The following two tabs change content below.

たかや@初任給セレブ

生活費10万円でジム・プール付きコンドミニアムに住んでる@台北 広島大学経済学部→三菱系金融機関→SEO対策ツール開発会社/法人10社でメディアディレクター&WEBマーケター&ライター クライアントワークで日本円大卒初任給(月20万円)を稼ぎ海外生活がモットー/元Airbnb宿泊&書道体験ホスト プロフィール記事・動画はこちらから!
佐藤さん
フリーランスの仕事探しにオススメのサイトってどこがあるのだろう?
山田さん
仕事探しでサイトを活用するときに見るべきポイントや注意点ってなに?

今回はこういった疑問にWebマーケティング/ディレクターであり、10サイト以上20社以上と仕事をしてきた僕が、おススメのサイトを紹介していきます。

この記事を読み終わる頃には、あなたにぴったりのサイトが見つかり、案件探しがより効率的で楽しく感じるようになっているでしょう。対象となるのは

  • Webディレクター
  • Webマーケター
  • Webデザイナー/Webサイト制作
  • Webライター
  • イラストレーター

になります。(エンジニアもありますが、おそらく他のサイトでもっと良いのがあります)

ぜひ参考にしてみてください。

(※この記事は5分程度で読める内容となっています)

フリーランスの仕事探しにおススメのサイト

この記事は以下のツイートをもとに作成しています。

思った以上に反響があり、「意外とみんな仕事探しに苦労しているのかな〜?」と感じたので、それぞれのサイトの特徴などをまとめてみました。

Green

GreenはWeb/IT系ベンチャー企業の正社員転職サイトです。

このサイトはエージェントではなくマッチングサイトなので、企業とダイレクトにつながることができるのが最大の魅力です。なので正社員採用のサイトではありますが、企業との交渉次第で業務委託やフリーランスとして契約することも可能です。実際に僕もこのサイトから3社と仕事をし2社は1年ほど継続して仕事を受けています。

またGreenは自分からの応募だけでなく、スカウトが来るのがポイントです。実際に僕は毎週スカウトが来るような状況で、自分から応募したことはありません。

画像引用元:Green

スカウトがきた会社に対して自分の条件を伝え(僕の場合業務委託契約)、それで良い企業とだけ面談・打ち合わせをして仕事を取るようにしています。

そして正社員のスカウトなので

  • 自分が条件を強めに出せる
  • ある程度予算を持っている

という状況になっているので、業務委託・リモートワークでも正社員同然の報酬を提示できます。

こういうことは他のサイトではなかなかできないので、うまく使いこなせるとかなり安定します。

正社員採用サイトなので、フリーランス条件にあてはまる企業は多くないですが、職務経歴書を登録してスカウトを待つだけで手間は掛からないので、ぜひ登録しておきましょう。

クラウドテック

クラウドテックはクラウドソーシング会社最大手のクラウドワークスが運営しているサイトになります。

クラウドテックとクラウドワークスの決定的な違いは報酬帯です。参考例にライター/編集者を見てみましょう。

Crowd WorksでのWebライティングの案件一覧

画像引用元:クラウドワークス

画像引用元:クラウドテック

クラウドワークスだと数万円の案件がクラウドテックだと最低20万円となります。理由としては、若干の時間・場所の拘束があるのと業務範囲が少し広いためです。ライティング/編集であれば、ディレクションやマーケプランの設計などが入ってきます。

しかし、クラウドテックではリモート案件を検索条件に入れて探すこともできますし、業務範囲を広げることで自分自身のスキルアップにつながるので今後のキャリアの選択肢が広がります。

こちらのサイトは今紹介した業種以外にも

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • ディレクター

とフリーランス職種の代表的なものはすべて抑えてあるので、全フリーランス登録必須のサイトになります。

案件単価も他のサイトに比べて高く設定されているので、ぜひいい仕事を探してみましょう。

Wantedly

WantedlyもGreenと似たようなサイトになります。

  • 企業とダイレクトにつながれる
  • スカウト機能がある

違う点は、Wantedlyは正社員だけでなく、契約社員や業務委託での仕事を最初から探すことができるので、よりフリーランスの働き方にマッチした案件に当たる可能性が高いです。僕もWantedlyからはスカウトで2社仕事を獲得しています。

