【notteco(のってこ)初体験】相乗りマッチングサイトでライドシェアしてみた!

長距離移動にどれくらいの時間とお金を掛けていますか?

ボクの地元は愛知県の豊橋です。大学時代は広島に住んでいたので中々帰ることができなかったです。

今はフリーランスとして時間ができたことと、かなり近くなったので好きなときに帰れるようになりました。

しかし、とは言ってもやはりそれなりに時間もお金も掛かります。

  • 新幹線:1時間半、8000円以上
  • 高速バス:3000円以上、4時間半〜5時間

 

新幹線はなんだかんだ言って高い。高速バスは余分な休憩と停留が多く、時間が掛かる。

時間も短く安い、良いとこ取りをして移動手段は無いのか?と思い探していたところ、見つけました。

それがライドシェアというサービス。

ライドシェアとは、乗用車の相乗りの需要をマッチングさせるソーシャルサービスの総称である。 ライドシェアでは、自動車の所有者・運転者と、移動手段として自動車の乗りたいユーザーを結びつけるソーシャルプラットフォームが提供される。

引用元:Weblio辞書

 

今回ライドシェアのマッチングサイトの、notteco(のってこ)というサイトで、豊橋まで帰省しました。

使った結果、、、最高でした!

3時間で3000円で帰ることができました。

notteco(のってこ)の

  • 使い方
  • メリット
  • デメリット
  • 利用者の感想
  • Q&A
  • おススメの人

 

をまとめました。

今後長距離を移動するときに、是非notteco(のってこ)やその他のライドシェアマッチングサイトを使う際の参考にして頂ければと思います。

notteco(のってこ)の使用方法

 

こちらがnotteco(のってこ)のトップページになります。

 

 

まずは会員登録をします。基本情報(名前や・年齢・性別・住所等)の入力、身分証明(運転免許書や保険証等)の提出、SNS連携(FacebookかTwitter)を行います。

最長でも7時間の時間を有しますので、利用日より1日前の利用登録をおススメします。

その後は、出発地と到着地を入力して条件に合ったドライバーを探します。

 

 

その後条件に合ったドライバーさんにコンタクトを送り、乗車交渉をします。

ドライバーさんによって移動手段が違ったりします。

今回ボクが依頼したドライバーさんは事前に、高速で移動するということを記載しておりました。

このドライバーさんに話を伺うと、下道でずっと行く人がいたりするなどしてお金を浮かす人がいたりするらしいので、事前に確認しておきましょう。

また事前にドライバーさんい対する評価・口コミや会員レベルを確認しておきましょう。

その後は実際にドライバーさんとやりとりをして乗車となります。

 

ボクは豊橋まででしたので、途中下車も事前に伝えておきました。それにも対応して頂きました。

 

notteco(のってこ)で相乗りするメリット

料金が格安で移動できる

とにかく安いです!

引用元:JR新幹線ネット

引用元:夜行バス比較ナビ

新幹線より5000円以上安い、なんならバスよりも安いんです!

東京―豊橋間はそんなに距離がないので、もっと遠い距離だとより安さを実感するかもしれませんね!

時間を大幅に短縮して移動できる

新幹線は1時間半ほどで着きます。

しかしバスだと、、、

引用元:夜行バス比較ナビ

4時間ほど掛かってしまうのです。

後ろに予定がなく、移動するだけということであればnotteco(のってこ)で相乗りがベストです。

新しい仕事が見つかる

これは特例ですが、今回移動中にボクのAirbnbに大変興味を持って頂き、今後お仕事を依頼したいとお話を頂きました。

これはnoteco(のってこ)で相乗りしたことでできた、新しい繋がりでありビジネスチャンスでした。

ビジネスや交友関係という面で新しい繋がりをつくることができます。

notteco(のってこ)で相乗りをするデメリット

料金決済が手渡し

notteco(のってこ)は決済方法がドライバーと乗車する人と、個人間での手渡し決済です。

CtoCビジネスのほとんどが、サイト上でマッチングさせ、マッチング手数料を貰うというビジネスモデルです。

なのでnotteco(のってこ)は、どのようにこのサイトをマネタイズしているのか分かりませんが、ユーザー側としては是非事前決済を導入して欲しい。

手渡しで現金を渡すのも気が引けます。事前に済ませていれば、乗って降りてと単純なので、事前の決済を導入があればもっと利便性が上がるはず。

アプリがない

Webで検索して行うので、若干ユーザビリティが低いです。

ここでアプリができて

  1. 検索
  2. 予約
  3. 支払

 

