これからの新常識となるプレゼントに10万円使ってみた!消費で終わるプレゼント終焉の時代の幕開け

The following two tabs change content below.

たかや@プロカタリスト

Airbnb宿泊・書道体験のダブルホスト/フリーのメディアディレクター/人気プロ無職るってぃさんの「TABI TECH」編集長・ライター育成。 好きなことの掛け算でパラレルキャリアを実現中。 プロフィール記事・動画はこちらから!
たかや
ク~リスマスが今年もやってくる~

クリスマスプレゼントはもう渡しましたか?渡す人がいない?それはご愁傷様です。

ボクは彼女の仕事の都合上23日にプレゼントを交換しました。ボクなりのプレゼントを選ぶ秘訣は

  1. 本人がお金を掛けないところ
  2. 個人の趣味や嗜好が反映されないもの
  3. 他人の目が気にならないもの

 

この辺を抑えていれば、まず外れはしないでしょう。ちなみにおしゃれな部屋着をプレゼントしました。

 

普段から物欲がなく消費活動をしないボクですが、今年1年フリーランスでがんばった自分のために年末ということでクリスマスプレゼントを買いました。

ただ皆さんが想像するプレゼントとは違います。ボクの人生のテーマは「投資力」。リターンがないものは基本買わないと決めています。

なのでボク自身へのクリスマスプレゼントも一種の「投資」なのです。

2017年、自分へのクリスマスプレゼントで買ったものは『金融資産』

今年1年はフリーランスとして2つの力を付けることを目標にしてきました。

  1. 稼ぐ力、稼げる仕組み化
  2. 抑える・管理する力

 

この2つは目標通り達成することができました。そして来年は『資産を作る力』を目標にしていきます。

稼ぐ力はいまの仕事やスキルをベースに多様化させていく一方で、ある程度の余剰資金で資産を作る力を養っていきます。

色んな方の本やブログを読んでみたのですが、結局はやってしまった方が早いし勉強になるので、実際に資産作りに取り組んで行きます。

そのきっかけに自分へのクリスマスプレゼントとして、いくつか金融資産を購入したので紹介していきます。

米国の個別銘柄

こちらは以前紹介した「One Tap Buy」というアプリで1,000円から米国の有名企業への投資ができるものとなっており、米国株ブログを運営しているたぱぞうさんも紹介しているサービスです。

アメリカ企業の株は日本と違い1株からでも購入は可能です。しかし有名企業になるとその株価はめちゃくちゃ高いので購入が困難になります。

まずはOne Tap Buyで手軽に購入を始めてみます。以下買った3社です。

銘柄 金額
VISA 1万円
P&G 1万円
Alphabet 1万円
一番右の金額欄を見て分かるように、1万円でも1株買えないのです。しかし、1000円から米国優良大手企業の株主になれるのが、One Tap Buyの魅力なのです。

まずはこの3社に月1万円ずつ投資をしていき、パフォーマンスの高いものに集中投資をしていく予定です。

ひふみ投信で、守りながら増やす。日本の成長企業に投資

レオス・キャピタルワークスが販売する投資信託のひふみ投信。ここの代表の藤野英人氏の考え方が非常に好きで、お金メディアFroggyのセミナーで藤野氏の思いと実績に惹かれ、積立て投資を開始する。

レオス・キャピタルワークスの理念

  1. 日本の成長企業に投資する
  2. 守りながら増やす資産運用に挑戦する
  3. 顔が見える運用をする

 

これは今まで個人投資家が望んでいたことを、すべて満たした考えではないかと個人的に感じる。

本来株式投資とは、企業の成長を資金調達という側面から支援することである。しかし、日本経済が停滞する中で、成長を続ける企業を見つけることはそう簡単ではない。

東証マザーズの小型株に投資しても、玉石混交の中からほんとうに価値のある企業を見つけること、素人には難しく下手すれば資産がすべて吹き飛ぶリスクもある。

レオス・キャピタルワークスの投資信託商品は、個人投資家の痒い所に手が届く商品である。大事な資産を守りながらも日本企業の成長とともに伸ばしてくれる。

そしてきっちりと成果もだしている。

まただれが商品を作っていて運用しているかも分かる。多くの商品が作り手も運用者も分からないものであり、買った後の運用成績の報告も、運用報告書で終わってしまい、最後まで顔が見れない。

顔も見えて成績もしっかりだしているのであれば、そちらに任せる。当然の選択であるので、ひふみ投信で積立を始めます。

イーサリアムを8万円から18万円に増えたので、仮想通貨に再挑戦

実は仮想通貨ビットコインを初めて購入したのは今年の1月に15万円ほどで購入した。意外にも早かった。

それ以降に5月末の大暴落に耐えられず、一次売却をしてしまい、その後イーサリアムを8万円で購入し傍観していました。

この12月で暴騰をしてくれた結果、18万円程度まで上がってくれたので、再挑戦します。

Twitterでは仮想通貨の情報が頻繁に入ってくるので、それをもとにまた取引を始めてみようと思います。

通貨 金額
NEM 2万円
Bitcoin Cash 1万円

仮想通貨に関しては積立ではなく、暴落を狙って購入していきます。1年見て何となく傾向は掴めた中ででた結論は、ドルコスト平均法の定額積立は相対的には損をするという判断です。

通貨全体が右肩上がりの市況で積立をするのは、常に高値の状態で少額しか買えないことを意味します。ここまで市況がはっきりしているのであれば、毎月積立をせずに、大きな下落を狙えば良いと思います。

まあほとんど取引はしたことないので、実際に購入して勉強していきます。

2018年は、月10万円の資産運用を目指す

2018年の月々の資産運用計画です。

運用機関・サービス 銘柄 金額
One Tap Buy 米国株(個別銘柄) 3万円/月
Wealth Navi
(ロボアドバイザー)
ETF(自動ポートフォリオ) 3万円/月
レオス・キャピタルワークス ひふみ投信(日本成長企業) 3万円/月
Coincheck 仮想通貨 1万円/月

Wealth Naviに関しては11月より運用を開始し、少額ではあるものの成果も出ているので、このまま続けていきます。

▼Wealth Naviについて詳しく書いていますので、要チェック▼

【キャンペーン期間中】資産運用初心者におススメする、ウェルスナビ。10万円から国際分散投資で資産運用を始める

2017.11.03

仮想通貨に関しては1万円ずつ入れて暴落時に買うというスタンスで取り組んで行こうと思います。

そして月10万円を資産運用に回せるように、しっかりと稼ぐ力と仕組みの強化に励んでいきます。

これから少額でも資産運用を考えている人の先に立って色々実験をしていき、内容や成果をシェアしていき、少しでも参考になるような記事を書いていきます!

これからよろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です