【忙しい社会人のための簡単自己啓発】エッセンシャル思考で99%の無駄を捨てる。

(当記事に記載した画像は全て、かんき出版のエッセンシャル思考より転載しております。)

どうも、たかや(@tabigrapher)です。

ボクの趣味の一つに読書があります。

大学3年時まではそんなに読書をするタイプではなかったのですが、4年の中盤に

これから社会人やだな~、そうだ!投資やビジネスの勉強しよう!

と思ったのがきっかけで読書の虫となり、それからもの凄く本を読むようになりました。

社会人時代も月に2冊は読んでいました。よく朝礼で挨拶する際には、本の紹介をしていました。辞める前にも社員さんから「よく本読んで勉強してるよね。」とは言われていました。ボクは自分が読んで良いと思った本は、人におススメしているのですが大体「読む時間がなかった」といって返されてしまいます。

まぁ確かにとは思います。みなさん夜の7時・8時まで仕事をしてそこから本を読むなんて気になれませんよね。因みにボクは、飲み会を断って本を読む時間を作っていました。そっちの方が役に立つからです。

本を読むことで、価値観や思考力やスキルの基盤を作ってくれます。なのでボクは忙しいのを分かって本をおススメします。

しかし、忙しくても読める本をおススメします。それは「マンガで分かるシリーズ」です。

最近よく本屋の店頭に並んでいますが、「あれってどうなん?」みたいな感想を持つと思います。実際ボクもそうだったんですけど、マジで勉強になります。ボクが「マンガで分かるシリーズ」をおススメする理由は

  • 活字で難しく考えるより、シンプルに頭に入る
  • 手法などが図解されているので、すぐに実践できる
  • 読書時間が短い
  • 画像で保存できる

ビジネスにおいて使える考え方や思考をマンガを紹介していきます。

最小の時間で成果を最大にする

それが

「エッセンシャル思考」

という考え方です。

それを達成するためには何をするのか?それは

「99%の無駄を捨て1%に集中する」

ことです。

その中でボクが一番強く響いたのは

「90点以下なら0点」

という考え方です。

みなさん、こんなことで悩んだ経験はありませんか?

  • ゴールの決まっていない会議の出席
  • 無駄に多い書類手続き
  • 社内の人間関係に気を使う
  • 半強制的な飲み会の参加

ボクも悩みました。「これ必要?意味ある?」自問自答を繰り返しました。

そんなときに読んだ本が、グレッグ・マキューン著の「エッセンシャル思考」という本でした。

まずは、著者グレッグ・マキューン氏について調べました。

シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEO。エッセンシャル思考の生き方とリーダーシップを広めるべく世界中で講演、執筆をおこない、アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、リンクトイン、セールスフォース・ドットコム、シマンテックなどの有名企業にアドバイスを与えている。ハーバード・ビジネス・レビューおよびリンクトイン・インフルエンサー
の人気ブロガー。

(引用元:かんき出版 https://kanki-pub.co.jp/pub/author/details/828

新時代を作り上げたアメリカの有名企業をクライアントに持っている、カリスマコンサルタントです。

確かに、GoogleやFacebookなどの企業はまさに、エッセンシャル思考をフル活用しているので、この方がどれだけ会社の文化の基盤を作っているのか分かりますね。

そしてこの方が書いた本が

簡単に目次の概要をお伝えします。

エッセンシャル思考とは何か?

story1 無駄に気付く

優秀な人ほど失敗する可能性が高い(P42~)

見極める技術

story2 大切なものだけを選ぶ

90点ルールで大切なことだけを選ぶ(P94~)

捨てる技術

story3 本質目標を見つける

上手な断り方を知っておく(P123~)

しくみ化する技術

story4 今、この瞬間を生きる

小さな一歩を積み重ねる(P158~)

(*story下はもっと細かく分けられています。)

様々な章の中でもっともボクが、参考にした考え方を紹介します。

90点ルールで大切なことだけを選ぶ

まずはマンガを見てみましょう。場面は小学校の田辺先生のクラス新聞が生徒からの評判が良く、学年主任の先生から学年新聞も作ってくれないか?と依頼され、困っているシーンです。

エッセンシャル思考を支える2つの軸は

「99%の無駄を捨て、1%に集中する」

「最小の時間で成果を最大にする」

です。

ボクが本を読んだ中でこの「90点ルール」が最も肝になると考えています。

最小の時間で成果を最大にするには、「やっているものが楽しいと感じたり、やりたい!と心から思う」ことが重要です。

そのためには、周りの雑念を一切取らない限りは、最小時間で最大成果は出ません。

じゃあその基準をどこに置くか。それが、自分がやりたいと90点以上と思えるかどうかです。

ボクの社員時代にこれを基に自分の生活を洗い出してみると、、、

  • 朝早くに満員電車に乗る
  • 結論のない会議に出席する
  • これ、いるって?と思う事務処理をする
  • 20分で昼休憩を終えようとする上司に合わせる(実際はぶらぶらしていた)
  • 飲み会の2次会に参加する(ほとんど不参加でしたが)

ボクにとっては90点以下。いや、30点にも満たしていません。

逆に仕事終わりや休日の

  • ゲストとご飯食べにや飲みに行く
  • 一緒に書道をする
  • 観光をする

は100点でした。

自分の起きている1日の僅か3時間しか、90点以上を超えていませんでした。

なので、ボクは自分の時間の大半を90点以上にするために辞めました。

それもこのエッセンシャル思考に基づいたものです。

「99%の無駄を捨て1%に集中する。最小の時間で成果を最大にする。」

これに関連することで、USJのV字回復を達成した、全取締役の森岡毅氏も同じようなことをいっておりました。

いや、そんなこと言うけど簡単じゃねーよ!

と言われてしまいそうですが、この本には上手な・正しい断り方も後述しているので、現実不可能な話ではございません。

ヤるかヤらないかは本人次第です。

また、こちらの本の良い所はマンガだけでなく活字の説明もあること。

たしかに、マンガだけでは物足りない部分や説明不足のところもあります。活字も読むことでより理解が深めることができます。

更に図解があること。


図解は自分の頭を整理することに長けています。

またこの画像さえ撮っておけば、いつでもどこでも使うことが出来ます。この本には5つの図解があります。すべて使うことで「エッセンシャル思考」を習得することができます。

こういう本を理想論と取るかどうかは自分次第です。でもボクは強くおススメします。人生は選択肢の連続。困ったときの助け舟を四方八方に出せるように、様々な思考・スキルを身に付けておきましょう。

より詳しく知りたい方は活字を読んでみては?

【忙しい社会人のための簡単自己啓発】クリエイティブ力を活かしたいならロジカル・シンキングを鍛えろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です