The following two tabs change content below.

たかや@初任給セレブ

生活費10万円でジム・プール付きコンドミニアムに住んでる@台北 広島大学経済学部→三菱系金融機関→SEO対策ツール開発会社/法人10社でメディアディレクター&WEBマーケター&ライター クライアントワークで日本円大卒初任給(月20万円)を稼ぎ海外生活がモットー/元Airbnb宿泊&書道体験ホスト プロフィール記事・動画はこちらから!
佐藤さん
Webディレクター職に興味があるが未経験からでもできるのだろうか...
山田さん
未経験からWebディレクターになるのに今からできることは何だろうか...

今回はこういった悩みに、未経験からたった2年でフリーランスのWebディレクターとなった僕が

『完全未経験からWebディレクターになるまでの準備から志望動機、そしてフリーランスになるまでのステップ』

について紹介していきます。この記事を読めば明日から行動に移せるように具体例を交えて解説しています。ぜひ参考にして頂ければうれしいです。

(この記事は5分程度で読める内容となっています。)

Webディレクター未経験の人が転職するために準備するべきこと

未経験からWebディレクターになるのはいくつかのステップがあります。それが以下になります。

詳しく解説していきます。

1.まず何系のWebディレクターになるかを明確にする

Webディレクターと一口にいっても、実際にその種類は様々あります。まずはどんな種類のWebディレクターがあるのかを把握しましょう。

Webサービス・アプリ系

Webサービスやアプリ系のディレクターは、Web上やスマホアプリで提供されるサービスの制作・運用・保守のディレクションを担当します。ご存知の通り、Webサービスやアプリは多種多様です。

  • マッチング系
  • 口コミ情報サイト
  • オンライン学習教材
  • エンタメコンテンツ配信

 

などなど。Webサービス・アプリの種類や数だけ、Webディレクターとしての仕事があります。

Webメディア系

Webサービス・アプリを認知させる目的で近年使われてきている手法にコンテンツマーケティングというものがあります。これはWebサービスを使う人の興味関心があるであろう内容の記事をオウンドメディアに蓄積し、検索をメインに集客します。

その運用するメディアのマーケティングプランの設計やライター・デザイナーのアサインやスケジュール管理などを行うのが、Webメディア系のディレクターの仕事になります。

サイト制作系

サイト制作系のWebディレクターは上記2つのサービス系・メディア系を紹介するサイトの制作管理をするディレクターになります。

公式HPやオウンドメディアのみならず、LPやSNSに投稿する広告クリエイティブなども担当することがあります。

2.決まったら手を動かして一通り制作をしてみる

未経験からWebディレクターになりたいのであれば、なりたい職種を体験する必要があります。

理由は、制作過程を知らない人が上に立つと、間違いなくプロジェクトが行き詰まり必ず頓挫するからです。

  • 全体像が見えない
  • つまずきク/面倒ポイントがわからない
  • クリエイターの気持ちに配慮できない

 

未経験者が上に立つと、責任者とクリエイターの間に立つディレクターで仕事がスムーズに進まなくなります。なのでWebディレクターになりたいなら、まずは自分自身で制作と運用をすることが大事です。

Webサービス・アプリ系ならプログラミング

Webサービスやアプリのディレクターになりたいなら、まず自分自身で簡単なものでいいのでサービスやアプリを作ってみましょう。

サービスを作るとなれば必ず使うのがプログラミング。どんなサービスを作るかによって最適な言語は違いますが、ひとつの言語を覚えると他の言語の理解も早くなると言われています。

つまり0→1の壁は大きいが1→10はスムーズになります。なので作るサービスを決めたら、それに必要な言語のみを徹底的に覚えるようにしましょう。

そしてそれぞれの工程での

  • 検討すべき内容や検討方法
  • その上で要件定義したこと
  • 制作進行管理の方法

 

などを記録するようにしましょう。

Webメディア・サイト制作系なら記事制作やデザイン(HTML/CSS)

メディアやサイト制作のWebディレクターになりたいのであれば、自分のメディアサイトを制作・運用するようにしましょう。

一番イメージしやすいのが、アフィリエイトサイトや特化メディアの制作と運用です。自分でメディアを作りデザインを整え記事を書き運用しましょう。

デザインはわざわざ0から作る必要はありません。まずはテンプレートを微調整できるとこから始め、徐々に1から組み立てれるようにしましょう。

3.実際に少人数のチームで運営をしてみる

自分でサービスやメディアを作れるようになったら、その部分を外注や少人数のチームに置き換えてみましょう。そしてあなた自身はディレクターとして

  • 進捗管理
  • 予算管理
  • 分析&改善案出し
  • 業務の振り分け

 