ただしGreenよりゆるく採用活動している・広報的な使い方をしているので本気度は低い企業が多い印象です。

ただ、フリーランスの仕事でダイレクトにつながれるサイトはWantedly以外ないので営業ツールとしては最強のサイトです。

もしまだ登録していない人は、ぜひ登録して自分に合った案件を探してみましょう。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは登録者1人1人に専属のエージェントがついて案件の斡旋をしてくれるサイトです。

案件の多くが週3日〜からの繁常駐型の契約になっていますが、その分単価は高く最低25万円ぐらいからとなっています。ただし検索条件にリモートを選択できるので、リモート×高単価も実現可能です。

画像引用元:ITプロパートナーズ

職種もエンジニア・デザイナー・マーケター・ディレクターとあるので、ほぼ全フリーランスの仕事を探すことができます。

ITプロパートナーズとクラウドテックは似たようなサイトになりますが、違う点は専属のエージェントがつくかどうかです。

クラウドテックは案件に応募すると、興味を持った企業が直接返信をしてくれます。しかし返信をくれない企業も多いので、1回目の接触がなかなかできないという難点があります。

一方でITプロパートナーズは、専属のエージェントがつき案件の接触まで持って行ってくれるので、自分自身のアピールやエージェントの努力で案件を取れる可能性が高まります。

またたくさんの案件を取って来るので、営業代行のような存在になってくれます。営業力の外注化はフリーランス必須の課題です。

まだ営業パートナーをお持ちでない人はぜひ登録しましょう。

マスメディアン

マスメディアンは紙媒体からWebコンテンツまで幅広いメディア・広告を手がけている株式会社宣伝会議が運営している、Webマーケティング/クリエイティブ制作の求人案件を紹介しているサイトです。

基本的には派遣から正社員採用をしています。なのでフリーランスの案件としては派遣で探すことになるでしょう。派遣であれば、週2〜3で残業なしで専門業務に従事できるので、自分のスキルを磨くのに最適です。

宣伝会議自体は2019年で創業65年になる業界の老舗企業になるので、大企業からベンチャーまで多種多様のクライアントとの付き合いがあります。なので、フリーランスとしては仕事ができない大企業の案件に関わることができます。その実績は自分の営業材料としても使うことができます。

単価自体は派遣であれば時給で提示されることが多いですが、かなり良い報酬になります。

画像引用元:マスメディアン

東京で1番やすい時給1,610円だとして1日8時間週3であっても、154,560円になります。残りの週4日は別の案件を回していけば、月収30万円は堅いでしょう。それも時間給で必ずもらえるベースがあるからこそ達成ができるのです。

固定収入や大企業の案件担当実績が欲しい人は、ぜひマスメディアンに紹介してもらいましょう。

CARRY ME

CARRY MEは非技術職系のフリーランス案件に強いエージェントになります。フリーランスといえばWeb系の技術職が多く、ほとんどのエージェントがその職種のみ案件を揃えています。

しかしCARRY MEはそれでけでなく、コンサル・経理・事務なども抑えているので、そういったキャリアを活かしたフリーランスになるのも支援できます。

画像引用元:CARRY ME

僕がフリーランスになる前に、案件をたくさん紹介していただき3社と契約しフリーランスになれたのもCARRY MEで最初に案件を取れたからです。

自身がWeb系のスキルがなく新たに勉強してスキルを得ようと考えている人は、まずはCARRY MEで自分の活かせる仕事はないか探してみましょう。

A-STAR

案件の種類と数の豊富さでトップなサイトがA-STARです。こちらが案件の検索画面です。

画像引用元:A-STAR

エンジニアやデザイナー系の案件が豊富で単価もかなり高いです。また特徴としてどの職種もプログラミングやマーケティングツールの理解を求められている案件が多く、ハイスペックを求めています。

フリーランスや業務委託の契約にはなるのですが、支援会社やパートナーと捉えられている傾向が強いので常駐型がメインになり、リモートワーク案件を探すのは難しいです。その分が単価に反映されています。

1社に腰を据えてコミットし稼ぎたいという人は、A-STARで案件を探してみましょう。

 

