宿泊から体験へ!Airbnbの体験ホストのMeet Upに行ってきた!遊びから宿泊まで旅行のポータルサイト

たかや
レビュー120件、総合評価4.7の宿泊と体験の最強ホスト、たかや(@tabigrapher)です。

一昨日Airbnbの初のミートアップに行って来ました!

ボクの人生を大きく変えたサービスがAirbnbです。

その会社が主催してくれる、ホストが集まり交流や意見交換をする場に、初めて招待されました。このミートアップは完全招待制で誘われない人もいるような超貴重な時間です。

今回のミートアップは、Airbnbが昨年の11月から始めた新しいサービスのホストとして、参加しました。そこで得た情報を完全公開しちゃいます!

Airbnbは宿泊から体験へ

東京でも体験ホストが本格的に始動

今までのAirbnbのビジネスモデルは宿泊先を提供するホストがAirbnbで貸し部屋を登録し、収益を上げる。

Airbnbはホストとゲストからの宿泊手数料を売上とするビジネスであり、ホストは宿泊業にや不動産業に近いビジネスでした。

宿泊に限定されていたので、ホストとなる人はすでに物件や空き部屋を持っている人か、新規で借りれる経済的に裕福な人がメインでした。

宿泊に特化したプラットフォームであったAirbnbでしたが、昨年(2016年)12月から新しいサービスを開始しました。

それが、『体験』です。簡単に言うと、個人が持っているアイディアや知識・経験をもとに、ゲストの旅行体験を提供することができるのです。

分野は現在、

  • 社会貢献
  • アート
  • ファッション
  • エンターテイメント
  • スポーツ
  • 健康
  • 自然
  • フード&ドリンク
  • テクノロジー
  • ライフスタイル
  • 歴史
  • 音楽
  • ビジネス
  • ナイトライフ

 

の14種類あります。

体験ホストが今までの宿泊のホストと違うところが

  • 自分の好き・得意をゲストに提供し収入に変えることができる
  • 宿泊には掛かる初期費用がほとんどない
  • 自分の好きなタイミングで実施が可能

 

今まで宿泊のホストはできなかった、という人でもAirbnbのアカウントさえ持っていれば誰でも体験ホストの申請ができるようになりました。

日本では東京・大阪の2都市で体験ホストの実施が可能です!

しかし体験の審査はもの凄く厳しい、、、

現在日本には東京・大阪にのみ体験が存在し146(2016年6月時点)の体験が存在します。ローンチを掛けてから約6ヶ月で146しか体験が存在しません。

日本のAirbnb登録物件は現在約5万件。まだ半年しか経っていないとは言っても、もの凄い遅いペースです。

これにはきちんとした理由があります体験の中身の審査基準は、めちゃくちゃ厳しいです。

Airbnbの求める体験ホストの要件は

Access 特別な場所や世界へのアクセス:

ゲストが探したくても、なかなか自力では探して入っていけないような体験を提供しよう。

Participation 参加型:

ただ見学するだけでなく、提供する体験の中で、2つ以上の内容はゲスト自身が参加でき、体験をたっぷり味わえる内容をしよう。

Perspective パーソナル/ユニークであること:

体験にはそれぞれ個人的な思い入れ、パーソナルな意味が込められている必要があります。ゲストがこれまで一度も考えたことのない、独自の世界観を与えよう。

 

簡単に言うと、

  • ガイドブックやインターネット上に掲載されていない
  • ゲストとホストが共に参加して
  • あなたにしか出せない体験ストーリーを作ること

 

が条件になっています。

具体例で言うと、

皇居ランやサイクリング⇒✖

あなたの所属しているサークルに参加して皇居ラン⇒〇

自宅で料理体験⇒✖

食材を一緒に市場などに仕入れに行き、自宅やお店の厨房などで料理をして、誰かに振る舞う⇒〇

剣道の体験をする⇒✖

実際に防具制作現場で防具の制作工程の見学と作成、自分の所属しているコミュニティで稽古⇒〇

 

などAirbnbが最も大事にしているのは、強いホスト精神と独自性。

来てくれたゲストに対して自分ができる最大限のサービスを組み込まないと体験ホストにはなれないです。

ゲストの旅行体験を作るサービスの提供が不可欠

ボクの体験は、やっぱり書道

▼書道体験ページに飛びます!▼

ボクは1週間前くらいに書道ホストになりました。こちらがボクのページです。

Airbnbで体験を作る際には、日本のAirbnb体験チームの社員さんが付いてくれ、一緒に体験内容の構想からブラッシュアップまでしてくれます。

実際ボクに関しては、すでにカウチサーフィン利用時から50人以上に書道体験を提供していたので、ホスト精神というところは一発クリアでした。

▼Airbnbと一緒にカウチサーフィンも利用しよう!▼

【最新版】0円旅ができる、カウチサーフィンとは?旅好きのホストとゲストのマッチングサイト│couchsurfing

2017.08.19

もう一つの独自性というところが、難しかったところです。実は書道ホストは、東京には2人しかいないため、参考にすることができませんでした。

そこで色々考えた結果、書道で自分のお土産を作ろうってことになりました。

これは自分が通っていた書道教室を参考にしました。自分の先生は書道を楽しく長く続けて欲しいということで、月に1度のお遊び企画を立ててくれました。

夏にはうちわをつくり、年末にはカレンダーを作りました。ボクもそれを真似て、ポストカードやTシャツ作りを盛り込みました。

そこのストーリー性、自分の書道の先生がやってくれたことを、次に繋げて書道の世界を広げるというところで体験ホストとして申請して通りました。

なので今後Airbnbで体験ホストをしたいというかたは、先程挙げた、Airbnbが大事にしていることをよく考えて企画を立ててみてください。

好きなことをやろうと思えばできる、素晴らしい時代

例えばボクが10年20年前に、今の歳であったら書道をやりたいっと思ったら書家になるか書道教室の先生になるしか方法は無かったのです。

でも今は、インターネット上にビジネスのプラットフォームを用意してくれています。

あとは知っているか知らないか、やるかやらないかの違いだけです。しかも、ほとんどノーリスクでできるのです。

ボクの趣味は誰かに提供することで価値に変わりました。それが好きなことを仕事にするということです。色々試して行きましょう!

▼Airbnbの体験のマーケティング手法▼

【戦略公開】Airbnb体験ホストで3ヶ月で12万円を稼ぐまでに実施してきたマーケティング手法

2017.09.27

Airbnbをやりたい人!

ボクが独立して楽しく働いていられるのもAirbnbのおかげです。

民泊新法律ができ、完全に白で行えるようになりますので、今まで踏み込めなかった人の背中を押してあげようと思います。

もし何かAirbnbで聞きたいことがあれば、相談に乗ります!東京であれば会うこともできます。

FacebookなどのSNSからの質問もジャンジャン受け付けます!Airbnbをやりたい人。ヤッちゃいましょう!

合わせて読みたい!

日本語を英語で説明するには?好きなことを英語ではなせるようにしよう!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です