【無料レッスン体験記】TOKKUN ENGLISHの高い評判の理由は、応用言語学を基にした学習方法にあった

英会話スクールなんて、どこも一緒じゃない?

たかや
どうも、自宅留学生のたかや(@tabigrapher)です。

ボクはゲストハウス・シェアハウス運営という職業柄、日常レベルで英語を話す機会に恵まれ完全自力で英語の習得をすることができました。

なのでボク自身の持論は「英語を使わざるを得ない環境に自分の身を置け」ということなんですが、ほとんどの人がそれができません。

確かに仕方ありません。ボクの場合は「好きー仕事ー英語」という重なりが大きかったおかげで英語ができるようになりました。

皆さんがそれに当てはまるとは思いませんし、あてはまる必要もないと思っています。

しかしそれでも、『英語を話せるようになりたい!』と思う人が取るべき行動は2つ。

  1. 日常に英語を使わせる時間を組み込む
  2. 英会話スクール・サークルに通う

 

▼以前日常に英語を取り入れる方法はご紹介しました▼

留学なしで英語が話せるようになったボクがおススメする、日常に英会話を入れる方法3選

2017.09.20

しかし、これもなかなか難しい。何故なら自己流になってしまうので成果は見えにくいです。

なので今回ボクは複数の英会話スクールに体験レッスンに通ってみましたので、紹介していきます。

今回ご紹介する英会話スクールは

  • 最短で成果が必要なビジネスパーソンのために
  • 確実の成果の出るカリキュラムを持っており
  • 成果の出るカリキュラムを実施できるスケジュール管理体制があり
  • ビジネスレベルで世界に通用する英語力の取得を目指す

 

英会話スクールです。

  • とにかく成果を出すのを急いでいる!
  • ダラダラお金を払い続けたくない!
  • だらしない自分に喝を入れたい!

 

そんな方に必見です!

NewsPicksにも取り上げられらTOKKUN ENGLISH

TOKKUN ENGLISHのHPを是非一度見て欲しい。トップページのメッセージが強すぎて驚いてしまいます。

趣味で英語をやりたい人は来ない方がいい。

6時半起床。出勤までシャドーイング、通勤時間は洋書を多読し、寝る前にオンライン英会話。

1日3時間、1週間21時間。それを2ヶ月。

なぜここまでやるのか。チンタラやって身につくほど、英語は甘くないから。

あなたの英語力を伸ばす。そのために私たちが知っている全てを教えます。

本気の人だけ来てください。全力でお応えします。

引用元:TOKKUN ENGLISH公式HP

消費者にここまで強気なワードを使う広告、見たことありますか?

ここまで言い切れる理由は、圧倒的な成果がありビジネスマンからの絶大な口コミが援護射撃となっている。

【関連記事】:NewsPicksで合計3000Picsされた記事

【関連記事】:直近6ヶ月で申込数338%急増!2ヶ月でビジネス英語を習得!コーチング英語サービス『TOKKUN ENGLISH』

圧倒的英会話スクールでのカリキュラム内容を知れば、もしかしたら独学でもビジネスレベルの英語が習得できるのではないかと思い、実際に体験レッスンに行ってきました!

TOKKUN ENGLISHの体験レッスンを受けてみた

実際にTOKKUN ENGLISHの無料体験を受けに行ってきました。

今回ボクが体験をした校舎は池袋。

現在東京には池袋・新橋・神田に校舎があります。

エントランスを入ってビックリ!もの凄くきれいな校舎でとても英会話スクールがあるような雰囲気ではありません。まるで新進気鋭のベンチャー企業にいるかのようでした。

そこから中に通されてから、コンサルタントが来るまでに、簡単なアンケートに回答しました。

非常に驚いたのが、そのアンケート内容です。年齢や職業など一般的なこともそうなのですが、それに加えてかなりプライベートな質問も豊富でした。

  • 通勤時間は往復どれくらい掛かるのか?
  • 仕事は何時に終わるのか?
  • 残業は月にどれくらいあるのか?
  • 週何回飲み会があるのか?

 

といった、時間に関する質問が非常に多かったです。

あとでコンサルタントとの話で分かったのですが、TOKKUN ENGLISHの特徴の1つが短期で一気に実力を上げるためには、英語学習にどれくらいの時間を取ることができるのかを知り、徹底したスケジュールをすることが目的だったようです。

その後に簡単なライティング・ヒアリングのテストを行い、現在の自分の得意なところと課題感を知ります。

そしてその後TOKKUN ENGLISHの方針とカリキュラム内容の説明を受けました。そこで感じたのが、

たかや
英語を含めた第2外国語ってこうやって勉強するんだ!

