東京証券取引所に見学・投資体験しての感想。デイトレーダはつらいよ、、、

どうも、たかや(@tabigrapher)です。

本日はここに来ております!

そう!東京証券取引所!

株式会社東京証券取引所(とうきょうしょうけんとりひきじょ、英語: Tokyo Stock Exchange, Inc.)は、株式会社日本取引所グループ子会社で、日本最大の金融商品取引所である。略称は東証(とうしょう)。(引用元:Wikipedia)

東京証券所は、大阪証券取引所と名古屋証券取引所と共に「三市場」と言われているが、もっとも多くの企業が上場している市場である。

これまで、日本を代表する金融商品取引所として日本経済の成長に貢献してきた。またニューヨーク証券取引所やロンドン証券取引所と並んで「世界三大市場」に挙げられ、世界経済の中枢の一角を担っている

(より詳しく知りたい人はWikipediaで!)

誰でも無料で見学できる、実は身近な場所

東京証券取引所だったり、国会議事堂など一見普通の人が入れなさそうなところではあるが、実は超簡単に誰でも見学することができる。

概要

  • アクセス  日本橋D2出口より、徒歩5分 茅場町駅11出口より、徒歩5分
  • 見学時間  9:00~16:30(土日祝、年末年始除く)
  • 服装    自由

今日はオンラインサロンのメンバー5人で行ってきました。こんなラフな格好で大丈夫です。でも時間が平日の日中しかやっていないので

無職とブロガーしか来れない

という結論に至りました。(本当に来たい人は来れない場所、それが東証)

投資体験で性格が分かる

今回の目的は、仮想の投資体験をすることでした。

ここでは1000万円を運用して、仮想の3銘柄(自動車・銀行・ガス)を10日間(1日2分30秒で換算)運用して、より多くの利益を出すという、正にトレーダーを実感できる。

 

実際の取引をしている画面は、撮影禁止だったため、文章での説明になります。

この取引では1日経つと、経済ニュースが速報で入ってくる。

例えば

  • 自動車技術の進歩
  • 金利上昇
  • 資源需要の増加
  • 新興国の成長

など、個別銘柄に影響を与えるものや、全体的に株価変動を引き起こすものなど様々あります。

それが2分単位で入ってくるのを、正しく理解し素早く処理することが求められます。

しかも悪いニュースが売りとは限らない、次に良いニュースがあった際は大幅に上昇するので、底を見極めて仕込んでおく必要がある。これは実際の株式投資でもそうです。

デイトレーダーに向いてる人、向かない人

ここで5人で仮想で取引しているとよく分かるのですが、性格で全然取引が違います。隣で凄いカチカチクリックして、大量の売買をしているタイプの人や、ボクみたいに全部を満遍なく仕込み、適切な売買タイミングを見極めるタイプの人など。

性格やそもそもの元本によって取引方法が違うと思いますが、ボクはデイトレーダーは向いていないと実感しました。

結果3位でした。資産を約200万円ほど増やしましたが、3位なんで可もなく不可もなくって感じですね。

ボクは以前、仮想通貨のジェットコースターに耐えられなかった者ですから。利益あるうちに利確したんで、良かったですけど、待っていたら元に戻る波でした。投資は経験という言葉を肌に感じた体験でした。


デイトレは基本1日で価格変動の激しいものや信用取引をして短期間で、大きな利益を得ようとする取引です。

しかし、その一方に多額の損失や大きな金額を短期間で運用するというメンタル的に厳しいものがあります。今日は仮想で1000万円運用しましたが、これが現実世界に降りたときに、平常心で出来ると思えません。

また常に世界からの情報にアンテナを張り巡し、チャートに張り付きたくもないです。他にもやりたいことあるので。

簡単にまとめると

ボクは趣味が財務分析でもあるので、長期的に安心して資産を増やせるスタンスで取り組みたいので、今日みたいな短期的なデイトレはしません。

まえ記事にも書きましたが、富裕層の投資スタンスは「大きく負けない」こと。

もともとの資本金が大きいので確実に勝てば、着実に資産を増やせます。じゃあ資本が大きくない人はどうすれば良いか?

  1. 実業で自由に使えるキャッシュを貯める
  2. 少額の資本金をバブルに突っ込む、信用取引、レバレッジを掛ける
  3. お金を借りて運用する

くらいだと思います。自分が合ったものを選びましょう。ボクは投資家になりたいと思っていたのですが、そもそもビジネスをする基盤がしっかりしていないのと、キャッシュを稼ぐ柱が少ないという現状です。

なのでまず、自分の身の丈に合った投資と、確実にキャッシュを生む実業、に取り組んで行こうと思います。若いうちから複数の資産を形成するのは重要なことなので、深く考えていきましょう!

20代のうちに、投資家マインドを育てる。自分という最強の資産作りをする。




The following two tabs change content below.

takaya

昇 誉也(Nobori Takaya) 愛知県豊橋市出身 広島大学卒業後、就職浪人で2年を掛けて就活した後に、財閥系金融機関に務める「好きなことしたい!」と思いわずか、11カ月で退職。 Airbnbでゲストハウスを運営しながら、コンテンツマーケティング・SEO対策会社で週3出勤のライフスタイルを実現中の、Airbnb依存症ブロガー。 人気ブロガーのメディア2つの編集長とコミュニティの共同運営者を兼任。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    昇 誉也(Nobori Takaya) 愛知県豊橋市出身 広島大学卒業後、就職浪人で2年を掛けて就活した後に、財閥系金融機関に務める「好きなことしたい!」と思いわずか、11カ月で退職。 Airbnbでゲストハウスを運営しながら、コンテンツマーケティング・SEO対策会社で週3出勤のライフスタイルを実現中の、Airbnb依存症ブロガー。 人気ブロガーのメディア2つの編集長とコミュニティの共同運営者を兼任。