The following two tabs change content below.

たかや@初任給セレブ

生活費10万円でジム・プール付きコンドミニアムに住んでる@台北 広島大学経済学部→三菱系金融機関→SEO対策ツール開発会社/法人10社でメディアディレクター&WEBマーケター&ライター クライアントワークで日本円大卒初任給(月20万円)を稼ぎ海外生活がモットー/元Airbnb宿泊&書道体験ホスト プロフィール記事・動画はこちらから!
佐藤さん
Webマーケターになるにはどうしたらいい?Webマーケターになるために必要な力ってなに?
山田さん
未経験のうちからWebマーケターになるためにやるべきことは?

今回は、現在法人10社でWebマーケティング(SEO対策とコンテンツマーケティングがメイン)支援をしている僕が、こういった疑問に回答して行きます。

記事を読み終わる頃にはあなたがやるべきことが明確になっており、明日から行動できるようになっています。ぜひ参考にして頂ければと思います。

(この記事は5分ていどで読める内容となっています。)

Webマーケターになる方法

Webマーケターになる方法はいくつかあります。その代表的なものが以下の4つでしょう。

  • Webマーケティングの機能会社に就職する
  • 派遣社員としてWebマーケティングの仕事のみを請け負う
  • 事業会社でWebマーケターとして採用される
  • フリーランスとして業務委託で仕事を取る

 

この4つに絞られてきます。しかしそれぞれWebマーケターになる難易度が違います。いま自分がどのレベルであるかを客観的に見極めたうえで、Webマーケターに一番なりやすい方法を見つけましょう。

難易度低:機能会社に就職する

一番Webマーケターになりやすい方法が、Webマーケティングの機能会社に就職することです。

機能会社というのは聞き馴染みのない言葉かもしれません。簡単に言うと特定の領域・分野の仕事のみを行う会社のことです。具体例を挙げると以下のものも機能会社と言えるでしょう。

  • Webサイトやコンテンツを作る、制作会社
  • お金周りを管理する税理士事務所
  • 新しい卸先を探してくれる営業代行

 

つまり、事業の成長や拡大を特定の方法で支援してくれるのが機能会社です。そしてWebマーケティングにもそういった会社がたくさんあります。

Web系ベンチャー企業とダイレクトにつながれる『Green』というサイトをみてみましょう。

GreenでのWebマーケティング募集中の企業一覧

700企業以上がWebマーケターを募集しています。そしてほとんどが機能会社です。こういったWeb系ベンチャー企業をはじめ、非常にたくさん求人があるので就職することですぐにWebマーケターになることができます。

難易度低:派遣でWEBマーケティングのみの仕事をする

もうひとつ簡単な方法として派遣でWebマーケターとして就職するのもおすすめです。派遣のメリットはいくつかあります。

  • 自分に関係ない業務はしなくても良い
  • 残業が少なく休みもしっかり取れる
  • 意外と給料が高い

 

正社員になると、どうしても自分の業務以外の雑務などもやらなければいけない場合があります。

しかし派遣社員は基本的に派遣登録をしている会社の社員なので、そこで決めた業務規定の範囲から出ることはありません。なので特定スキルを磨くにはうってつけです。

しかも意外と時給が高いので月給30万円前後は得られやすいです。たとえばこちらは時給1,700円なので、20日勤務で270,000円の給料になります。

WEB求人でのWebマーケティング求人一覧

こちらのサイトは『WEB求人』というサイトです。派遣や契約社員としてWebマーケターになりたい人におすすめです。

難易度中:事業会社のWEBマーケティング部署で採用される

少し難易度が上がりますが、事業会社のWebマーケター職として採用されるという方法もあります。事業会社に入ることと機能会社に入ることの違いはというと

  • 自社サービスを大きくすることだけにコミットできる
  • 予算と決定権を握っている(事業会社が)のでやりたい施策が打てる
  • 実績がそのまま自分につく

 

というメリットがあります。しかし実際にWebマーケター職として採用されるのは、経験者であることが多いので、まずは機能会社や派遣で経験を積むことが必要でしょう。

難易度高:フリーランスとして仕事を取る

一番難しい方法としてはフリーランスとしてWebマーケティングの仕事を取ることです。この方法は会社での経験と成果を出したと言う実績が必要になるでしょう。ちなみに僕もこのステップを踏んでいます。

仕事を取る方法はいくつかありますが、以下の方法に絞られるでしょう。

  • 業界や知人のつながりで仕事をもらう
  • エージェントやマッチングサイトを利用する
  • 法人営業やネット営業をする
  • 自分で営業活動をする

 

といったところです。僕はすべてを使い今まで20社近くの会社と仕事をしてきました。いま現在は7社で半年以上継続的に仕事をさせてもらっています。

Webマーケターになるために必要な力

これに問題を感じないのであれば、Webマーケターになれるでしょう。

数字の分析力

Webマーケターは数字とにらめっこするのがほとんどです。どんなにいい企画を立てられたとしても、データに基づいていないものは却下されます。

  • 集まってくる各データをきちんと分析できるか
  • それを的確に素早く判断できるか
  • その仕事自体が苦でないか

 

というのが、Webマーケターになる最重要な資質です。

仮説立てし企画する力

次に集まってきたデータ同士を紐付け分析し、仮説を立てて検証するための企画をできるかが重要になります。わかりづらいので具体例を出してみます。

あるプログラミングスクールのメディアではCVが出る傾向で以下のようなものがある。

  • 時期は1月/3〜4月/8〜9月
  • 男女比は8:2
  • 年齢層は18〜29歳
  • 属性は大企業勤務の人や有名大学の学生が多い

 

