留学なしで英語が話せるようになったボクがおススメする、日常に英会話を入れる方法3選

前回日常会話レベルの英語を話せるようになりましょう!とお伝えしました。

さてそのためにはどうすれば良いか?

答えは簡単

英語を日常に使う環境にしましょう!

英語が話せるようになりたいのなら、話す環境にしてしまうのが1番早いです。人間、必要に迫られないとやらないです。英語を使わざるを得ない環境に落とし込むのが1番です。

そこでボクがおススメする日常で英語を話す・使う環境にする方法をおススメします。

おススメするポイントはただ1点。

強制力があるかどうかです。

日常から英語を使う環境にできる、トップ3

1位:カウチサーフィン・Airbnbで外国人ゲストを受け入れる おススメ度☆☆☆☆☆

最もおススメする方法はこれ!

日常に英語を取り入れるという観点から考えると、外国人を自宅に受け入れる以上の日常感はありません。

ボクは1年半以上受け入れをしているおかげで、現地で住むレベルまでは上げることができました。

その中でおススメするのはCouchsurfingとAirbnbです。民泊のプラットフォームでシェアリングエコノミーも体感できます。

英語を取り入れるという観点からすると、ボク個人的にはCouchsurfingをおススメします。Couchsurfingで来るゲストはバックパッカーが多く、現地に溶け込む旅行やコミュニケーションが大好きです。

Couchsurfingでゲストを受け入れると必然的に、日常から英語を使う環境に身を置くことができます。

Airbnbだと意外とその差があり、まったくコミュニケーションを取らないゲストもいます。そしてゲストからの予約がない場合も往々にしてあるので、英語を使う環境という面では、Couchsurfingよりは弱いです。

【関連記事】:カウチサーフィンを使うメリット

2位:英会話サークルに所属する おススメ度☆☆☆☆

いま様々な形で英会話サークルができています。

社会人が集まり英語で話をする形式や、週末カフェで日本在住の外国人と会話をするなど様々です。

気軽に自分のペースでできることがメリットです。

しかしその一方緩んでしまう傾向があるので、長続きしない人も多くいます。

緩んでしまう場合は、お金を払いましょう。お金を使うことでやらなければもったいないという、自分へのプレッシャーを掛けましょう。

【関連サイト】:東京の格安英会話サークル一覧

また今では英会話をしたい人とできる人をマッチングさせるアプリもあります。

 

1レッスン1000円という買い切りの英会話レッスンなので、月額制などに最初は抵抗ある方はこれから始めると良いですね。

eikaiwaNOW|英会話なうの先生を簡単予約してカフェレッスン!
eikaiwaNOW|英会話なうの先生を簡単予約してカフェレッスン!
開発元:PAOLO DEGUZMAN
無料
posted with アプリーチ

 

3位:バーに通う おススメ度☆☆☆

 

ボクの高校時代の英語の先生はバーに通い英語の勉強をしたそうです。

お酒も入り自分も相手もマインドがオープンになっているので、気軽に話しかければ意外に深く話すことができます。ボクも新宿のバーで、そんな経験をしたことがありました。

毎回違う人と話すことになるので、3つの中で最も実践に近くなります。

しかし、バーに通う問題点は

  • 費用が掛かる
  • お酒入るのでノリでもいけてしまう
  • 外国人同士で話していることも多いので、輪に入れないこともある

 

といった点がデメリットです。

「英語を話す」という心理的ハードルを取っ払うためにお酒に任せるという意味で、最初にバーを選択するのもありですね。

それでも日常に英会話を入れられない人は、英会話教室に通う

習慣こそ最強のマインドコントロールです。

なので、最も自分が一番日常に英語を取り入れられる習慣を作ると良いです。ボクの場合はそれはcouchsurfingやAirbnbだったのです。

ボクがおススメしたものは最もコストパフォーマンスが良い方法です。Airbnbならお金貰って勉強できますからね。

その中で見つからなかったら選択肢として「英会話教室」が上がってきます。英会話教室はお金を払うことと定期的にやることで、強い習慣化とすることができます。

最後の最後まで英会話教室の選択肢は、取っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です