などをしてマネジメント経験をしてみましょう。ディレクターと制作者では必要となるスキルが異なります。より全体を見るようになるので、それは実際に人に依頼することでスキルを養いましょう。

未経験でもWEBディレクターの適性がある人の特徴

そもそも未経験の自分がWebディレクターに向いているのか?と思う人も多いのではないでしょうか?たしかに未経験なのにお金をもらって仕事をするのですから、不安に感じるのも無理はありません。

そこでたとえ未経験であっても、Webディレクターに適正がある人の特徴を紹介します。

IT/WEB業界やサービスへの関心が高い

もっとも大事なことはITやWebに感心があるかどうかが重要です。日々技術革新で新しいサービスが生まれたり、消費者の嗜好の変化に合わせたマーケティング戦略の多様化など、トレンドの移り変わりが早く激しい業界です。

そういった変化をおもしろがりのめり込めることが大事になるでしょう。

中間職として上手に仕事を整理して振ることができる

Webディレクターは責任者とクリエイターの間をつなぐ存在です。

上から来た情報や要望を整理し、クリエイターに依頼する。依頼したクリエイターのスケジュールや品質管理をして、最終納品します。それがWebディレクターの仕事です。

上と下からいろいろ意見を言われ、双方に伝えたり折衷案を考えるなど、ややこしい立場になります。しかしそれを楽しめる必要があります。

人と意見を交わし1つのものを作るためにマネジメントすることが好きな人には、Webディレクターは向いているでしょう。

制作知識やスキルの向上心を持っている

Webディレクターになるには制作スキルは必須となります。なので、仮に制作から運用に変わっても制作に関する知識やスキルは、キャッチアップする必要があります。

コンテンツであれば最新のSEO知識、デザイン制作であればコンバージョンにつながりやすいCTAなど。言ったように廃り流行りの波が早く、新しいとされていたものがたった1年で古いものになることは珍しくありません。

クリエイターは仕事柄最新の情報やスキルを取得していきます。しかしその上に立つディレクターが知らないと、役割における力関係が逆転するのでスムーズに業務を進めることができなくなります。

なのでWebディレクターになっても、制作スキルや知識をつねにアップデートできるかが重要になります。

未経験からWebディレクターになるための志望動機

ではここで転職をイメージした志望動機を、例文をもとに紹介します。

あくまで例になるので参考程度にして、自分なりの志望動機を考えてみましょう。

例1)様々なWebサービスの成長に貢献したい

【例文】

自分が学生の頃にスマートフォンが普及したことで、さまざまなWebサービスが生まれ今までの生活が一変しました。買い物は自宅でできるようになり、航空券やホテルはひとつひとつサイトを見比べて決めていたものが、比較サイトで簡単に安いものが見つかる便利な世の中になりました。

そういった変化を十分に享受できる世代にいる自分だからこそ、これから必要とされるサービスを生み出す側に回りたい。そしてそのサービスを使い続けることが当たり前になるようなものを作りたい。

例2)制作の経験を活かしキャリアアップしたい

【例文】

もともとはアプリの開発をしてきました。ひとつのサービスを0から生み出し大きくすることは、自分自身の成長にも非常に大事な経験であった。

一方でさまざまなサービスを大きくしたいという思いもあります。ディレクターになれば、複数同時にプロジェクトを回す機会を得られる可能性がある。そうなれば制作で培ったスキルや経験・知見をいろいろなサービスに活用することができると思います。

サービス開発者としての制作スキルは多展開することで、より魅力的なサービスの創出と自分のキャリアアップにつなげたい。

Webディレクター未経験者でも仕事が見つかる求人サイト

Webディレクターという職業は便利で、正社員でも個人事業主やフリーランスといった形態のどちらでも仕事が取れます。しかし雇用形態で使えるエージェントが違うので、自分にあった方を選ぶようにしよう。

正社員を目指している人向けの求人サイト

もしWebディレクター業務が未経験であるならば、使うべきサイトは業界特化型の転職エージェントです。おすすめなのは以下の3つです。

 

