仮想通貨ブームには少し乗るが、力を入れるのは、ブームに乗ってる人を利用すること。

どうも、たかや(@tabigrapher)です。

突然なんですが、2017年は、仮想通貨元年て知ってましたか?

去年ぐらいから、ちょこちょこと仮想通貨に投資している人達が、今年2・3倍と資産を増やしています。今年に入ってやっと成果が出たということで、年初から仮想通貨に参入してる人が増えてきました。

かく言う、ボクも年初に15万円くらいビットコインを買いました。一時倍の30万円くらいになりましたが、その後下降して21万円で利確しました。

まあ、急に手元資金が必要になったというのもあるんですが、それ以上に、仮想通貨のブームに積極的に乗る必要はないと考えたからです。ほんの少し、余裕資金でまた入ろうとは思いますが、それ程大金を入れません。長期保有で確実に値上がりするものだけを、少しずつ買い増す予定です。

しかし、でも何故こんなにブームでバブル感があり、一攫千金を狙える仮想通貨に乗らないかを、ボクの思考で解説したいと思います。

仮想通貨に乗らないワケ

投資の基本は大きなミスをしないこと

先日伊藤亮太FPの資産運用の話を聞きました。年収2000万以上の富裕層の資産運用のトップ5は

  • 国内株式
  • 外貨預金
  • 国内株式投資信託
  • 国内債券
  • 国内不動産投資

となっています。富裕層のやっている投資手法は「大きなミスをしない」ことです。

もともとお金を持っているので、少しの資金を突っ込んだだけでも、十分利益が出ます。取りたい利益が出たら利確する。そのお金を、もっと優良な投資商品に突っ込む。また利確する。これの繰り返しです。

この考えで大事なのは、出口戦略です。投資は買うより、売りが大事と言われています。そして富裕層の資産運用の基本は、出口が見えることです。

株や外貨や不動産は何百年という歴史の中で運用されて来ました。莫大なデータと、それを上手く利用した人の知恵が残っています。投資初心者は先人の知恵に頼ることが、1番成功の近道です。マネることで基礎を固めることが大事です。

資産家の投資手法を学び、確実にキャッシュを生む。それで余裕が出たら、バブルに乗るのもありかと思ってます。

(参考:伊藤亮太氏プロフィール)

知らない人にお金預けられない

みなさん、知らない人にお金預けられますか?ボクは無理ですね。ちょっと前に地元の学校の先輩から突然連絡が来たと思ったら「カード作ってくれない?」って来ました。

いや、いや、突然無理だろ。っと思ったんで、断りボクも仮想通貨売り付けました笑

まあ、これは余談ですが、自分の理解の及ばないところに、大金を突っ込むことは非常に危険です。

とくに仮想通貨の様な、新技術の理解は専門家でなければ理解できません。更に、ほとんどが海外発で最先端の正しい情報は、すべて外国語です。それを正しく理解することは容易ではありません。また日本に来た情報のほとんどは、上流層にしか入りません。それを上手く利用して稼いでいるのです。

アメリカの大物投資家のウォーレン・バフェットはマックやコカコーラ、アメリカンエキスプレスなど、非常に自分に近いところに投資しています。

理由は明確、

自分で理解できるから」です。

事実バフェット氏は仮想通貨に投資もしていません。値動き激しいし、波に上手く乗れば大儲けできるかも、、、って思う人は仮想通貨に大金を突っ込めばいいと思います。

でもボクの投資スタンスは、長期保有と考えているので、自分の資産を預けるところを理解して、うまくいっても失敗しても、納得できるようにしたいんです。ボクは、仮想通貨の仕組みを理解することは、できないと思います。なので、小遣い程度で楽しみます。

(引用元:バフェットの投資手法)

ブームを相手にする人が 1番勝つ

(インベスターZ 14巻より)

仮想通貨のセミナーのランディングページの謳い文句によく、所ジョージさんの事例が書いてあります。

携帯電話が出たした頃に、その可能性を見出し、NTTドコモの事業拡大の権利を1000万円で買い、今では月2億円の権利収入が入っている、という話をしています。

仮想通貨信者
携帯は今や、みんな持つことが常識になっていますよね。その次は仮想通貨ですよ~、仮想通貨を持つことが普通になりますよ~。みんなが注目していない今、持つのが良いですよ~。

これで誘導して来ます。でも、この話少しおかしくないですか?携帯はみんな持っています。仮想通貨も確実に全員が持つような時代になると思います。

でも、所さんが買ったのは携帯電話でしたっけ?違いますよね、

携帯電話を運営する権利を買ったんです。

ここがブームに踊らせるか人か、踊らさせる人の違いです。ブームは周りがやっている、儲かっているという話を良く聞くので、気軽に乗れます。ただ、その裏側で稼いでる人の存在を忘れがちです。なので、実はそっちにチャンスがあります。

歴史を辿ってみてもそうです。金の価値が高騰したとき、みんなこぞって金の採掘に躍起になりました。でも、本当に儲けた人は金を見つけた人ではありません。金の採掘に必要な道具を売る商人や、酒場や賭博場や宿泊施設の経営者などです。

ブームに乗る人より、ブームを相手にする人の数の方が少ないのです。去年流行ったのはAirbnb。Airbnbをやった人より、Airbnbの管理代行の会社の方が確実に儲けています。で、こういう人はブームに火をつけます。そして、自分の顧客を増やしていくのです。

ポイントは必要以上にブームに乗らない。ブームをターゲットにできる、仕事やサービスは、なにかに目を付けることが大事です。

仮想通貨の場合、ほぼお金と同等なので多少、乗っかっても良いと思います。金のように掘りに行く必要もないですし。価値の上昇に乗っかるだけです。ただ、それよりも仮想通貨の両替機を扱う会社や、アプリ制作・システム構築・セキュリティ会社の運営権や株を買う方が、余程安全です。

仮想通貨は間違いなく、10年後には当たり前になっていると思います。すでに銀座などでは、ビットコインの両替屋や利用できるお店もあります。

で、あれば、仮想通貨の消費者ではなく、仮想通貨の生産者に回った方が良くないですか?

顧客はゴマンといます。作れなくても、会社に投資して株主になればいいんです。株に関しては先人達の知恵を、活用するだけです。事業の理解は出来なくても、財務の分析は充分できます。

日本で仮想通貨の買える会社は、coincheckbitFlyerなど、極わずかです。少ないところに人が集中しているんで、需給バランスはめちゃくちゃです。圧倒的に運営者が強いです。バカ高い手数料を取っても誰も文句を言いません。そこしかないから。まさにバフェットの言う、「ブリッジ型企業」です。

ブリッジ型企業とは橋を渡るためにはお金を払う必要があるが、それ以外の選択肢がないような、非常に他社優位なサービスを提供する会社です。日本で言うならLINEやニトリのような企業です。

こういう企業に目を付けることで、他の人と違う戦略を取ることが大事です。人が良いと言うものは、投資としては終わりです

まだ評価されていないものを、「良い!」とすることで勝ち抜けます。

(インベスターZ 2巻より)

最後に

いつの時代も必ずブームというものがあります。ただ、ブームに乗るだけでは、そこら辺にいる普通の消費者と変わりません。

ブームを作ったのは誰か、なんのために?と裏を探ることで、他の人と違う視点で物事を見るのが大事です。それが次に繋がって行きます。1番覚えておいて欲しいことは、ブームをうまく活用すること。踊らされないようにしましょう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です