The following two tabs change content below.

たかや@メディアディレクター

Airbnbの書道体験のホスト/フリーのメディアディレクター/男性美容、トレーニング、Lab-Tech、金融・資産運用、ライフスタイルメディアなど法人5社と契約。 コンテンツマーケティング全工程を担当。専門は調査・構成作り・編集・SEO対策・GA分析。 今後はフリーランスエンジニアへとキャリアチェンジを計画中。 35歳で完全自由を手に入れる。 プロフィール記事・動画はこちらから!

どうも、たかや(@tabigrapher)です。

ボクはいつも

好きなこと仕事にしよーぜ!

って言ってます。

今は昔と違って本当に自分の持ってる知識やスキルを、サービスとして打ち出すプラットフォームがたくさんあります。

ボクのメインのプラットフォームはAirbnb。これのおかげで書道も仕事に出来ています。昔から書道を仕事にしたいと思っていたので、こんなに早く実現するとは。と今でも思っています。なのでこれを利用してもっと幅広く、書道の仕事を取って行く考えでいました。

こういうこと思ったり絶えず発信していると、そういう依頼が来たりするものです。今回あるビジネス交流会で知り合った経営者の方から、文字デザインを依頼され

自分の仕事の幅を広げるチャンスだ!

と思い引き受けました。それが苦悩の始まりでした。

好きなことでも苦手なものもある

ボクの書道歴18年になります。最も1番長いキャリアです。

小学校から高校までは書道教室に通い、先生の免許を取るための練習と試験を繰り返しました。師範の免許を取るために必要なことは、正にお手本になること。

なのでボクは、お手本と全く同じ字を書くことに注力していました。好運なことにボクは模写がもの凄く得意だったので、高校2年生の段階で師範免許を取ることができました。

その後大学に進学した際に、自分の今まで見てきた書道とは違うものに出会いました。大学で必要だったのは、文化祭などの訪問者に見せるための作品創りがメインでした。そして大学の書道部には、高校などで書道部に所属していた人が多く、自分達の表現したいものを自由に描いていました。

ボクの高校までは画一性と正統性、大学から自主性と独創性が求められました。

元の基本ががっちりし過ぎたおかげで、崩す文字やアーティスティックな文字を書くことがもの凄く苦手でした。また先輩で凄く魅力的な文字を書く人がおり、「こんな字を書けるようになりたい!」と強く思い過ぎたせいで、自分の納得行く作品を創ることに苦悩していました。

そして大学卒業後には、一貫して外国人に書道を体験してもらう教室ばかりしていました。これが楽しくて仕方ありませんでした。

そして今回の文字デザインは、大学時と同じですごく悩みました。たったの四字熟語。それすらも自分の思っていると字が書けない。

そもそも自分の思っている字というより、こういう字を書きたいなと想像している字の印象が、強すぎた。

なんだかんだ納品はできた。でも自分としては字を書き配置も決め画像加工してデータ化するまでが、仕事だと思っていた。今回は力及ばずで字を書く段階までしかできなかった。完成されたものを見て、今後自分が仕事としてできないといけない最低レベルまでは実感することができた。

今回の件で好きなことを仕事にする上で大事だと思ったことが3つあった。

好きなことで得意なことは何?


好きだけでは仕事にならない。それではざっくりとし過ぎている。

好きなことでも、それじゃあ「仕事にならないよ〜」ってレベルのものであったり、苦手なこともある。

野球好きだけどその知識じゃまだまだ上もいるし、バッティングが得意なのに苦手の守備を教えてもしょうがない。

ボクは書道を教えることや得意の英語を使って、外国人に体験できる環境を創ることは得意。文字デザインは苦手。ということを再認識した。

自分の好きなことで何を提供すると、相手がこれは価値がある!と認識してもらえるかを考える必要がある。

提供できる価値は最大限磨く

相手が、お金を払ってもいい。と思ってくれる基準は想像以上に高い。フリーでやる仕事の怖さは、0 or 100。

会社員ならそんなことはない。だから、自分のスキルや知識を売る以上、相当の覚悟を持たないといけない。

好きなことで仕事しよーぜ!」と軽く言っているが、実績ないものにお金を払ってくれる人は多くない。

なので、自分の好きなことを仕事にするにはまずは質より量。格安で行い、実績を積み上げサービスの質をブラッシュアップする。量で信用と僅かなキャッシュを作り、実績を元に自分の価値を自分で決めれるようになるのが、最速で好きなことを仕事にする近道です。

他人と比べない、自分らしさ

自分の中には数少ないが憧れている方々がいて、その人みたいになりたいと思っている。ただそれが強すぎると、同じようにできない自分を否定するようになる。しかもその人を追っても、そこは既に実績のある人やブランド力を持った人に立ち向かわなければいけない。いわゆるレッドオーシャンです。そこで戦うには、自分の利益は最小限にし量もこなさないといけない。もの凄い労力を使う。

勝ち抜くのが先か、諦めるのが先か?

の世界になってしまう。

なので自分と同じ方向性で進んでいる人を目指しているのであれば、その人にプラスした付加価値を提供することを意識する。

ボクがその点で重要視しているのは、

好きなこと×好きなこと

です。好きなことを2つ以上掛け合わせることで、自分らしい仕事を創ることができます。ボクはAirbnbと書道教室というコンセプトで上手くシナジーが起きてやっています。

両方とも好きなこと、そして成功者がいます。ここを合わせて今自分にしか出せないものを作れています。

今後は旅も重ねて、日本中のゲストハウスや民泊先で書道教室をやる出張書道体験教室を作っていきます。

最後に

好きなことで仕事ができることほど幸せなことはありません。ただそれも、相手が価値があると判断してくれたときだけ。

自分にお金を払っても良いという観点は、圧倒的成果物自分らしさや自分にしか出せないものです。

そのためには好きなことをどんどん掛け合わせていき、マネタイズの落とし所を考えることです。そして良いことに好きなことには人間夢中になれます。夢中になることで考える時間や行動する時間は多く確保出来て、質も上がります。

夢中になることを見つけて、マネタイズしていきましょう!




おすすめの記事