The following two tabs change content below.

たかや@メディアディレクター

Airbnbの書道体験のホスト/フリーのメディアディレクター/男性美容、トレーニング、Lab-Tech、金融・資産運用、ライフスタイルメディアなど法人5社と契約。 コンテンツマーケティング全工程を担当。専門は調査・構成作り・編集・SEO対策・GA分析。 今後はフリーランスエンジニアへとキャリアチェンジを計画中。 35歳で完全自由を手に入れる。 プロフィール記事・動画はこちらから!

どうも、プロ無職るってぃさんの「ここから!」編集長兼ライター育成の、たかや(@tabigrapher)です。

編集長とライター育成の依頼が来たのは、1カ月前。ボクがブログを始めてから3ヶ月目の話です。るってぃさんが運営しているAirbnb特化のブログ「エアログ」への寄稿がきっかけです。

Airbnbの体験ホストは好きを仕事にしてくれる

この寄稿記事はほとんど手直しなしで採用され、この記事が「読みやすい。丁寧に書かれている」と評価され、今お仕事を貰っているというところです。

今日も明日ヨーロッパ出発前にも関わらず、るってぃインターンを実施してきたところです。今回でボクも、教える側として2回目の参加でした。

ブログを始め3ヶ月で教えるポジションを頂いたのは非常に光栄です。そこでこの記事ではるってぃさんが、いつも言っているブログの書き方などをまとめます。

これさえ読み型さえ作ることができれば、すぐにでもお仕事を貰えるようになります。是非バンバン記事を書いていきましょう。

記事は自分の型を早く作れ!結果を出しているブロガーの書き方を徹底的に研究し、パクれ!

セールスライティングで1番重要なことは、記事の書き方の典型例を身に付ける

セールスライティングの型は

  1. 悩みの列挙
  2. 悩みの共感
  3. 悩みの原因を説明
  4. サービス・商品を使ったことで自分はどう変わったか伝える
  5. 読者は使うことで、どういった未来が来るか想像させる
  6. 商品の説明
  7. 実績の列挙(販売数、利用者の口コミなど)
  8. こんな人におススメ
  9. Q&A
  10. 今すぐ買う・使うべき理由(限定何人、何日まで利用可能など)

 

この型の通り書いていれば、セールスライティングとしての流れとしては完璧です。

そしてリード文は1~5です。ここに1番力を入れましょう。リード文でこの記事全体が何を言いたくて、どういう流れなのかを分かるようにしてあげましょう。

リード文がセールスライティングの命です。ここで読者の読みたい意欲を搔き立てる必要があります。戦略的にリード文を作りましょう。

セールスライティングの要素は他の記事にも応用できるので、自分のなかの記事要素の引出しを増やしていきましょう!

こちらがボクがるってぃさんの「ここから!」に寄稿した記事です。是非参考にしてみてください。(下記の記事からサービスを利用してもボクには報酬は入りません。笑)

関連記事:グッドポイント診断であなたの強みを明らかにしよう!

関連記事:MIIDASで自分の市場価値を知ろう!

記事を書くときは、月間検索ボリュームが少ないワードをロングテールで検索1位を狙え

キーワード選定で検討されるのが検索ボリューム。ボリュームが大きければそれだけ悩みを持っている人も多いので、PVやアフィリエイト報酬にもつながりやすいです。

しかし、検索ボリュームが大きいキーワードは多くの人が狙っています。検索ボリュームが大きいワードは企業や専業アフィリエイターなどが、ガチで1位を狙ってきます。

競合がひしめくワードの中で1位を取るためにSEO対策をちまちましても、消耗するだけです。

なので、ロングテールで月間検索ボリュームが少なくてもライバルが少ないワードで1位を取ることができれば、個人としては十分大きな成果を得られます。

例えば月間検索ボリュームが800だとして、、、

検索順位1位を獲得して、クリック率90%であれば、その記事だけで720PVを獲得することができます。

そして、その中の10%がサービス利用。商品を購入してくれたら

72人(PV数と訪問人数はイコールではないので正確ではないが)からアフィリエイト報酬を得ることができる。

それが毎月あることは、安定収入にもなり得る。

個人の戦略は、レッドオーシャンの大きい市場を戦うより、需要が少ないが確実にいるブルーオーシャンの小さい市場をいち早く見つけ、早く実績を作り独占する戦略が有効である。

関連記事:大きい市場で消耗する戦い方は、個人には向いていない!

記事の書き方や構成要素・SEO対策の基本を身に付けよう!

参考記事:読みやすい記事構成の作り方

こちらは、ボクがるってぃインターン生用に参考記事として使っている記事です。画像の差し込み方や指示語禁止などの基本的ことを抑えています。

参考教材:SEO対策をオンライン動画で勉強しよう!

こちらはSEO対策の会社が無料で提供している、オンライン動画講座です。完全無料でSEO対策の基礎が学べます。ボクもブログを書き始めたときから、この動画を見て勉強していました。

その結果が、いまの編集長やライター育成につながっています。しっかり勉強しましょう!

記事の書き方を勉強するには「沈黙のWebライティング」1冊で充分

ボクが編集長の仕事をするにあたって、るってぃさんに「沈黙のWebライティング」というSEO対策の教本を買っていただきました。

こちらになります。


この本は表紙に「SEOのためのライティング教本」と書かれていますが感想は

SEO対策の書き方だけじゃなくGoogleの評価の仕組みなど、Webライティングに必要な要素すべて詰められている!

と感じました。

  • SEO対策に必要なGoogleに対する知識
  • 読者の感情を動かすライティング・記事構成
  • Googleアナリティクス・サーチコンソールでの解析方法
  • 外部リンクの獲得方法
  • バズを起こすためのインフルエンサーの絡め方

 

など盛りだくさん。

 

  • 文章力・記事の質が上がらない
  • 収益につながる記事が書けない
  • 読者に共感され拡散される記事が書けない

 

そういった悩みを持っている方は、この「沈黙のWebライティング」ですべて解決してくれる。メディア運営のノウハウをすべて吸収しよう!

 

ボクは、一番お得にノウハウを吸収する方法は、

自分のモデルとしている人の近くにいてノウハウ・思考方法を吸収することや、一緒に仕事をすることと考えている。

るってぃさんから「ここから!」のブログ運営や「TABI TECH」のサロン運営などの様々なお仕事を任されている。ボクはお金を貰いつつも仕事として成果や実績も作りながら学んでいる。

この立場は一番強い。

そのためにも早く自分の実力を付けて認めてもらおう!

おすすめの記事