The following two tabs change content below.

たかや@メディアディレクター

Airbnbの書道体験のホスト/フリーのメディアディレクター/男性美容、トレーニング、Lab-Tech、金融・資産運用、ライフスタイルメディアなど法人5社と契約。 コンテンツマーケティング全工程を担当。専門は調査・構成作り・編集・SEO対策・GA分析。 今後はフリーランスエンジニアへとキャリアチェンジを計画中。 35歳で完全自由を手に入れる。 プロフィール記事・動画はこちらから!

どうも、たかや(@tabigrapher)です。

以前友人とこんなことで悩んでいました。

プロフィールの中に、目次入っておかしなことなるんだけど!

ワードプレスを使っている人のほとんどがプラグインで入れる、プロフィール欄(Fancier Author Box)と目次(Table of Contents)。

目次に関しては入れることで、読者視点をしっかり考えた構成ということで、SEO対策にもなります。

そして、プロフィールも入れることで、ブログ運営者や執筆者がどういう者なのか知ってもらうことができます。

またプロフィール欄に、自分のプロフィール記事をリンクとして差し込むことができますので、より深く知ってもらえるきっかけにもなります。

便利な二つのプラグインなのですが、同時に入れると大変なことになります。

参考記事:目次、Table of Contentsのプラグインの手順

【参考記事】:プロフィール、Fancier Author Boxのプラグインの手順

 

それが冒頭で挙げた

プロフィールに目次が入り込む

という現象です。

これがあることで、本文までがもの凄く長くなります。

どうやったら直せるのか、ずっと調べていたのですが、Googleさんは答えを持っていませんでした。

そこでちょこちょこいじっていたら、なんと一瞬で直りました!!

めちゃめちゃ簡単でした。たったの1ステップ!

この解決方法は他に載っていなかったので、これ永久保存版ですよ!

  • プラグインで目次(Tabel of Contents)を開きます
  • 下に行き上級者向けをクリックします
  • 目次作成部分がデフォルトでは、h1〜h4まで全てにチェックが入っているので、h1タグだけチェックを外します。
  • 以上!

 

 

どうも、プロフィール欄はh1タグとして認識されるようです。

デフォルトのままだと、1番最初に出て来たh1タグ、プロフィールに入り込んでしまうようです。

なので、h2以降に表示を設定することで、h2タグ直前・直後に目次(Tabel of Contents)を入れることができます。

結果、正常に直すことができました!

是非ご参考にしてください!

合わせて読みたい!

ブログで結果を出すために、まずは読みやすい記事構成を覚える。

おすすめの記事