Indeed

実はIndeedもフリーランス案件を探すことができます。Indeed自体はあらゆる求人サイトを一括で検索ができるので、かなり案件が出てきます。ただし条件が色々混じっている(正社員など)ので、ふるいにかける必要があります。

検索画面の右に「検索オプション」といのがあるので、それをクリックするとキーワードと雇用形態を絞れます。ここに業務委託があるので、これを選択して検索するとあらゆる求人サイトの業務委託案件が抽出できます。

画像引用元:Indeed

案件数は群を抜いて1番ですが、絞っても選定するのは結構大変です。なので特定のキーワードと条件を登録しておくと、メールでお知らせしてくれる機能があるので、それをするようにしましょう。

Creative Village(Creative Job)

Creative VillageはWeb/ゲーム/出版とあらゆるクリエイティブ分野の事業を手掛けるクリーク・アンド・リバー社が運営するメディア兼案件紹介サイトです。

もともとクリーク・アンド・リバー社代表の井川氏はフリーランスの映像ディレクターでした。ある仕事でアメリカのクリエイターとの合作を作る際に、アメリカではフリーランスの所属するユニオンやエージェントがあるのを知り、日本のフリーランスクリエイターとの差に愕然としたそうです。

それをきっかけに、同様の組織を作るためにクリーク・アンド・リバーを創業したという経緯があります。なので、会社自体が柔軟な働き方の気質もあり、またそういった案件を紹介をしてくれます。

クリーク・アンド・リバーが提供する案件は他のサイトとは違い、かなりクリエイティブ要素の強い案件が豊富です。

画像引用元:Creative Village

他にはないような、映像/ゲーム/アミューズメント/アニメなどがあります。かなりクリエイターよりのサイトになります。

なかなか自分に合ったサイトが見つからないというクリエイターの方は、ぜひ登録して案件を探してみてください。

Find Job

Find Jobも幅広いフリーランス案件を取り揃えているサイトになります。イメージはCARRY MEと近い(もしくわほぼ同じ)でしょう。

画像引用元:Find Job

ただ、案件の企業名を直接見ることができるので評判などを事前に知ることができる上に、案件概要も詳しくまとめているので、選定作業が非常に楽です。

1つ目の仕事を早く取りたいという人は、ぜひ利用してみてください。

 

フリーランスの仕事探しのサイトを見る・応募する際のポイント

最後にサイトを活用する際のポイント・注意点を解説していきます。見るべきは以下の3つです。

  • 仕事内容が明確か?
  • 条件が自分に合っているか?
  • 運営元(もしくわ掲載企業)が正常な会社か?

ここをみないと仕事をした後にトラブルに巻き込まれるケースがあるので注意しましょう。

仕事内容は掲載情報を保存しておく

応募するのは、その仕事が自分に合っている・その報酬が妥当であるからです。そしてそれを掲載して人を募集している以上、守らなければいけません。

フリーランスあるあるなのですが、しれっと業務を追加することが多々あります。それは契約違反や情報の虚偽になるので、拒否することができます。しかし証拠がないといけないので、必ず掲載元の情報をスクショなどで保存するようにしましょう。

自分のスキルに見合った案件を探す

自分にどんぴしゃな案件がなく、少し背伸びをして仕事を取ろうとする人がいますが、絶対にしてはいけません。理由を挙げると

  • プロである以上途中で投げることはできない
  • 投げたら報酬は0
  • 業界は狭いので悪い噂はすぐに回る

まずは仕事においては自分のできることをし、プライベートで徐々にスキルアップや業務範囲の拡大をしていきましょう。

ブラックな会社から仕事を取らない

どんなに仕事がなくても、ブラックな会社から仕事をとってはいけません。支払われないリスクや責任を押し付けられる危険性があります。

そのサイトを運営している会社/名前がみれる会社は正常か?は必ず確認するようにしましょう。

フリーランスの仕事探しにサイトの有効活用も重要なスキル

今回僕が使っている10個のサイトを紹介しました。それぞれ特徴があるので、一概にこれがおススメということはありません。なので自分自身で色々試して使って最適なサイトを見つけてください。

フリーランスで仕事を取るのにサイトの活用はマストになります。それもスキルの1つです。ぜひ自分にとって1番有効な使い方を作ってください。

 

おすすめの記事