今からAirbnbを始めるなら、3つのサービスを使って運営を開始する

The following two tabs change content below.

たかや@プロカタリスト

ブロガーとしてカタカタPCを叩き語ります。そしてcatalyst(触媒)として、人に影響を与えて人生変えれるようになる/Airbnbの宿泊と体験のダブルホスト/週3でSEO対策・コンテンツマーケティング会社/人気プロ無職るってぃさんの「ここから!」「TABI TECH」編集長・ライター育成。 プロフィール記事・動画はこちらから!
たかや
どうも、Airbnb依存症ブロガーたかや(@tabigrapher)です。

 

Airbnbを始めて8ヶ月目です。なんだかんだ閑散期でもうまく運営できています。とりあえずこの冬を乗り越えたら、ゴールデン期間です。

結構このブログでAirbnb関連の発信をしており、月2~3人のペースですがお問い合わせやコメントが来ます。

といった共感してくれる人が増えて、行動の一歩となれていることが、ブログで発信するするモチベーションになります。

しかし一方で現実的なところに目を向けると、想像以上にAirbnbでのシェアハウス・ゲストハウスや民泊の壁の高さに苦戦し実際に実行できていない人も多いようです。

ボクと同じタイプのホストは、隠れて民泊やAirbnbを始めるのではなく、堂々と「自分はこういうスタイルでAirbnbをしたい!」という信念を持ちやりたい人が多い。

しかし一方で民泊やAirbnbに対して大きな懸念を持っているのが現状の大家さんであったり賃貸市場である。

ボクは色々なラッキーもありましたし、そのラッキーを確実に手にするようにもしてきました。なのでボクが今Airbnbを始めるならどのように動くかを考えてみました。

ステップは3つ

  1. 実績を作る
  2. 専門サイトで物件を探す
  3. 立ち上げ専門業者に、初期費用を抑えて始める

 

ボク自身はすでに空き部屋を持っている人がやるのがベストだと思いますが、ボクみたいにAirbnbで固定費を0円になるまで回収し、労働時間を極端に減らして好きなことで仕事ができるように価値化する動きに時間を取るようにするのも、1つのAirbnbの始め方・使い方です。

目的はどうであれ、新しく物件や部屋を取得してAirbnbを始めるにはこういう方法というものがあります。ぜひご参考に!

新規でAirbnbを始める3つのステップ

1.Couchsurfing(カウチサーフィン)で実績を作る

いきなりAirbnbを始めます!は99.9%大家からNo!!を宣告されます。そこにはあなたが外国人に部屋を貸す・シェアした実績がないからです。

人は経験のないものを怖がり避ける傾向にあります。常に同じ選択をしてしまうのは、損失回避の原理が働いているからです。

今回の場合、Airbnbを始めたいという人を受け入れたことのない大家・外国人に部屋を貸す・シェアした経験のない契約者。と2人も経験のないことを始めようとしています。

賃貸契約の権限は大家にあります。なので大家がYesと言える証拠を作る必要があります。その1つがCouchsurfing(カウチサーフィン)なのです。

ボクもここで30人以上の外国人観光客とシェアルームをし書道を教えてきました。それをもっと大きくしたい、仕事にしたいと言い今のAirbnbを始めました。その際にCouchsurfingで作った実績が非常に役に立ちました。

  • ゲストからのコメント
  • 交流をしている写真

 

 

これが非常に効果的でした。目から入る情報ほど強いものはありません。写真で楽しそうな交流風景やボクに対する高評価のコメントをもとに交渉をすれば、なにも無しなところから勝負するよりかは、はるかに交渉を有利に進められます。

まずはCouchsurfingで実績を作り、大家を安心させましょう。

合わせて読みたい!

Airbnbを始めたい人にまずはCouchsurfingをお勧めする5つの理由

2.Airbnb・民泊許可物件から探す

ここができればもしかしたら1の実績作りは必要ないかもしれません。しかしあまりAirbnb・民泊許可物件は多くないので広い選択肢を持ちたいなら1は必須です。

民泊許可物件専門サイトがあるのでこちらからも探してみましょう。

1つ目は【民泊物件.com】

累計物件数が4500件を超える、日本最大のAirbnb・民泊許可物件ポータルサイトです。

希望の価格・立地等を入力すると、類似物件が出てきたときに通知してくれる。1軒屋から1Rまで幅広く取り揃えており選択肢は豊富である。

もう一つは「booken.jp

こちらも民泊物件.com同様のポータルサイトで、4500件以上の掲載物件があり引けを取らない。

この2つを抑えておいけば、まずは物件探しに困るということはない。

Airbnbや民泊を始めるにはそれなりの初期投資が掛かる。それなのに途中で退去を命じられたら、初期投資だけはガッツリ掛けたのに楽しめず回収もできずに終わるのはもったいない。

できるだけ長く運営できるようにリスク回避をしよう。

3.立ち上げ専門業者に任せて、初期投資を下げる

ボクは大のアンチ代行業者で、この記事を書いたら多くの人の共感を得ました。

【関連記事】:民泊代行業者が言わない不都合な真実

しかし、その中でもこの会社は唯一良いなと思ったところがあります。

 

「スイッチエンターテイメント株式会社」

です。民泊の立上げ・撤退を専門にする会社です。そこのサービスの「立上花子」がこれからAirbnbを始める人におススメなのではないかと思います。

この立上花子のHPには掲載されていないのですが、裏サービスなるものがありまして。

「立上に掛かる費用無料!(家具家電セッティング・リスティングページ作成等)売上の30%を頂く」というものです。

というのも「撤退太郎」というサービスで3万円から、部屋を元の状態まで戻すということもやっています。その中には家具家電の買取も行っているので、無料での貸し出しもできるのです。

そして話していたフレキシブルな会社だなと感じたので、売上の30%も交渉次第です。

部屋を掲載させるまでには様々なことがあります。

  • 物件の契約
  • Airbnbのリスティングページ作成
  • 家具・家電のセットアップ
  • 写真の撮影
  • リスティングページの更新

 

立上のすべてを任せる必要はないのです。自分でできることはやりましょう。

ボクであれば家具・家電のセットアップだけお願いし、その代わりに月の売上の10~15%に下げるように交渉します。

家具・家電は無料で手に入り、月の売上の10%前後のみを報酬として支払うというスタイルができれば、初期投資はかなり抑えてAirbnbを始めることができます。

初期投資を抑え長く運営することを心掛ける。そして大きく稼げないことを認識する

お金を掛けて煌びやかにしても無駄です。その市場はすでにレッドオーシャンです。

まずは初期投資を抑え、すぐに回収しようという魂胆を捨てることです。そしてすでに大きく稼ぐことは不可能だと思ってください。

その中で自分に合った運営スタイルと戦略を考えて、Airbnbを始めましょう!

▼Airbnb相談はこちらから▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガーとしてカタカタPCを叩き語ります。そしてcatalyst(触媒)として、人に影響を与えて人生変えれるようになる/Airbnbの宿泊と体験のダブルホスト/週3でSEO対策・コンテンツマーケティング会社/人気プロ無職るってぃさんの「ここから!」「TABI TECH」編集長・ライター育成。 プロフィール記事・動画はこちらから!