これらのデータから以下のことが仮説立てできる

  • 新しいことをチャレンジできる節目となる1月や4月に社会人が動き出す
  • 夏休みや就活前のスキルアップで学生が動き出す
  • 総じて情報感度が高くキャリアップ志向が高い人が多い
  • もしくわ将来に不安を抱えている人や、今の働き方に不満を持っている人が多い
  • 割と高い買い物でも耐えられる経済力がある

 

など。簡単な設定と分析だがこういったことが思い浮かぶかが重要です。そしてこの仮説をもとに、これらの人に合った企画や広告を作るのがWebマーケターの仕事です。

いろいろな発想ができるかも重要な資質です。

各集客チャネルの特徴や違いの理解

そしてその企画や広告をどのチャネルに流し集客するかが成功の鍵です。なのでWebマーケターはそれぞれの媒体が、

  • どういった層の人に
  • どのように届けられ
  • どうアクションするか

 

を理解していることが大事です。SNS・動画・記事・広告などさまざまあります。そしてそれぞれ特徴があり届け方も届く相手も異なります。なのでデータからペルソナ属性を割り出し、その人に刺さる企画を作り、きちんと届けるまでするのです。

ここまで出口の回収までがWebマーケターの仕事です。最後の部分で間違うといままでの仕事がすべて無駄になってしまいます。なので各集客チャネルの違いを正しく理解することが非常に大切になってきます。

未経験から最速でWebマーケターになるには、実際にやってみること

では、未経験からWebマーケターになるにはなにをすればよいのでしょうか?答えは簡単で、実際にやってみるのが一番です。

❶まずは何を売るかを決める

Webマーケティングはあるサービスや商品を認知させ拡販させることです。なので何を売るかを決めることが重要です。

売るものといっても自分で1から作る必要はありません。アフィリエイトのようにある会社のサービスを売れば報酬を得られるサービスがいくつもあります。

そのなかで自分が売りたいものや相性の良さそうなものを選んでみましょう。

❷最適な集客チャネルを開設する

売るものが決まったら集客チャネル絵を開設しましょう。集客チャネルは以下の2つの観点をもとに選びましょう。

  • その商品を使う人がたくさん集まるプラットフォーム
  • 自分が発信するのに得意なプラットフォーム

 

例えば、美容商品は現在InstagramやYouTubeなどで検索→購入の流れが強くなっており、昔ほどGoogleで検索するということが少なくなってきました。そして自分自身Instagramが得意なのであれば、それを集客チャネルとしてWebマーケティングしてみましょう。

反対にまだまだ検索で商品やサービスを探すといったジャンルもあります。まずその商品のペルソナ属性を把握し、それに合ったチャネルを作りましょう。

もしくわそのジャンルで特定チャネルの競合がまったくいないので、最初にポジションを取るのも有効な戦略でもあります。

❸予算を設定し施策を回す 

Webマーケティングの最重要の課題は『限られた予算で売上を最大化する』です。なので必ず予算は設定しましょう。

しかし実際に自分で運営するからお金はかからないという場合も多いでしょう。その場合は「自分の時給×時間」を予算としましょう。仮に時給1,500円で月間60時間は施策に割けるとしたら、予算は9万円になります。

その時間で売上を最適化するのに、どんな施策ができるかを考えましょう。

❹分析をし改善していく

ある程度施策を回したら改善していくのが重要です。やりぱなっしはよくありません。たとえ結果が出ていたとして、ちょっとした改善で大きく売上が向上する可能性があります。

数字をもとにより効率的に認知と売上をあげることがWebマーケターの役割です。かならず分析と改善を回していきましょう。

Webマーケターになりたい人が使うべき転職エージェント

もしWebマーケティング業務が未経験であるならば、使うべきサイトは業界特化型の転職エージェントです。おすすめなのは以下の3つです。

 

リクナビやDodaといった大手の転職サービスもありますが、これらは総合転職支援サービスになります。なのでWeb業界以外の求人も多く、担当者も業界知見が疎い傾向があります。

一方で上記3つで紹介した、「マイナビクリエイターマスメディアン」シンアド」は、Web業界に特化した転職サービスなので、担当者の業界・職種知見が豊富なので、ご自身にあった仕事を紹介してくれます。

さらに未経験の人にとっては業種業界の理解が乏しいので不利になりがちです。しかし業界専門エージェントの面接対策などで傾向を掴めば、希望の会社の希望職種に就ける可能性も高くなります。

正社員で絶対に就職した人は、ぜひ登録して担当者に相談してみましょう。

おすすめは会社+プライベートで運営すること

未経験からでもすぐに戦力となるWebマーケターになりたいのであれば、一番のおすすめは会社員としての仕事+プライベートでの実践です。この両輪を回すことで倍速で成長することができます。

  • 会社員だとどうしても会社の知名度や予算で成功が左右される(本物の実力がわからない)
  • 個人だけだと得られる情報や経験が会社員に劣る
  • 会社で得た経験を自分で実践することができる

 

両方で良い面も悪い面もあるので、それを両方カバーするのが会社+プライベートです。そうすることでインプットとアウトプットを同時にできるようになります。

なので未経験からすぐに戦力となるWebマーケターになりたいのであれば、副業ができるところや副業をする余裕のある会社選びも重要になります。

そういった意味でもどういう働き方や業界が良いのかをしっかりと判断しましょう。もしわからなければ冒頭で紹介したサイトを利用して、研修を受けてみるなり業界担当者に相談すると良いでしょう。

自分に合った素晴らしい仕事が見つかるはずです!

おすすめの記事