欅坂46の歌詞がフリーランスの応援ソングにしか聞こえない。

どうも、たかや(@tabigrapher)です。

先日、5年ぶりくらいに自宅のテレビにMステが映っており、ボケ~ッと見てました。

最近の音楽に疎いし興味もないボクの目にあるグループが、飛び込んできた。

そう!それが、欅坂46でした!

ボクはあの48グループの違いがよく分かっていないので、あのAKBみたいな、しょぼい歌でも歌うんかと思ったら、全然違ってビビりました!

なにこれ、衝撃的やん、、、

欅坂46の「サイレントマジョリティー」が初期フリーランスの応援歌にしか聞こえない

見て貰った方が早いので、こちらを。

人が溢れた交差点をどこへ行く 
似たような服を着て 似たような表情で 
群れの中に紛れるように 歩いてる 
誰かと違うことに なにを躊躇うのだろう 

先行く人が振り返り 列を乱すなと 
ルールを説くけど その目は死んでいる 

君は君らしく 生きていく自由があるんだ 
大人たちに支配されるな 
初めからそう諦めてしまったら 
僕らは何のために生まれたのか 

夢を見ることは時には孤独にもなるよ 
誰もいない道を進むんだ 
この世界は群れていても始まらない 
YESでいいのか 
サイレントマジョリティー 

誰かの後を付いて行けば 
傷つかないけど 
その群れが総意だと 
ひとまとめにされる 

君は君らしく 生きていく自由があるんだ 
大人たちに支配されるな 
初めからそう諦めてしまったら 
僕らは何のために生まれたのか 

夢を見ることは時には孤独にもなるよ 
誰もいない道を進むんだ 
この世界は群れていても始まらない 
YESでいいのか? 
サイレントマジョリティー

フリーランスはみな「サイレントマジョリティー」的な考えで行動しているのではないか?

人が溢れた交差点をどこへ行く 
似たような服を着て 似たような表情で 
群れの中に紛れるように 歩いてる 
誰かと違うことに なにを躊躇うのだろう 

先行く人が振り返り 列を乱すなと 
ルールを説くけど その目は死んでいる 

 

個性のない社会人、それを当たり前と押し付ける社会。アイデンティティは他人にある日本人は違うことをすることでハブられることを最も恐れ、人と同じが一番無難。自分らしさを考えないことが一番楽な選択。でもそいつらは全員社会に殺されている。

 

君は君らしく 生きていく自由があるんだ 
大人たちに支配されるな 
初めからそう諦めてしまったら 
僕らは何のために生まれたのか 

夢を見ることは時には孤独にもなるよ 
誰もいない道を進むんだ 
この世界は群れていても始まらない 
YESでいいのか 
サイレントマジョリティー 

 

それを“違う!”と認識して行動に起こした者こそが自分の時間を取り戻せる。社会の総意に背き孤独になることもあるけど、それを乗り越えてほんとうの自分を手に入れることができる。なれ合いで群れるな。個人を尖らせろ。尖らせた仲間を集めよう。

 

社会のレールに乗っかるように進学・就職と進んでいき、ぜったい全員どこかでぶつかる

「ほんとうにこれでいいのか?」

という疑問。

しかしこの問いは見えない「社会の常識」というものにかき消されてしまう。そしてその気持ちはいつかなくなり自分の人生を諦めてしまう人がほとんど。最後にはもっと自分らしく生きればよかったと言う。

将来「自分らしく生きればよかった」と言うのが分かっているなら、なぜいまやらない?

社会の常識に背き、やりたいことをやる人生、それがフリーランスという生き方。それを応援してくれるこの「サイレントマジョリティー」。

フリーランスとしての生き方に悩んだときは、原点の気持ちに戻れる「サイレントマジョリティー」を聞こう。

(若干、今後の方向性に悩んでいる初期フリーランスのたかやからでした。)




 

The following two tabs change content below.

takaya

昇 誉也(Nobori Takaya) 愛知県豊橋市出身 広島大学卒業後、就職浪人で2年を掛けて就活した後に、財閥系金融機関に務める「好きなことしたい!」と思いわずか、11カ月で退職。 Airbnbでゲストハウスを運営しながら、コンテンツマーケティング・SEO対策会社で週3出勤のライフスタイルを実現中の、Airbnb依存症ブロガー。 人気ブロガーのメディア2つの編集長とコミュニティの共同運営者を兼任。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昇 誉也(Nobori Takaya) 愛知県豊橋市出身 広島大学卒業後、就職浪人で2年を掛けて就活した後に、財閥系金融機関に務める「好きなことしたい!」と思いわずか、11カ月で退職。 Airbnbでゲストハウスを運営しながら、コンテンツマーケティング・SEO対策会社で週3出勤のライフスタイルを実現中の、Airbnb依存症ブロガー。 人気ブロガーのメディア2つの編集長とコミュニティの共同運営者を兼任。