までが一括でできれば文句なしです。

ドライバーの突然のキャンセルがあり得る

あくまでドライバーさんの都合次第になります。

出発直前にどうしても行けなくなったという事態があっても、どうすることもできません。

どうしても大事な予定で急いで行かないといけない場合は、確実な手段で移動しましょう。

ピンポイントで目的地はそうそう見つからない

東京ー愛知、東京ー大阪間はゴールデンルートなので、かなりのドライバーさんがいます。今回の帰省の際も5~6人のドライバーさんがいました。

しかし、他地域ではそんなに多くありません。なので利用したいと思っても使えない可能性は十分あります。

notteco(のってこ)やライドシェアはあくまで、選択肢のひとつとして留めておきましょう。

利用者の声

先日は渋滞のなか長時間運転ありがとうございました。
会話の内容も豊富で楽しめながら帰れました。
また機会がございましたらよろしくお願いします。

☆☆☆☆☆ 3000円/東京ー愛知間

 

いつも利用させて頂いています。
今回のライドはとても素晴らしく、所要時間が新幹線のこだまと変わらなかったのでとても驚きました。
休憩のタイミングも程よく快適でした。
ありがとうございました!
またよろしくお願いします!

☆☆☆☆☆ 4000円/東京ー大阪間

 

事前連絡から運転までとても丁寧て、非常に穏やか〜な方です。ストレスを全く感じることなく、初めて「のってこ」を体験することができました。
機会があれば、是非また便乗させて頂きたいと思います。

☆☆☆☆☆ 2000円/愛知ー兵庫間

 

よくあるQ&A

危なくないのか?

その人は信頼できるのか?

ボクが子供の頃はよく「知らない人の車に乗るな」「知らない人の家に入るな」と言われました。

それは、ネットが普及してなく個人情報が流通しない時代だったからです。

しかしCtoCビジネスが普及することで、個人でのビジネスのハードルが下がる一方、自分の評価がダイレクトに影響される時代になりました。

CtoCビジネスは基本プラットフォームを介してマッチングします。つまりプラットフォームがなければ仕事はできないわけです。そしてサービス提供者側が問題を起こすと、一発で退場をくらうシステムになっています。以下Airbnbの有名な事例です。

【関連記事】:人種差別により、Airbnbホストのアカウント停止

危険性は極めて低いと思われます。しかし、用心には用心を重ねた方がよいです。

  • 女性は男性ばかりの車に乗らない
  • もし乗るなら女性のレビューが書かれていることを確認する
  • 複数人のレビューが書かれている

 

などの基準を持って選びましょう。

その人のドライブ技術は信頼できるのか?

高速バスのドライバーと一般の人のドライビング技術の違いは、どうなのか?と気になるところですが、そこまで気になりません。

何故なら高速バスでも事故が後を絶たないからです。

彼等の労働環境は分かりませんが、仕事において大きな事故を起こすこともあります。しかしそれは、仕事なのでやらなければいけない環境に身を置いていたから。

一方でnotteco(のってこ)のようなライドシェアは、個人です。個人はそもそも無理しません。死にたくないので。

また無理やりサービスを提供する必要もないのです。使えるものを上手く有効活用しているだけなのです。

これはボクのやっているAirbnbとまったく一緒です。無理しない、余っているものを上手く活用する。シェアリングエコノミーは、個人の範疇でできるスモールビジネスなのです。

こんな人にnotteco(のってこ)はオススメ!

  • 安く早く移動したい人
  • 新しいつながりを作るのが好きな人

 

メリットであげた点に魅力を感じる人にはぜひおススメします!

逆に

  • 一人でのんびり帰りたい
  • 知らない人とのコミュニケーションは苦手
  • やっぱりなんだかんだ企業が提供しているものの方が安心かも

 

と思われる方は、公共交通機関をおススメします。

これからもnotteco(のってこ)を利用します!

そんなに移動頻度は多くないですが、ちょくちょく地元豊橋には帰ると思います。

その際はまたnotteco(のってこ)を利用します。安くて早くて事故も少ないなら、選ばない理由はありません!

シェアリングエコノミーが大好きで、余っている資産を有効に活用するビジネスはもっと広めていきたいのです。

そのためには実際に利用する人が増えること、そのために発信することが大事になります。

自ら色々体験してその内容を共有していきます!

ぜひnotteco(のってこ)やライドシェアに興味を持った人は、ぜひ試しに使ってみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です