と、正しい学習方法と時間を知ることができました。

TOKKUN ENGLISHの体験レッスンを受けてみて感じた、3つのメリット

メリット1:応用言語学に基づくカリキュラム

人が言語を理解する、脳のメカニズムを利用したカリキュラム

人が言語を理解し発信するまでに、脳では様々な過程を通している。

  1. 音声として単語が聞こえてくる
  2. 音声を頼りに自分のデータベースに蓄積されている情報(単語・文法。例文)にアクセスする
  3. 音声での認識と意味での認識が一致する
  4. 理解した意味を概念化(自分で説明できるように)する
  5. 再び自分のデータベースにアクセスして文章する
  6. 音声としてアウトプット・再現する

 

これが言語を理解し発信するまでに脳内で起きている情報処理である。

そしてポイントとなるところは最初の音声知覚、分かりやすく言うとリスニングである。最初のリスニングの精度が低いと、途中の過程の質もどんどん落ちアウトプットは最悪なものなってしまう。

なので言語を習得することにおいて最も重要なことはリスニング力であり、それを支えるの自分のデータベース量を多くしておくことである。

そのデータベース量を増やす勉強方法・確保する時間も明確であるのが、TOKKUN ENGLISHである。

メリット2:短期集中と徹底したスケジュール管理

TOKKUN ENGLISHのカリキュラム

TOKKUN ENGLISHは2ヶ月の短期で英語力を一気に上げる。その期間も人が短期間で集中力が持続できるのが7~8週間である。

そして2ヶ月の内でデータベースを増やすのと同時に、アウトプットまでの流れを滞りなく持っていくことを実現させる。

TOKKUN ENGLISHでのデータベースの増やし方

  1. シャドーイング(音声知覚):60分/日 2カ月継続
  2. 多読(意味理解):30分/日 2カ月継続
  3. 文法:60分/日 3週間
  4. 瞬間英作文(文章化):60~90分/日 2カ月継続
  5. 概念化(自分の言葉で説明):30分/日 後半1ヶ月でオンラインレッスン

 

ここまでみっちりと計画が組まれている。これが応用言語学を用いたTOKKUN ENGLISHならではのカリキュラムである。

この方法を知っていて、もし自力で取り組むことができるのならば、ネイティブレベルの英語力を得られる可能性もある。

メリット3:コンサルタントとの二人三脚

しかし、人間は自分に甘い生き物。ましてや普段働きながら空いた時間を見つける、もしくわ作って英語力を上げるための自己啓発に毎日継続して時間を取ることは容易ではない。

  • 今日は疲れているの明日余計にやろう
  • 昨日は多めにやったので今日は少し減らそう
  • 今日は飲み会があったので、週末余分にやろう

 

2ヶ月間サボらず甘えがでない人は多くはないはず。

そのために、TOKKUN ENGLISHでは2か月間マンツーマン指導をしてくれる専属コンサルタントが付いてくれる。

毎日LINEでその日のシャドーイングの録音などを送り、翌日フィードバックが来るようになっている。これで毎日報告や連絡することが日課となるので、サボらず少しずつでも前進することができる。

TOKKUN ENGLISHはこんな人におススメ

英語能力において、すぐに結果を出さないといけない人

たかや
2ヶ月以内で何かしら成果を求められている人は、成果の出るカリキュラムと徹底したスケジュール管理下において学習すべき!
  • TOEICで800点以上が昇進条件
  • 海外赴任の社内面接がある
  • 海外の取引先との大事な商談がある
  • 海外でのフォーラムでスピーチする

 

2ヶ月間ただ何となく、ダラダラと続けてもすぐには効果はでません。マイペースで進めた上で成果を出したい人にはある程度の時間的余裕が必要です。

しかしすぐに成果を出さないといけない人は

  • 成果の出る学習カリキュラム
  • カリキュラムを実行できるスケジュール管理下

 

この2つが必須です。

TOKKUN ENGLISHでは応用言語学を基にしたカリキュラム・スケジュールの両方が揃っているので、何としても結果を出したい・求めらている人には最適な英会話スクールです。

TOKKUN ENGLISHの無料体験を勧めるワケ

大人気TOKKUN ENGLISH、なかなか予約が取れない

ボクが無料体験レッスンを予約ページからして、すぐに返信が返ってきたのですが

10/30の次の予定が11/11を提示された。

約2週間は予約がいっぱいということで、大変人気であり思った通りに予約ができない可能性もある。

よって、いざ開始しようとしても予想以上に後になる

実際にボクが最短で始められる日程で提示されたのが、12月中旬であった。

学習カリキュラム自体は2ヶ月という短期だが、実際に始められるのに1ヶ月ほど掛かってしまうので、思った以上の時間が掛かってしまうことがある。

ボク自身TOKKUN ENGLISHの応用言語学をもとにしたカリキュラムとスケジュールは非常に効果があると感じ、強くお勧めしている。

なので、すぐに成果が欲しい人はまずは早めに無料体験レッスンを受けましょう!

▼TOKKUN ENGLISHの公式HPから1分で申し込み▼

累積量によって伸びる英語力は、早く始めたもの勝ち

自宅留学で英語を話せるようになった経験から言うと、英語ができる(聞く・理解する・話す)ようになるには、累積時間と量が必須になります。

ある時急に開けたように、相手の言っていることが分かり返答することができます。毎日行うことで着実に耳が慣れ使えるワードフレーズが増えていきます。

今では、外国人に英語で大好きな書道を教えれるまで成長しました!

それを自力でやるか英会話スクールで環境を整えるかの違いです。結果を出すまでの過程は違えど、英語ができるというゴールに変わりはないのです。

短期間で結果を出さないといけない人でもやることは同じで、累積量を増やすこと。しかし短期間の場合は自己管理や環境のコントロールが非常に難しく挫折しがちになります。

しかし、TOKKUN ENGLISHでは累積量を担保するカリキュラムと実行できる管理士がいます。共に1つの目標を目指すパートナーがいることほど心強いことはないでしょう。

ぜひまずは1度無料体験レッスンを受けてみて、TOKKUN ENGLISHを体感してみてください!

▼TOKKUN ENGLISHの公式HPから1分で申し込み▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です