リクナビやDodaといった大手の転職サービスもありますが、これらは総合転職支援サービスになります。なのでWeb業界以外の求人も多く、担当者も業界知見が疎い傾向があります。

一方で上記3つで紹介した、「マイナビクリエイターマスメディアン」シンアド」は、Web業界に特化した転職サービスなので、担当者の業界・職種知見が豊富なので、ご自身にあった仕事を紹介してくれます。

さらに未経験の人にとっては業種業界の理解が乏しいので不利になりがちです。しかし業界専門エージェントの面接対策などで傾向を掴めば、希望の会社の希望職種に就ける可能性も高くなります。

正社員で絶対に就職した人は、ぜひ登録して担当者に相談してみましょう。

フリーランスを目指している人向けの求人サイト

フリーランスでもWebディレクターの案件は多いので、未経験でも仕事を取ることはできるでしょう。

 

上の4つはフリーランスの業務委託を専門にしているエージェントで、案件の単価の下限も20万円を下回ることはほぼない。なので仮に2つの仕事がとれたら40万円になり正社員より多くなるかもしれない。

そして業務委託になるので働く時間場所の制約は受けなくなり、仕事に対する指示も拒否をすることもできる。金銭的にも時間的にもゆとりを持って仕事をすることができるようになる。ぜひ案件を紹介してもらおう。

最後のGreenはWEB/IT系ベンチャー企業の正社員採用サイトになるが、企業とダイレクトにつながることができる。なので提案次第では業務委託でも仕事が取れたりもする。

ダイレクトにつながれるので、非常にスピーディーに決まっていくのでオススメです。

ぶっちゃけていうと、フリーランスのWebディレクターのほうが稼げる

たとえば機能会社の会社員として、外部のWebディレクターをしているとします。1つの会社のディレクターの契約が月額30万円だとして、それを複数4社担当したら120万円です。しかし、それでも手取りは25〜30万円程度に抑えられてしまいます。

  • 法人同士の取引なので価格が高くなる
  • 自分で利益をあげても、成績の悪い人や非収益部門の社員の給料にあてられる

 

こういうことが会社員だと起きてしまうのです。

しかしフリーランスになれば、自分でした仕事分のお金が入ってくるのです。法人契約のように1つの仕事が高くなることは少ないですが、それを複数持つだけで会社員の何倍も稼げるようになります。

しかし、Webディレクター未経験であれば一度会社員になるのがおすすめ

そう聞くと誰もがすぐにフリーランスになりたがろうとしますが、僕自身の体験も通していうと一度正社員になった方がいいです。

その方がフリーランスになってすぐに収入が高い位置で継続して得られるようになります。

理由①:未経験の人に業務委託のリモートで、大卒初任給並みの報酬は払えない

仮に自分が運営する側の立場になって考えてみましょう。

  • Webディレクターの経験なし
  • フリーランスで業務委託(リモート)
  • 報酬は月額20万円

 

この人に任せたいと思いますか?実績がないので結果が出るかもわからないし、教育などでむしろこちらに手間がかかるのでは心配になってしまいます。

だったら経験のある人を少し高い報酬で依頼するか、自社でやろうという判断になります。

理由②:お金をもらいながら学べる

会社員をおススメする理由の一番は「お金をもらいながら学べ実践できる」という点です。

強制的にその環境に飛び込むのが、その領域の知識を一気に吸収し成長する方法です。それは会社員が一番最適です。

理由③:有名会社に就職すれば、その名前を使って仕事が取れる

フリーランス初期でつまづかないために重要なのは、すぐに仕事を獲得して収入を安定させることになります。そしてそれをもっとも再現性高く実現させる方法が、会社の名前を使って仕事を取ることです。

僕の場合もそうですが、SEO対策ツールの開発会社で業界人やアフィリエイターなら誰もが知っているような会社で働いていました。その権威性を利用したので、フリーランス初期から3社から仕事を取れたのです。

未経験であれば、まずは会社員としてWebディレクター職に就こう

  1. まずは何系のWebディレクターになるか
  2. 決めたらその業界で有名な会社で働く
  3. 2〜3年の経験を積んだらフリーランスと独立

 

この手順を踏んでいくことで、フリーランスになったのに全然稼げないという状態に陥る悲劇を避けることができます。

いきなりフリーランスになるぞ!と考えていた人は一度立ち止まってみましょう。そしてこのステップでのキャリア形成も考えてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事