誰かの第一人者となり道を創る。影響力を付けるためにしなければいけないこと。

その人の一歩目の道を作ることが、すべて。

ボクは今誰かの第一人者になるために、自分の持っているスキル・ノウハウや思いをブログに書いている。

誰かの第一人者になることは、一生話の起点になることができるのです。

ほとんどの人が、人生を掛けてやっている仕事や趣味があったりすると思う。それは絶対に誰かからの影響を受けているから。

ボクの人生において、重要なファクターは3つで、

  • 書道
  • Airbnb
  • フリーランス、個人事業主

 

それぞれにボクが影響を与えてくれた人がいる。影響を与えてくれた人は、話題が上がったときは常に話の起点となっている。

「〇〇先生に出会ったから書道を楽しんでいる」

「〇〇さんに会ったからAirbnbに踏み出せた」

「〇〇が側にいたから個人事業主で稼ぐことの楽しさを感じた」

など。

自分が受けた影響はその人の知り合いや、その人のファンへと繋がっていく。人生を変えた影響力が強ければ強いほど、その言葉の出る頻度は増え拡散していく。

人生を変えるほどの影響力を与えた人は、自分のファンを大事にすることで、より拡散的に影響力を強めていくことができる。

6次の隔たりという理論があります。これは6人辿れば世界中の誰とでも繋がれるという法則。

ネットがどこからでも繋がる世界、自分が影響を与えた人が多ければ多いほど、また大切にすればするほど、自分の知名度は上がっていく。つまりそれが影響力に直結する。

今の時代、影響力を持ち信頼がある人に、お金や権力や人脈が集まる時代。この3資源がないとやりたいこはできない。

自分の影響力とは、自分のスキル・ノウハウや考え方・取り組み姿勢で、他人のマインドや行動を動かしたりする力のこと。

拡散力については、自分の拡散力ももちろん必要ですが、自分のことを信頼してくれる人をたくさん作ることが重要。拡散してくれる人が多いほど、速いし効果的。

また、自分と繋がっていない人を引き寄せてくれる。そして新しく繋がった人にもちゃんと良い影響を与えることが、拡散力を広げる原動力となる。

自分を信頼してくれる人を増やし、一歩踏み出せる支援をすることが、必須の力となってくる。

自分の提供できるものはどんどん還元して、影響力を増していく。

合わせて読みたい!

自分という資産を育てる投資家となれ!




The following two tabs change content below.

takaya

昇 誉也(Nobori Takaya) 愛知県豊橋市出身 広島大学卒業後、就職浪人で2年を掛けて就活した後に、財閥系金融機関に務める「好きなことしたい!」と思いわずか、11カ月で退職。 Airbnbでゲストハウスを運営しながら、コンテンツマーケティング・SEO対策会社で週3出勤のライフスタイルを実現中の、Airbnb依存症ブロガー。 人気ブロガーのメディア2つの編集長とコミュニティの共同運営者を兼任。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昇 誉也(Nobori Takaya) 愛知県豊橋市出身 広島大学卒業後、就職浪人で2年を掛けて就活した後に、財閥系金融機関に務める「好きなことしたい!」と思いわずか、11カ月で退職。 Airbnbでゲストハウスを運営しながら、コンテンツマーケティング・SEO対策会社で週3出勤のライフスタイルを実現中の、Airbnb依存症ブロガー。 人気ブロガーのメディア2つの編集長とコミュニティの共同運営者を兼任。