーの顔写真・名前・自己紹介が掲載されています。それを見れば自分が希望しているキャリアにはどのアドバイザーが最適化を事前に把握することができるので、面談セッティング時に指名することが可能です。

            またマイナビがこれまで取引してきた信頼と実績のある会社への紹介が可能なのもマイナビクリエイターの特徴です。取引実績があれば、個別の企業の採用に対して具体的なアドバイスができます。そうすることでより自分のキャリアの明確化と入りたい企業の対策ができます。ぜひ活用してみましょう。

            シンアド
             
            経営層/決裁者クラスの担当からの求人依頼を扱うエージェント

            シンアドは株式会社ホールハートが運営する転職サイトです。

            シンアドの特徴は…
            • 完全Webマーケティング専門のエージェント
            • 経営層/決裁者クラスの担当からの求人依頼を扱っている

            シンアドは上記2つと違うのがWebマーケティングのみしか扱っていないということです。なぜそれができるのかというと、ポイントの2つ目に挙げた管理職上位の担当者とのつながりから来る求人ばかりを扱っているからです。

            権限が強い社員に紹介するからには、半端な応募者を紹介するわけにもいかないので紹介できないとい場合もあるそうです。しかし闇雲に紹介しない分、紹介先からもらえる仲介手数料が少なくなってしまうので、より年収が高い求人を紹介することに徹底しています。実際にシンアドで転職をした人の多くが前職より年収が上がっているようです。

            またそういった担当者とつながれる秘訣は、キャリアコンサルタントが元業界人というのも大きいです。Web業界は横のつながりが非常に強いので、他ではない求人を持って来れます。

            また元業界人なので、内部のことを包み隠さず教えてくれるので、自分の希望をきちんと話せば、最適なキャリア形成を支援してくれます。

            是非活用してみましょう。

            マスメディアン
             
            教育/研修の実施で未経験からWeb業界への転職を支援

            マスメディアンは紙媒体からWebコンテンツまで幅広いメディア・広告を手がけている株式会社宣伝会議が運営している、Webマーケティング/クリエイティブ制作の求人案件を紹介しているサイトです。

            マスメディアンの特徴は…
            • 老舗ならではの業界のコネクションを多数持っている
            • よりWebマーケティング/ディレクター領域に特化し業界No.1の情報量
            • 未経験でも受けられる教育/研修がある

            宣伝会議自体は2019年で創業65年になる業界の老舗企業で、メディアや広告業でクライアントを支援してきました。その信頼にから宣伝会議での求人掲載をしている企業も多数で、業界1位と言われています。

            また宣伝会議はほぼ毎日勉強講座や研修を実施しています。(詳細ページ:https://www.sendenkaigi.com/class/)

            なので未経験であってもしっかりと基礎を叩き込むことができます。そして勉強会に参加しながら自分のキャリアを明確にしていき、それをそのままアドバイザーに伝え転職活動を行うことができるので、非常にスムーズに進めることができます。

            ぜひ活用してみましょう。

            Webist
             
            働き方の多様性を意識した案件を豊富に扱う

            WebistはWeb/ゲーム/出版とあらゆるクリエイティブ分野の事業を手掛けるクリーク・アンド・リバー社が運営する求人情報サイトです。

            Websitの特徴は…
            • クリエイター案件が豊富
            • 働き方の多様性を意識した案件が多い
            • 経営層/決裁者クラスの担当からの求人依頼を扱っている

            もともとクリーク・アンド・リバー社代表の井川氏はフリーランスの映像ディレクターでした。ある仕事でアメリカのクリエイターとの合作を作る際に、アメリカではフリーランスの所属するユニオンやエージェントがあるのを知り、日本のフリーランスクリエイターとの差に愕然としたそうです。

            それをきっかけに、同様の組織を作るためにクリーク・アンド・リバーを創業したという経緯があります。なので、会社自体が柔軟な働き方の気質もあり、またそういった案件を紹介をしてくれます。

            クリーク・アンド・リバーが提供する案件は他のサイトとは違い、かなりクリエイティブ要素の強い案件が豊富です。他にはないような、映像/ゲーム/アミューズメント/アニメなどがあります。かなりクリエイターよりのサイトになります。

            なかなか自分に合ったサイトが見つからないというクリエイターの方は、ぜひ登録して案件を探してみてください。

            レバテックキャリア
            Good Agent Award2017で特別賞受賞の転職エージェント

            レバテックキャリアは株式会社レバレージーズが運営する転職サイトです。

            レバテックキャリアの特徴は…
            • Good Agent Award2017で特別賞をもらう実績がある
            • WEB/IT業界すべてを網羅した求人数
            • 日曜以外のすべての時間で対応している

            レバテックキャリアは2017年に転職エージェントを有識者が評価するGood Agent Awardで特別賞を受賞しています。この賞には「求職者・企業への踏み込み度」「協働性」「新規性」の3つの観点で評価されます。日本には現在18,000社を超える転職エージェントがありますので、その中から賞を受賞するのは非常に大変です。なので特別賞を受賞したレバテックキャリアは非常に求職者に寄り添う転職エージェントだということがわかります。

            またレバテックキャリアはWEB業界だけでなくIT業界、特にエンジニア転職にも力を入れています。インターネット関連で転職を探している人で仕事が見つからない人はいないでしょう。

            おすすめの記事