The following two tabs change content below.

たかや@メディアディレクター

Airbnbの書道体験のホスト/フリーのメディアディレクター/男性美容、トレーニング、Lab-Tech、金融・資産運用、ライフスタイルメディアなど法人5社と契約。 コンテンツマーケティング全工程を担当。専門は調査・構成作り・編集・SEO対策・GA分析。 今後はフリーランスエンジニアへとキャリアチェンジを計画中。 35歳で完全自由を手に入れる。 プロフィール記事・動画はこちらから!

 

 

フリーランスで法人のオウンドメディア運営をしている、たかや(@tabigrapher)です。

もともとはSEO対策会社に勤務をしており、これまでに多くのメディアを分析してきました。そのなかで、検索上位を取れているメディアに共通することは「基本的なことを抜かりなくやる」ということを、実感しました。

世の中にはさまざまなSEO対策手法があります。それはホワイトもブラックも含めて。しかしすべてを抑えているメディアはそう多くありません。すべての手法をきちんと行おうとすると、本質のコンテンツ提供を怠ってしまいます。

今回はSEO対策の基本中の基本をまとめて紹介します。すべて押さえれば、上級者のテクニック的なところは除き、基本は抑えることができます。

是非ご参考にしてください!

SEO対策の大原則は「ユーザー第一」

巷に、SEO対策の様々なテクニックがありますが、それははっきり言って二の次。

Googleの言語処理能力も上がり、アルゴリズムもどんどん変わっていきます。テクニックしか抑えてなければ、常に変更時にキャッチアップしないといけなくなります。

しかしGoogleが一番大切にしていることを抑えていれば、アルゴリズム変更で右往左往する必要がなくなります。Googleは一番にユーザー目線でサービスを開発しています。

Googleの基本方針でもGoogleが掲げる10の事実でも一番最初に来るのは

 

「ユーザー」

 

です。

Googleの事業モデルでも分かるように、Googleの利用者が増え、Web上に広告枠を売ることで収益を上げています。つまりGoogle上から人がいなくなり、企業などが広告を買わなくなったら、Googleはビジネスを続けることができません。

なのでユーザーを第一にサービスを設計しているのです。そしてユーザーを満足させるコンテンツを作る人をGoogleは評価してくれるのです。いわばビジネスパートナーのようなものです。

これが一番重要なSEO対策なのです。

ブログ初心者でもできる、SEO対策5選

1.情報の網羅性を意識してサイト設計する

SEO対策とは「クエスチョン&アンサー」です。

検索者の検索ニーズに対して優良なコンテンツを提供する。Googleはプラットフォーム会社でありマッチング会社。検索者の悩みを解決させることが仕事です。

その際に重要なのは、情報の網羅性。1つの回答ではなく、たくさんの回答を持っている人が優遇される。1つのブログやサイトで様々な観点から回答を出せるように設計しよう。

2.検索ニーズは4つから構成される

SEO対策できる記事の種類は4つしかありません。

  • Question
  • How to
  • Ranking
  • Image

 

ワードを選定したら、どの検索ニーズに当てはまるかを考えて記事が書くようにしましょう!

3.Q&AサイトはGoogleが答えを持っていないワードで溢れている

Q&Aサイトはなぜ存在するのか?それはGoogleが答えを持っていないからです。

検索者はまず最初は検索エンジンに答えを求めます。しかし答えがなかったので仕方なく、Q&Aサイトを使っているのです。

つまり現在Google上に答えがない。しかしQ&Aサイト上で確認した検索ニーズはあるワードにアンサーを返すことで、競合なしに検索上位を狙うことができます。

4.検索需要は急に増える。逸早くコンテンツ供給者になることが、最強のSEO対策

ブームというのは常にあるものです。ブームに合わせるように検索需要は急激に増えます。理由は検索者の方が多く、コンテンツ供給者は圧倒的に少ないからです。

ブログやメディアで記事を書く人はコンテンツ供給者でもあり、検索者でもあります。しかし、検索だけしかいない人もいます。どちらかと言うと、検索のみの人の方が多いのです。

なのでブームのワードは初期はコンテンツ不足になります。コンテンツ不足にいち早く気付きアンサーを返した人が、答えをたくさん持っているサイトということで、上位表示されるのです。

5.基本的なSEO対策テクニックを覚え、実践する

テクニックはあくまで、SEO対策の補助としておきます。

基本的なスタンス「検索ニーズを満たすコンテンツを作る」を満たしたうえで、それをGoogleの検索エンジンに気付いてもらえるように、様々なテクニックを駆使しましょう。

結局書かないとわからないのが本音

しっかりとキーワード・ターゲット選定をしたのに、なかなか上位に表示されない。逆に全然狙っていなかったのに、ぐんぐん上がってくる。といった経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか?

よくあることで実際に書いてみて反応を見ないことにはわからないこともたくさんあります。しかしいろいろ考えてしまい、制作の手が止まってしまうのが一番ダメです。

最低限の自分が抑えるべきポイントだけを決め、あとを制作と分析とリライトのPDCAを回していきましょう。それが一番大切なことです。

 

ブログ運営に関する記事はこちら

おすすめの記事