“文章は導入文で8割が決まる”を実感したできごと

The following two tabs change content below.

たかや@プロカタリスト

Airbnb宿泊・書道体験のダブルホスト/フリーのメディアディレクター/人気プロ無職るってぃさんの「TABI TECH」編集長・ライター育成。 好きなことの掛け算でパラレルキャリアを実現中。 プロフィール記事・動画はこちらから!
たかや
どうも、文字を書いて読んでお金をもらってる、たかや(@tabigrapher)です。

文章は導入文でその後、読まれるか読まれないかが決まってきます。その割合なんと8割。いくら中身が良くても導入文がくそだと、あなたがどんなにすばらしい文章を書いたとしても日の目を見ることはありません。

メディアディレクターという職業柄、文章を書いたり読んだり直したりすることが多いです。そのさい、いつも導入文にものすごく時間を掛けます。そして読んでいて直していて、なんでこんなに導入文を適当に仕上げてしまうんだろうと、感じてしまうことがあります。

そんな中Twitterを眺めていたらこんな情報が流れてきました。

たかや
へぇ~、そうなんだ。ちょっと見てみよう。

ぐらいの感じでした。でも気が付いたらポチってました。買わされてました。

普段ボクはnoteをほとんど買わないです。ボクの考えでは1ジャンル1つ買えば十分という認識でいます。そして今回のnoteのライティングテクニックは今まで買ったことはなかったです。というのも、この情報に関してはオンラインサロンや結果出してる人のブログで無料で得ることができるから。

 

そして自分自身企業のメディア運営をしているという自負から買う必要がないと思っていました。でも買いました。厳密に言うと買わされた。買うように誘導された。ほんとうに文章のプロが書くと、いとも簡単に人は動かされるんだと実感しました。

ぜひ見て、ポチってください。

yoshieさんのnoteの導入文を徹底解剖

このnoteの導入文は以下のように構成されています。

  1. 結論を強い言葉で明確に示す
  2. 実績を示す
  3. 特別感を出す
  4. 先行者有利であるとほのめかす
  5. 購入したときの未来を具体的にイメージさせる
  6. 内容をチラ見せ

1.結論を強い言葉で明確に示す

最初にこちらの思惑をズバッと言い当ててきます。そして

「これさえ読めばあなたの悩みはすべて解決します!」

と宣言している。これだけ見ると、え~ほんとうかよ?と感じてしまうが次です。

2.実績を示す

数々の実績を上げて、最初の強い主張の裏付けをしてきます。

  • 高校2年生のとき小論文で全国1位
  • 合格率1%のライター試験にノー勉で合格
  • クライアントからのスカウトは数知れず
  • 時給単価最高10,000のライティング業

最初の疑問が信頼に変わる瞬間を作っています。そして実績を数字で表すことで、よりすごさを実感させてくれます。

3.特別感を出す

このnoteを買わなければ、プロのライティングテクニックは手に入りませんよ、と特別感を出しています。そして「稼げるプロライター」の部分で括弧を使っているのもポイントです。

注目をさせる部分が、このnoteを購入しようと考えている人がどうなれるかを先回りして、言語化しています。noteを買うとyoshieさんのようなプロライターになれると認識をさせてくれます。

4.先行者有利であるとほのめかす

購入した人の知りたいことを解決してくれる、それとともに値段が上がっていくと伝えることで最初に買ったお得感を醸し出しています。メリットを金銭面と内容面2つから出しているのもすごいですね。

noteは後から追記されるということを知らない人も想定した上で、内容を徐々に濃くしていき値段も高くなることを示すことで、先に買った方が断然お得と伝えています。

5.購入者の未来を具体的にイメージさせる

自分と同じようにライティングテクニックだけで稼げるようになると伝え、いままでの伏線を回収しています。その伏線は「5,000文字書けばそれだけで報酬15,000円。5,000文字なら90分ほどで書けるので時給にすると10,000円です」、これを読者にイメージさせることで、購買意欲を高めます。

6.内容をチラ見せ

なにが書かれているのか、自分の知りたいことはあるのか、が分かると買って失敗するのが嫌だという感情を排除できます。その感情さえ取り除いてしまえば、あとはポチらせるだけです。

改めて全文を振り返ってみる

めちゃめちゃきれいでスッと入ってくる文章で感動すら覚えました。そしてこの導入文、丁度良い長さなんです。長すぎて離脱する、短か過ぎてクロージングまで早すぎるというわけでもなく、必要な情報は抜け漏れないのに読みやすい量なんです。

この人を動かすライティングテクニックは、ライター・編集者・アフィリエイターなどの、文字を書くことを生業としている人には必須のスキルでしょう。

で、実際の中身はどうなの?

たかや
ポチってください!!

ほんとうに稼げるプロライターになりたいなら1,000円は安いもんでしょう。少しヒントを出すのであれば、これからライターになりたい人・はじめたばっかりの人はぜひ買ってみてください。

▼yoshieさんのnoteに飛びます▼

ある程度ライティング経験がある人はとくに必要ないかもしれません。ボク自身結構知ってる部分も多かったので。ただこのnoteのなかの一部を紹介します。

3.【基礎編】導入文80%、本文20%の法則

この文章はここでしか得られない情報であることをアピールします。この機会を逃したら一生後悔する!と思わせれば勝ったも同然です。「早く読ませて!」と読者は前のめりになります。

~中略~

「やられた!のせられた!」と思ってもらえればわたしの目論見は80%達成したと言えるでしょう。

引用元:小論文模試全国1位・合格率1%のライター試験に勉強なしで一発合格した私のライティングテクニックを完全公開します!!

たかや
やられた!のせられた!チクショー――!!!

とりあえず無料で勉強したいって方のために

ボク自身は元々コンテンツマーケティング・SEO対策の会社で勤め、現在はフリーで企業のオウンドメディア運営や編集をやっています。過去にライティングについての記事も書いているのでぜひ参考にしてみてください。

読みやすい記事構成は2つのポイントを抑えるだけで作れる!2ヶ月半で編集長の仕事を貰える文章力・構成力を手に入れる。

2017.07.24

【ブロガー必見】成果につながる記事の書き方を、最速で結果を出し続けるブロガーから学ぶ

2017.08.27

この記事の目的は?ライターとして仕事をしたい人が、最低限押さえておきたい心構え

2017.11.10

【超基本】ブログ初心者のSEO対策、総まとめ!ネタ出し・サイト設計・テクニックまですべて分かる!

2017.09.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です